<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

東武博物館・向島百花園・堀切菖蒲園

懸賞 2012年 06月 27日 懸賞

S坊が千住に用があったので北千住駅前のマックで待ち合わせ。
「駅に向かって右側の」と言ったのに、なかなか来ん ! 電話してもぐだぐだ・・・
何軒もあって分からなかったんだとさ。人の話をちゃんと聞かないんだから(-"-)
私らの待ち合わせって、いつもこんな感じ

てなわけで東武スカイツリー線(ったく気になる線名じゃ)4つ目の東向島駅の高架下の博物館へ。
(スカイツリー駅の二つ手前よ)
博物館HPより、この方のブログのほうが分かりやすいのでこれ
http://taka110.la.coocan.jp/tobu12.htm

小学生鉄っちゃんと元小学生(笑)のお父さんは、たまらない場所だと思います^^
私は特急の豪華コンパートメントの座り心地が最高で、座ったまま日光へ行きたくなりました

広いジオラマを本物の運転席から電車を走らせてみましたが、結構面白かったです^^
特急と急行は子供達がやっていたので普通の電車でしたか(笑
 スカイツリー線のシミュレーターでの運転はとても面白そうでしたが、さすがに小学生が夢中でやってました。これは臨場感たっぷりで旅客機のフライトシミュレーターもこんなかなと。

S坊は東武バスの運転のシミュレーションをやりました。柏ラインでした。
画面と直接連動はしていないので、まぁ運転席とハンドル操作のイメージが分かっただけでも良かったねと。私も座ってハンドル触ってみました^^

東武博物館にある昔の車両。
d0009105_6314088.jpg
私が小学生低学年のときまで中央線はこんな感じ。シートは緑だったような。

ご飯を食べようとウロウロしましたが、駅前にはなーもないw
近いから百花園に行ってしまおうと水戸街道へ出たら「くら寿司」が。
せっかく粋な町・向島で回転寿司か ^^;

で、駅から200mの向島百花園 これまたHPよりこちらが分かりやすい
http://www.geocities.jp/tokyo_saunterer/a031200.htm
もちろん色んな草花があるのだけど、特に梅の名所だそうで今は緑豊かな庭という感じ。
萩のトンネルは良かったです。平安時代は花が少なかったせいか萩を詠んだ歌が多いですね。気持ちが少し分かったような。
 思っていたほど広くはなく、3,000坪だそうです。A区の郷土博物館の裏にある東淵江庭園の約3倍だもの。
浮世絵 百花園の芍薬
d0009105_6322624.jpg


近くのセイコーミュージアムや隅田堤の白髭公園に行こうかと思いましたが、少しでも家に近い方向へ移動しようと、東武線で3駅戻った牛田駅のまん前、京成線・関屋から一つ目、堀切菖蒲園駅へ。

 堀切へは駅前にスーパー赤札堂や美味しいラーメン屋、そして都のリサイクル事業の一環でやっている粗大ごみからこんなものシリーズ。再生家具などの展示と抽選会が毎月行なわれていたのでよく来ていたのですが有名な菖蒲園は初めてです。
http://www.katsushika-kanko.com/katsumaru/area/horikiri03/
昔はもっと広かったらしいですが今は2,000坪強かな。室町時代からあったそうですが、特に江戸庶民の近場の行楽地で浮世絵にもたくさん描かれています。
(荒川を越えるともはや江戸ではないから小旅行の趣ね)
今は荒川に沿って高速道路の高架が邪魔をしていますが、当時は本当に川のそばで風光明媚だったのでしょうね。
d0009105_631873.jpg
広重の堀切菖蒲園

帰りはやはり駅前の赤札堂で買い物。途中でジョナサンで休憩を挟み、家まで歩きました^^;
7km強かな・・・・

S坊は寝不足だったので9時頃にさっさと寝てしまいました(笑
[PR]

by bumidayat | 2012-06-27 22:08 | お出かけ | Comments(0)

いざない・・・いざ

懸賞 2012年 06月 24日 懸賞

「いざなう・いざない」は誘うという字を当てるけど何故じゃ

と探したけど語源は見つからなかった。


でもwikiの「イザナギ」のところに

☆名前の由来

以下の諸説があり、定説はない。
1.「いざな」は「誘う(いざなう)」の語根で、「ぎ」は男性を表す語(本居宣長『古事記伝』1798年)。
2.「いさ」は「功徳」の意の「功(いさを)」の語根で、「き」は男性を表す語(白鳥庫吉神代史の新研究1954年)。
3.サンスクリットの「伊舎那天(いしゃなてん)」、「伊舎那后(いしゃなくう)」から(北畠親房『神皇正統記』1339年頃)。神仏習合を参照。

とある。

「いざ旅立ちの時!!」とか言うよね。「さあ」という意味で自分を鼓舞しているのかもだけど、この場合は「ものども行くぞ」てな感じで一緒に行くよと誘っているわけだ。

イザナギ、イザナミは互いに誘惑している。そのものだね。
いいねぇ、天真爛漫、そのものずばりの名前だ^^


十六夜の「いざよい」はどーなの? 【猶=予う《上代は「いさよう」》 進もうとしてもなかなか進めない。躊躇(ちゅうちょ)する。ためらう。 だって。無関係だと思う。イザナミ・イザナギが躊躇していたら日本列島はなかったワケだw
[PR]

by bumidayat | 2012-06-24 22:39 | Comments(0)

アサヒビール茨城工場見学

懸賞 2012年 06月 14日 懸賞

先日の取手のキリンビールに続き、晴れてとても気持ちのいい日でした。 最近の小旅行はお天気に恵まれているようです♪
http://www.asahibeer.co.jp/factory/brewery/ibaraki/index.html
d0009105_855282.jpg


昼過ぎにTXの守谷駅から送迎バスに乗ればいいのですが、駅近くのファミレスCoCosで朝食バイキングが食べたいため、早く出発しました。
ココスhttp://menu.cocos-jpn.co.jp/menu/cat12_item221.html
d0009105_855569.jpg

茨城ということでミニ納豆や生卵もありました。和風のおかずも切干しとかさんまの煮付け・五目御飯とか。
特にスクランブルエッグがとーっても美味しかったです。朝カレーなんてのも・・・


八潮から20分ほどのTX守谷駅は関東鉄道の終着駅でもあり、つくば駅までも20分。
TX共々オサレな駅です。
d0009105_8483633.jpg

なーんと駅前にはチケット屋の自販機があり、キップを安く売ってました。いいね♪

☆つづきはこちらから↓

More
[PR]

by bumidayat | 2012-06-14 08:37 | お出かけ | Comments(0)

退院して8ヶ月 断薬OK

懸賞 2012年 06月 13日 懸賞

2ヶ月ほど前から血糖値は気休め程度に計ればと言われていました。

きょうの診察で「体が元に戻ってます。血糖値も血圧ももう計らなくてもいいです。薬もやめても大丈夫だけど・・・」
数年前の健康診断で160のときがあったのを言って念の為しばらく続けることに。
悪玉コレステロールは下がってないので来月検査しなくてはならないし(今集中的にオリーブ油摂ってます)
退院後1年ほどは飲んだほうがいいと自分では思ってるのです。

食事は普通のダイエット食と同じだし(痩せませんが^^;)、散歩と共に続けます。



立ち眩みのときに、薬を一種類やめたのですが、それが24日分も残っているので
薬局で引き取ってもらえないか聞いてみましたが×でした。残念。
[PR]

by bumidayat | 2012-06-13 19:30 | PKD・体のこと | Comments(0)

懸賞 2012年 06月 11日 懸賞

こんな記事がありました。Diabetes Care 11月号 2007

・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ酢が血糖上昇を抑えるかについては、いろいろな機序が指摘されています。
まず、酢の有効成分は酢酸(さくさん)であることは間違いなさそうです。
ふつうの食酢には酢酸が5%位含まれています。そして、酢を使った料理を食べると胃から腸への移動が遅くなります。これだけでも食後の血糖上昇のピークを低くできます。

次に酢は小腸での2糖類分解酵素の作用を抑えます。ご飯のデンプンは単糖のブドウ糖が長く大量につながったものです。それが口や胃の中からすでに小さなブロックに切り分けられ、最後はブドウ糖2個の麦芽糖から2糖類分解酵素によってブドウ糖単体になって吸収されます。

2型糖尿病の人は[ベイスン]のようなアルファーグルコシダーゼ阻害薬を服用していることが多いと思います。この薬はまさしく2糖類分解酵素の働きを阻害することにとってブドウ糖に分解されることを抑えて食後の血糖上昇をゆるやかにするものです。(私、処方されてる)
実験によると食事の2分前に酢大さじ1杯を水で割って飲むと[ベイスン]と同じ働きをするのです。
(外食時にベイスン忘れたら酢を飲もう

さらに酢は筋肉細胞において、ある酵素の活性を高めることによってブドウ糖の分解を抑え、ブドウ糖をグリコーゲン(動物性のデンプンのようなもの。水溶性)に合成することを促進します。その結果、血液から筋肉細胞へのブドウ糖の取り込みが増加します。つまり、酢を飲むとメタボや太った2型糖尿病患者に見られる"インスリン抵抗性"が改善することが期待できるのです。
 その上、肝臓にも作用してブドウ糖の放出を抑制する仕組みも解明されていますから、まるで糖尿病薬[メトホルミン]みたいですね。(これは飲んでないよ)

酢が代謝に関与する研究は日本の研究者が世界の最先端ですが、臨床的な立場で糖尿病と酢の関係を調べている論文はアメリカ糖尿病協会(ADA)の出版物に多く載っています。

・・・・・・・・・・・・・・

酢は良さそうだね。昨日の、ちゃんめんにも半分和からし、半分お酢かけたし^^
昔から自家製ドレッシングも酢が多め♪
(あ~、それなのに、なんで糖尿病なんぞになったもんだかww)

今飲んでいる薬は
■[ベイスン]
 インスリンがあまり分泌されない人向け

■[アマリール]
スルホニル尿素薬 すい臓に働きかけインスリンを出して、血糖値を下げる

■[ミカルディス]
 血圧降下剤

■[アクトス]
 退院後10日ほど飲んだけど、立ち眩みのときに試しに止めたら血糖値に何も変わりがなかったのでそのまま飲まないことに。http://www.naoru.com/Actos.html(減って嬉しい。残りがひと月分くらいあるのだけど引き取ってくれないかしらん)

ブログ検索していると、断薬に成功した人が出てくるの。もちろん食事には気をつけているのだけど、私もそうなりたいなぁ・・・


逆に「反応性低血糖症」で悩んでいる女性の相談が小町にあったわ。
しょっちゅう低血糖になって、薬でもなかなか改善しないそうなの。仕事も失い自信もなく不安な毎日だそうでかわいそう。
私の主治医も低血糖には本当に注意しなくてはいけないと言ってるし大変ね。
高くても低くてもイヤだわね。


玉ねぎ皮、お酢、オリーブ油、シナモン飲んで忙しいことww

そうそう、「青梅のサワードリンク漬け」仕込んだのよ♪
ミツカンの「サワードリンク酢」てのをもらったものだから。
去年の青梅シロップより簡単。梅入れるだけだもんw
らっきょう酢で漬けてもおいしいらしい。黒酢と砂糖などだと体にもっといいんでしょうね。
 恒例の赤紫蘇ジュースも明日は作るの。冷蔵庫ガラス瓶で満杯だわ(笑
[PR]

by bumidayat | 2012-06-11 08:25 | PKD・体のこと | Comments(0)

『漫画で読む ひむかの神話と伝説』

懸賞 2012年 06月 02日 懸賞

宮崎県出身の漫画家 赤星たみ子さんがブログで紹介していた
『漫画で読むひむかの神話と伝説』届きました。
d0009105_1602639.jpg
d0009105_165122.jpg

きれいな写真と分かりやすい説明の冊子です。送料のみで送ってくれるので良かったらどうぞ♪

「〒882-0813延岡市東本小路121番地1 延岡市商業観光課 漫画で読むひむかの神話と伝説係」

送料分の切手を貼り、住所・名前を記したA4封筒を入れて申し込み。

送料は1冊210円、2冊290円、3冊340円(1kgまで) 

私は2冊お願いしたので、1冊は近所の図書館に寄贈するつもりです♪ 

 あ〜神話のふるさと4県 宮崎・奈良・三重・島根に行きたい。島根しか制覇していないワタクシめ、
なさけない。

以前は送料もあちら負担だったそうです。たくさん申し込みがあり、予算がなくなってしまったので
今は申し込み者がということですが、こんな素敵な冊子を手にすることが出来るなら当然のことですね。

どこの県でもこんな素敵なこと、やって欲しいです。
[PR]

by bumidayat | 2012-06-02 16:02 | | Comments(0)

花から連想 音楽つれづれ

懸賞 2012年 06月 02日 懸賞

4月の終わりぐらいに、つぶやこうとして忘れてしまったのだけど、
 女子高の塀の向こうから聞こえてくる合唱「花」はいいものですね~。
♪春のうららの隅田川~・・・
足を止めて聞き入ってしまいました。
今時の女の子、まだまだ捨てたものではないと思いました。
(続いて「冬の星座」♪木枯らしとだえて さゆる空より 地上に降りしく~♪も聞こえてきましたが、これはちょっと、冬に聞きたかった・笑)

春のうららの隅田川といえば、桜。 で連想したのが子供の頃に見た映画
『いつか来た道』
盲目の少年バイオリニストとウィーン少年合唱団をからめて、彼らのために奮闘する周囲の人々を描いた感動作でした。
 若い山本富士子が美しく、舞台となった勝沼の自然もきれい。たくさん歌われるウィーン少年合唱団の声はもちろん素晴らしい。まぁ彼らの来日記念に作られたような映画ですから当然なのですが。
水の轟々と流れる立坑 でバイオリンの練習をするシーンが印象的でした。
今だに覚えているのは良い映画だったからでしょうね。

後に知ったことですが、ウィーン少年合唱団の通訳は、バイオリニスト鰐淵賢舟氏夫人のデルタさんだったそうです。(鰐淵晴子さんのお母さん)


当時は、音楽関係の映画が多くて、次々と見た記憶があります。、
この『いつか来た道』の他にも、

ショパンの『別れの曲』

シュトラウス一家の『ウィーンの森の物語』(原題Wolts King)検索したらディズニー製作でびっくり
d0009105_7485918.jpg


センタ・バーガーが可憐で素敵、弟のヨーゼフのピチカートポルカが艶があって印象的でした。
彼は父のワルツキングの命令で実業家として働いていましたが音楽の志あきらめず苦悩していたのです。

ウィーン少年合唱団の『美しき青きドナウ』(原題Born To Sing)

母の勧めで名画座で見た『会議は踊る』
もうウィーンらしさいっぱい。

シューベルトの 『未完成交響楽』音楽たっぷり♪

 他にも色々見たけどタイトルって結構覚えてないんですよね。シュトラウスのなどは思い出すのに苦労しました。

最近またそんな映画が増えてきたような気がします。なかなか見に行けないけど。
○ショパン 愛と哀しみの旋律
○マーラー 君に捧げるアダージョ
○ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路
○プッチーニの愛人
○ベートーベン不滅の恋人
○アメイジング・グレイス(これはちと違うか)
などなど。

にわかクラシック知識も得られますし(笑)
[PR]

by bumidayat | 2012-06-02 07:43 | 好きなもの | Comments(0)