<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

ツバメと猫

懸賞 2009年 06月 12日 懸賞

雨の中、図書館へ行きました。
入り口脇の壁の下に何やらこんもり乗った紙が敷いてあります。
???

!

見上げるとツバメの巣!
五羽のチビがおしくらまんじゅう^^
中央のニ羽が大きい。

中に入り、ガラス窓の前の席に座り本を読んでいましたら
両親でしょうか、ニ羽のツバメが旋回しています。
なぜ巣に行かない?

それは、下に大きくなりかけの猫がいたんです。
アイボリーに茶のシャム系の柄、とても可愛いのが巣を見上げ、ちょこんと正座^^
庭師のおじさんが気づいて見ていても、真剣に。
つばめの両親は牽制していたんですね。

好奇心が満たされたのが、しばらくの後、ゆっくりと去って行きました。
つばめの両親は追って行ったのか、少し経ってから巣に戻りました。 

自然界では子育てのシーズンですが、猫もツバメもカモなども、
生きる攻防戦が繰り広げられているんですよね。

☆PCに水をこぼし、これが限界。入院です。しばらくさようなら
[PR]

by bumidayat | 2009-06-12 09:47 | 好きなもの | Comments(7)

日本平 5回目?日帰りバス旅行ご招待♪

懸賞 2009年 06月 07日 懸賞

ペットショップには行きたくないんだけど、きなこちゃんのご飯だけ仕方なく買っているコジマ。
先月レシートと一緒にくれた応募用紙を投函したこと、すっかり忘れていました。
例の如く日帰りバス旅行です。題して「日本百選を巡る・駿河路の旅」
d0009105_742895.jpg

コース
オパールミュージアム-石原マリンステーション-清水港クルージング-月日星-日本平ホテル庭園

第一希望2日、第二4日にしたら、4日になりました。
2日は晴れだったのに、曇りで夜は雨とのこと。富士山見えるかな~と思いながら、
またまた早朝集合で北千住6時10分。始発バスでギリギリ
片側だけ乗せて上野経由で満席。

デジカメ持ってきたのに、上野に寄った証拠にと文化会館を撮ったら電池切れ!
d0009105_7504523.jpg

数日前にオークション用に沢山撮ったのを忘れていた
あの手の招待旅行、日にちは違っても絶対に同じコースを周った人が居るはず、と検索しました。
この方↓ 駅向こうに住んでいる方のようです。
くりっく

お隣の席の女性、感じが良くて、時々行く川向うの図書館の近くに住んでいるらしいです。
ワンちゃん二匹と暮らしているそうで、犬猫話に花が咲きました。

道路スイスイで、港北PAに寄り時間調整。
大好きな鈴廣のかまぼこを買いたかったけど、まだ旅の始まりだしと思い留まりましたが、帰り路では籠清などのしか売ってませんでした。残念

まず横浜のオパールミュージアム(という名の宝石屋)
くりっく

いつもこんなところではホールに集められて面白おかしく宝石などについてレクチャーがあるのだけど、ここはその前に工房の横でおねえさんの説明が長くて立ちっぱなしで疲れました
オパールもあったけど他の宝石もずらりで、置いてあるものは普通にお高い品ばかりでした


昼食は焼津の石原マリンステーション
さすが海のそばで、こんなツアーなのに海産物づくしでおいしかったです!
[空君からの]参照ください。内容はこれよりちょっと豪華だったか?
カニの味噌汁だったりで、炊き込みご飯もたっぷりで食べるのに時間が掛かり満腹。
この私メがデザートを忘れてしまいました
*お刺身盛り合わせ(まぐろ・かつお・いか・甘エビ・海藻色々)
いか寿司・まぐろ寿司・びんちょうまぐろステーキきのこ2種ネギ&ブロッコリー添
まぐろとししゃも炊き合わせ・あぶりまぐろの梅肉和え・海鮮茶碗蒸し
カニ味噌汁・桜エビの炊き込みご飯・漬物・デザート*

食後は港近くで海産物のお土産とお茶の試食試飲でお腹爆発寸前(笑
石原水産
くりっく
名物の桜エビはやはりお高くて、まぐろメンチカツ・黒はんぺんフライの冷凍をあ弁当用に。しらすの炊き込みご飯の素・おつまみカツオなどなど買いました。
まぐろメンチパーカーってのも有名だそうですが、ここにはなかったな・・・

バスで移動。いちごのビニールハウスで真っ白に見える海沿いを走り(あんなに海のそばで苺を作っているとは思いませんでした。時期が良かったら食べられたのに、残念)山を登って日本平へ。

またまたお土産見物。ほとんど全部の品が試食出来るんですが、もう入らん
日月星(星がたくさん見えそうな所だし、大宇宙の意味もあるとかの日月星辰から?)
くりっく
これからの季節に嬉しいグリーンティーを買いました。
アイスクリームコーナーに緑茶と抹茶があったので、「半分づつってダメ?」と聞いたら、抹茶の上にちょびっと緑茶のを乗せてくれました(^o^)v
これがまたおいしーーー! どちらも香り高くて、甘さぐんと控えめ、お茶の渋みもうっすらあって最高でしたさすが茶どころ!
お土産品としても売ればいいのに・・・持って帰りたかったなぁ~。
徒歩1分の展望台、駿河湾が一望でき、いい景色でしたが、富士山は雲の間からちょっぴり。

バス15分の移動で
日本平ホテル(ヤマトタケル伝説からの命名だそうです。知らんかった)
くりっく
キムタクの「華麗なる一族」の邸宅としてロケをしたそうです。
見なかったけど、広大な庭のプールを池に改造して行われたそうで、
時期になったらプールに戻すということですが、まだそのままでした。
ガーデンパーティーの準備をしていたけど結婚披露宴でもあるのかな?
駿河湾を見降ろし、富士山を一望する素晴らしい庭ですから、ロケ現場に選ばれるのも納得。
ロビーには撮影風景などの写真や鈴木京香などのサインも展示してありましたが、キムタクのはないそうです。事務所がこういうのは許可しないそうで、あの事務所らしい事で。
ホテルの周囲には緑鮮やかな茶畑、きれいに手入れされた沢山のツツジやアジサイ、別館の和風の建物と、居心地良さそうなホテルでした。
くりっく
(ヤマトタケルが天叢雲(あめのむらくも)の剣でまわりの草を刈って炎を止めたのはここだったんですね。剣は草薙神社に奉られているそうです。行きたかった)

順番が変わりましたが、山を降りて
清水港クルージング
くりっく
デッキで風に吹かれながら飲んだコーヒーがとてもおいしかったです。
あれが三保の松原です、とアナウンスがありましたが、「え、あれ?!」
天橋立のようなのを想像していたので、ちょっとびっくり・・・
松が生えているところが短い。???と帰って調べてみたら
羽衣伝説の三保の松原
くりっく
なーんだ、湾内から見たからだったのね
外から見たいな~。北斎が描いたり万葉集であんなに謳われているからどんなにか・・・
田子の浦ゆ 打ちいでてみれば 真白にぞ
   富士の高嶺に雪はふりける

いほ原のきよみヶ崎の三保の浦の
たゆけきみつつものもいもなし

ついでに出てきた、羽衣ゆかりの人
エレーヌ・ジュグラリス
くりっく
彼女の名を付けられたバラもあるんですって、きれいです♪
くりっく
d0009105_853885.jpg
借り物画像です。

図書館の資料にも
くりっく

バスでまたスイスイと高速を走り、順調に帰りました。
行きも通った3kmもある日本坂トンネル、長かった~。
この手のご招待旅行にしては、なかなかの質だったと思います。

上野で降りて美術館・博物館に寄りたかったな~、と言ってもすでに夕方(笑
文化会館では、コンサートがあるのでしょうゾロゾロと人が入ってました。
あ~、生で音楽聞きたいな・・・


.
[PR]

by bumidayat | 2009-06-07 07:44 | お出かけ | Comments(0)