<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

10月28日 午後 御岩神社【宇宙編】

懸賞 2016年 10月 30日 懸賞

<前頁、虎塚古墳【地下編】の続きです。>

海鮮丼のランチ後、また海浜鉄道で勝田に戻り、JR普通列車で30分。日立駅に到着。

日立駅は新しく広さもたっぷり。なんと、駅舎が全面ガラスで海が一望♪
小声で、わ~お!!と叫びながら近づいてしまいました。
d0009105_2274262.jpg


d0009105_22173869.jpg


調べたら、グッドデザイン賞、ブルネル賞(Brunel Award)というのに輝いているそうです。さもありなん。
d0009105_22183687.jpg


付随しているカフェは海にでっぱり、更に絶景でしょう。カフェなのに結構ボリュームのあるメニューらしいので、ちょっとお茶というわけにもいかず入りませんでした。リンクここ
d0009105_22205988.jpg


海側のバスロータリーも、これまた手すりの向こうは海!
冬は海風で寒そうだけどw

駅と海の間にある、海の上を走る日立バイパスからは、海と駅舎の二つの絶景が楽しめるでしょうね。事故の元かw
d0009105_22215235.jpg d0009105_22234387.png
国道6号線だから水戸街道だわね。うちのそばからズルズルと行けるわけだ。時間かかるだろうな。
一般道だからS坊をこき使って行きたいww









そして乗るバスは反対側の中央口から。
駅前には、さすが日立制作所の企業城下町、巨大タービンや何やら分からないけど大きなモニュメントが二つありました。
d0009105_22242712.jpg

駅の方から見ると画像ほど威圧感はありません。

駅からは1kmほどが、巨木の桜並木でした。春に来たいな。
街並みはおしゃれな今風のお店と懐かしい少し前の「昭和」の雰囲気のお店が混在し、民家もみな大き目で、国立を更に落ち着いた感じにしたような。

バス停は日立関連の名前がちらほら。シビックセンターはじめ、たくさんの企業があるのが分かります。
駅はラッシュ時だけ企業向けに開ける改札口があるそうです。

15分ほどで坂道が増えたなと思ったら、もう山を登っていました。バスの周囲は緑のみ。
日光いろは坂のような、つづら折りの道を何の苦も無くすいすいと運転するドライバーに感服。まあ、当たり前かw
  

駅について色々語ってしまったけど、目的の
 御岩神社
リンクここ

御岩神社は賀毘禮山(かびれ山)の中腹にあり、お山全体がご神域になっており、
なんと188柱もの神様をお祀りしていると言うこと。

それと、かつてアポロ14号の宇宙飛行士エドガーミッチェル氏が
宇宙から地球を眺めた時に、1か所だけものすごく光っている場所があって、その緯度や経度を計測し、後日来日し訪ねてきて先代の神主さんが驚いたそうな。


それだけでなく、日本人初の女性宇宙飛行士の向井千秋さんも
スペースシャトルに乗って宇宙から地球を眺めてたら、
日本に光の柱が立っていてスタッフと共に、その場所を調べてみたら日立の山中だった・・・と言われているそうです。←これについての信憑性はよく分からない。

そのような場所があることを知ったのは、数年前。。。
だけど、北茨城は個人では行ったことないし、当時はまだパワースポット流行りでもなく、ツァーもない。絶対一人では行けないだろう・・・と思っていた。

今回、虎塚古墳に行くべく調べていたら、なんと常磐線で古墳の勝田駅から30分で日立駅ではないの♪
これは行かない手はない ! と時刻表を首っ引きで、行く順序や日にちを四苦八苦して調整し、やっと実現。


創建について(HPから抜粋)


創建は不明ですが、

当山御岩山は古来より神々が棲む聖地として崇められてきた霊山であります。文献で初めて現れるのは、713年編纂の「常陸國風土記」に「かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」と記され、考古学においても、それを裏付けるように、古代縄文人が神々を祀る祭祀遺跡等が発掘されております。

縄文時代からの聖地なんですね。

    鳥居
d0009105_22275729.jpg


樹齢500年の三本杉フォト巨木のあまり先端まで写せない
d0009105_2229384.jpg


御岩神社
d0009105_22283127.jpg

主祭神
国常立尊(くにとこたちのみこと)
大国主命(おおくにぬしのみこと)
伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)
伊邪那美尊(いざなみのみこと) 
他二十二柱

斎神社
d0009105_22295321.jpg


祓神社
d0009105_22302955.jpg


ここまでで雨が本降りになり、上にある奥宮である、メインで行きたかった「かびれ神宮」などは断念。

賀昆禮(かびれ)神宮 

御祭神
天照大神(あまてらすおおみかみ)
邇邇藝命(ににぎのみこと)
立速日男命(たちはやひをのみこと)

薩都神社中宮
御祭神
立速日男命(たちはやひをのみこと) 

御岩山(かびれ山)山頂の少し手前にある細長い石柱みたいなものが、立速日男命(たちはやひをのみこと)が降りたと伝わる場所だそうです。
これが光って宇宙から見えたんだろか…

日立は日本で一番古い地層だそうです。なんと、5憶4千2百万年前。露出して見える場所もあるそうです。
こちらPDF(?)だっけ、まだざっとしか読んでないけど、とても面白いことが出ています(多分私だけ)
日立市はゴンドワナ大陸の一部だったそうです、地層が露出しているところも。ジオパークでは石が見られるとも。
リンクここ

☆雨の中、団体さんがガイドの説明を受けながら、やはり、かびれ神宮まで行かず数か所お参りして降りて行きました。

☆若いカップルが、帰り際に手水にたまった水でばちゃばちゃと手を洗っていて罰当りめがと思っていたら、出口脇に置いてあった掃除用のブラバケツの水と車用のブラシで靴をゴシゴシと洗っていました。二重に罰が当たるといい…

☆丁度というか運悪くというか、県北芸術祭とかいうのが開催されていて、https://kenpoku-art.jp/御岩神社もその展示場所の一つとされていました。杉木立に青緑の紗のような長方形の薄い布がぶら下げられ、落ち葉か何か落下物を受ける網かと思いましたよ。
自然とは全く融合しないと思います。現代アートは分からん。


バスで日立駅へ、そのまま特急で帰ればいいのですが、行きたいところがありまして…
勝田駅へ戻りました。

マツコのTV番組で見たバリ風内外装のファミレス。ベビーフェイスプラネッツへ。
勝田駅から4分。この8月に出来立て。
リンクここd0009105_22365619.jpg

メニューはインドネシア料理のナシ・ゴレンやミ―・ゴレン、ガドガドなどありますが、基本はイタリア料理のようです。
分量は元々多めで、希望によりもっと多くも少なくともできるそうで、オムレツなどもおいしいとのこと。

クックドゥのアジアンライスシリーズのハイナンチキンを揚げたような、シンガポールチキンとアスパラベーコンのジェノベーゼスパゲティーを注文。
d0009105_22383134.jpg d0009105_22391133.jpg
どちらもとてもおいしかったです♪
 やはりスパゲティーの分量が多く、半分お持ち帰りにしました。
S坊が「おいしい♡ サイゼリアの一人前くらいあるよ」ww
東京進出の予定はないそうですが、東京だって地価や貸店舗の安いところで人も道路も多いところはあるのだから、考えてくれるといいなぁ。

なんと、本店は奈良県だそうです。そのせいか、関西にお店が多い。


勝田市内のスーパーで買い物と思っていましたが、相変わらず☂本降りなのであきらめ、また特急ときわで帰りました。

☆日立駅の「ぶらっとひたち・日立交流プラザ」リンクここ でいくつかお土産を買い、神社でお守りなどを授きましたが、実はデジカメ最近使ってなかったら、行方不明になってしまいました。
画像は全て借り物です。

☆駅構内のコンビニでは、水戸名物の、藁苞納豆や、のし梅、水戸の梅など売っていました。
水戸の梅はたくさん入っているし、白あんが甘いし、わらづとは納豆出すのにひと苦労だしで買いませんでしたw
なんとコンビニコーヒーが70円でしたよ、お釣り返されて、あら嬉しい^^

北茨城に個人で行ったのは初めてでしたが、色々あって面白かったです。全国の人気都道府県で下位だそうですが、宣伝がヘタなのでしょうね。楽しいとこいっぱいなのに。
 またお小遣い貯めて行きますよ♪
[PR]

by bumidayat | 2016-10-30 22:52 | お出かけ

10月28日 午前 虎塚古墳【地下編】

懸賞 2016年 10月 30日 懸賞

茨城県東部 ひたちなか市の装飾古墳・虎塚古墳に行きました。
リンクここ
d0009105_2050352.jpg


明日土曜にと思いましたが、古墳マニアが大挙して、はとバスツアーが土日と祭日に来るというので、天候は問題ありでしたが、金曜日の今日に。
一年二回、一週間づつだけ、春・秋の公開です。

上野東京ライナーとして常磐線が今までの「特急ひたち」が品川まで直通になったので、「特急ときわ」が出来、柏にも停まるようになり、柏まで20分。上野まで戻らなくていいので助かりました^^
☆でこっぱち「ときわ&ひたち」
d0009105_20494834.jpg

内装が今どきの需要に合わせて、とても便利。各席にコンセントがあるし、天井の席ランプで次の駅から誰か乗るのか空席のままなのか分かるので、緑ランプでも次の駅でその人が乗車するまで2席使ってくつろいでいられます。
リンクここ


柏から1時間、勝田駅で下車。ひたちなか海浜鉄道にて三駅10分くらいで無人の中根駅着。
d0009105_20515972.jpg

古墳は地図のインターチェンジのあたり。

勝田駅で申し込んでおいた貸自転車にて、いざ…ところが紳士用スポーツ車で直線ハンドハンドル、座高が高く、おまけにサドルが曲がったボロ自転車。しばらく頑張って走りましたが、
たまに来る車が結構なスピード。避けるのがとても危険なため断念。(畑側に一度倒れ込んだ)
トボトボと歩きました・涙 タクシーにしようと思っていたのですが、古墳公開時は貸自転車があると知り、これはいいと思ったのに。ちゃんと整備してくれないと。雨ざらしだし…

寒くて着込んでいたから30分歩いて汗だくで古墳到着。

(旧常陸国那賀郡・今の仲地域)大字中根字指渋(さしぶ)那賀川沿線 上流は栃木県那須岳
周辺の主な古墳 虎塚1~6号墳(分布図■は3・4号墳で方墳、●は円墳、虎塚古墳は1で唯一の前方後円墳)  11●は笠谷古墳群 点在する△は十五郎穴横穴古墳群
d0009105_20554429.jpg
青いとこ歩いたのよ。この図を知っていたら途中で曲がり、色々みながら行けたのに。遠回りして帰りに4号墳見られただけ。足ガクガクで棒みたいになってたわ涙

古墳入り口
d0009105_20571647.jpg


玄室入り口
d0009105_20575983.jpg


d0009105_20585841.jpg



昔、アサヒグラフの九州の装飾古墳の特集があり、ショックでした。原日本人の感性は今の日本人と全く違ったのだと。そのパワーに圧倒され、この目で見たいと思うようになりました。
でも無職のおばさんには九州はおいそれとは行かれません。
 そこで調べたら、なんと東日本にもあるではありませんか !
それも一番近い茨城・虎塚古墳が完全な形で残り、一般公開も年2回とはいえ実施♪
d0009105_211522.jpg


d0009105_2114036.jpg


おじさん4人の団体さんが済むまでほんの少し待ち、私一人だけでボランティアのおじさんの説明を聞きながら、ガラス張りの玄室前に正座し、ひれ伏すように見学しました♪
実物は迫力がありました。横には取り外した玄室をふさいでいた大石が置いてあり、ノミ(かしら)で掘った跡でしょうか、これにも感慨深い…


虎塚古墳は全長56.5mの前方後円墳で、推定7世紀造営。発掘は高松塚古墳のすぐあと1973年。発掘は東京国立文化財研究所。
古墳石室は横穴式で、なんと石棺はなく、遺体はそのまま床に置かれていたそうな。(びっくり)

小太刀、刀子、槍鉋、毛抜型鉄器(ピンセット的な鉄器)、ヤジリ、透かし入り鉄板などが遺骨とともに出土。
玄室外からも大量の鉄製品が見つかっている。


被葬者は那賀国造家の意冨氏の族長・建貸間命(たけかしまの・みこと)の子孫と推定されていて、
『国造本紀』によると那賀国造は伊予国造と同祖で、成務天皇(景行天皇の子でヤマトタケルの異母弟、2世紀)によって「仲国造」として派遣されたと記録がある。

『常陸国風土記』に、建貸間命を凶族として討伐のエピソードがあり、その時に唄われた「杵島唄曲」は九州阿蘇連山の杵島岳をなつかしんだものであるため、那賀国造が九州肥前の鹿島あるいは、肥後阿蘇周辺から来て、九州の古墳様式である横穴式構造と装飾を持ち込んだと推定できるそうです。

肥前・肥後では杵島は鹿島と同意であり、肥前(長崎・佐賀)には鹿島、杵島、山鹿などの地名が多く、それらはみな、阿蘇の杵島が岳由来の地名で、『常陸国風土記』筑波郡条の文体、構成、漢文修辞は『肥前国風土記』逸文杵島山条とそっくりであることなどから、鹿島=杵島、那賀国造は肥前からという説がきわめて有力だそうです

那賀国造が伊予国造と同祖であると書かれているのは、伊予国造らが多氏系譜として『古事記』も記載しており、神八井耳命が日本最古の天皇である神武の長男であることも。
常陸までどうやって来たのだろう、 九州や四国から海路で来たのかな~と想像すると、おばさんの胸はロマンチックに膨らむのであります\(^^)/

虎塚古墳にはカビがないそうです。年2回だけの公開と管理が行き届いているからとか。
(石棺がなく遺体がむき出しだったせいもあるらしいです。体のアミノなんとかが分解変質して何やら殺菌効果のある物質に変わるとか・笑)

近くにある埋蔵文化財調査センターで素晴らしい出来の原寸大の古墳レプリカや副葬品などを見学。
玄室のペーパークラフトをくれました^^
d0009105_2134356.jpg


埋文センターの周囲は森で、どんぐりが沢山落ちていました。あちこちで出没する熊さんにあげたい…
埋文センターの紹介映像
http://www.ibaraki.biz/hitachinakamaizou.html
バカみたいな女の子が写っているけど。


来た道をトボトボとまた30分。途中の畑の中に露出した4号墳の玄室。
墳丘の土は、全て畑になっちゃったんでしょうね。いつのことか分からないけど…
d0009105_215539.jpg



大汗かいて中根駅からまた海浜鉄道で次の那珂湊駅から徒歩10分。
那珂湊港直営の市場と飲食店♪
以前ツアーで来て、おいしかったので、またこぼれ海鮮丼セットを食べました。市場直営だから午後4時にはみな閉店してしまいます。
d0009105_217736.jpg

ヤマサ水産の、こぼれ海鮮丼。海鮮卵とじ、山盛りあさり味噌汁、浅漬け。1,500円くらい。

また、先の大震災の時はTVで大変な被害に遭ったのを見ました。全て元通りに頑張っていますが、ささやかながら応援の意味を込めて海鮮丼・笑

おさかな市場
リンクここ



☆☆肌寒い柏駅で電車待ちの間に暖かい飲み物をと…自販機も売店も500ml.のペットボトルはまだ冷たいタイプばかりでした。仕方なく300ml.のを買って飲みながら湯たんぽ代わり^^

☆☆熊本の地震で装飾古墳もたくさん被害を被りくずれたところもあるそうです。修復に乗り出すとは聞いていますが、人間救済がまず先でしょうから、ずいぶん時間がかかるでしょうね。

☆☆☆福島の原発近くの福島双葉町にある、みずらに結った人物の線刻装飾で有名な本州最北限の古墳の壁画が塩が吹き出して存続が危ぶまれているそうです。
記事これ
清戸迫古墳
d0009105_21414715.jpg



☆☆☆☆追記 : 勝田駅の手前、水戸から水戸線で数駅の近くにこんな古墳があったそうです。
『桜川市花園古墳群3号墳』
d0009105_2112428.jpg

  なんと、土地の人が古墳の石や岩を自宅利用のため持ち去り、石室をゴムホースの水でごしごし洗い、装飾が失われてしまったとのこと。
  その後の調査である程度の画は調べられ復元し、移設されて出土品と共にレプリカが展示されているそうです。
これも虎塚古墳と同様に第一級の装飾古墳であったそうです。
  あ~、なんて残念なの…でもこんなケースは多いんでしょうね。長い長い時が経っているんですもの。
    やはり原日本人のパワーを感じます。桜川市古墳群 
花園古墳のレプリカは近くの駅そばの神社境内に隣接した施設に展示してあるそうです。
d0009105_21214762.jpg

位置的には、筑波山の北側というところかな。

☆☆☆☆☆ もひとつおまけ。東京・日野の線刻装飾横穴古墳のいたずら書き。
横穴古墳群は、全て盗掘されていて、副葬品は皆無だけれども、
壁の線刻装飾に盗掘者が日付を入れていた。鎌倉時代の永仁2年、6年。
永仁1年から3年にかけて大地震があったので古墳が見つけやすかったのか…
d0009105_21465575.jpg


=次の「宇宙編」につづく=
[PR]

by bumidayat | 2016-10-30 21:22 | お出かけ