霞ヶ浦 & ポケットファーム どきどき ♪

懸賞 2017年 08月 04日 懸賞

今月唯一のS坊の二日連続のお休み。
一日なんとか近場で出かけられるところはないものかと探しました。
こんな気候だし、池とか湖などの風に吹かれたいな~、
手賀沼は少し飽きたし(ゴメンナサイ)

印旛沼は乗り換えが面倒だし、広い霞ヶ浦も遠い・・・あ、なんとっ !!
広いから端っこが土浦駅にくっ付いているじゃござんせんか、知らなかった~\(^o^)/

これ見て♪


そして土浦駅はうちの最寄り駅カメから常磐線で一時間もかからないのが判明(*´▽`*)

お薦め観光の拠点はみんな湖の中ほど地点…特別観光しなくていいんだから何かないの?
…ありました、これまた駅近くに観光船も運航しているラクスマリーナ。
観光船は30分ほどで霞ヶ浦・西浦の中程まで往復するんですって。
ホワイトアイリス号(こそばゆい名だこと)
ここよ

霞ヶ浦は広いから、
  北浦には水郷や初詣に行った鹿島、香取、神栖にも面しているのよね
d0009105_2219450.jpg



でっ、ご飯がてら買い物したり楽しめるところはないもんじゃろか、また検索。
…土浦から少し戻る牛久…巨大な牛久大仏で有名だけど、古くないものには興味がないのでパス。
その牛久駅からバス10分の【ポケットファーム どきどき】を発見♪
ここよ
ランチブッフェの森のレストラン(^v^)
これ見て
なかなか充実していそう♪



丈夫な買い物袋を持っていざ !

d0009105_22214561.jpg


マリーナから「ホワイトアイリス号♪」と思ったら、平日でお客さんが私達とお婆さん連れのご夫婦三人だけでしたので、定員9名の「やよい号」となりました。

雲が多くて、筑波山は少ししか見えませんでしたが、
小さいデッキに出ると湖の風が涼しくて、はぁ~気持ちいい!
S坊も、と勧めましたが出なかったので、後で聞いたら、
「肌がべとべとになるから」ですって!
広いから海だと思ったのでしょうか、可笑しい。


土浦から牛久まで電車で15分ほど戻り、バスで「はんの木台」下車。
雨がポチポチし始めましたがポケットファーム♪
まず、落ち着いた雰囲気の「森のレストラン」のブッフェは、ちとお高めの値段設定でしたが、たーくさんある料理のどれもとっても美味しかったです♪
d0009105_2224799.jpg

ローズポークのしゃぶしゃぶ、常陸牛のローストビーフなどうまうま~。

飲み物も色々。なんとソフトクリームもあるんです。これが、最高❢。
S坊も感心していました。
濃厚ではなくてさっぱりしているのに、もろミルクぐいぐい(゚д゚)!
…こんな美味しいのは初めて。
うまく言えないので、機会があったら是非食べてみて下さいませ♪
土日祝日は夜もブッフェだそうです(^v^)


帰りはまた電車で牛久駅から我が町カメまで、何とっ、39分ヾ(*´∀`*)ノ
あれこれ買った重い荷物など何のその^^

その重い荷物はこれww
野菜と草餅、ローズポークのメンチカツ
d0009105_22244910.jpg

白ナス、エン菜(空芯菜)、シソ、岡ひじき、ミニトマト、みょうが、なす。写ってないけどネギも買いました。

黒っぽいのは、冷凍の涸沼のシジミ♪ 希少でおいしい涸沼ブランドとなってますが、ネットだと元々お高い上に送料がネックで今ままで手が出ませんでした。冷凍でもおいしいそうな。栄養価は逆にアップするとか^^


霞ヶ浦は湖の幸がいっぱい。その内、あみ佃煮&しじみ生姜を。
d0009105_2228932.png        d0009105_22283458.jpg





江戸前の濃い味が普通だと思っていたので、上品な味付けに嬉しくなっちゃいました。
おいしい…


茨城は知られざる醤油名産地。重い醤油はあきらめて、「しょうゆラングドシャ」
d0009105_2227642.jpg   d0009105_22274133.jpg








生地にうっすら醤油が香り、焼き加減も丁度いいのに少ししょっぱい。
醤油メーカー開発品だから醤油大サービスかww


面白くてつい買ってしまった「茨城弁クッキー」笑
d0009105_22255718.jpg
    
d0009105_22263529.jpg
んなわけで「つっぺる」をまず食べてみましたww サクサクでなかなか美味♪


時季物で色んな種類の桃がありましたが、「白鳳」にしました。それもニ個だけ。
d0009105_2225919.jpg




☆霞ヶ浦は自衛隊の施設がいくつかあります。先の戦争では訓練のため霞ヶ浦が利用され、 
 土浦駅とあらかわ沖駅の中間に「予科練平和祈念館」があります。
 戦時歌謡に若鷲の歌というのがありましたよね。
 「♪若い血潮の予科練の七つボタンは桜に錨…今日も飛ぶ飛ぶ霞ヶ浦にゃ…」
  14歳から17歳の少年がここで訓練の後、たくさん命を落としました。
  そんなことなど無かったかのように、霞ヶ浦はヨットやセーリングなどのリゾートとなっています。
  天国の彼らの心の平安は、このような状態がずっと続くことだろうと思います。
d0009105_22441984.jpg



☆S坊は高速道路がダメな人なので電車で行きましたが、
重い買い物や現地での移動を考えると、やはり車が便利ですよね。
車でも都心から一時間かからず行けるそうですよ。

☆行って良かったです。暑い夏もこれを励みに頑張れそう♪




,
[PR]

by bumidayat | 2017-08-04 23:41 | お出かけ

<< 装飾古墳 と カッセーナ   縄文系についてあれこれ思ふ >>