<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

ユニバーサルデザイン後進国

懸賞 2017年 06月 28日 懸賞

ひどい・・・飛行機のタラップを下半身不随の人に腕だけでずり上がらせるなんて。
それさえもダメだと制止するのも有り得ない。
規則違反だって手助けする気持ちにならなかったんだろか職員は。
ここクリック 車いす客にタラップはい上がらせる バニラ・エアが謝罪


さっそく改善されたそうだけど、こうやって身を挺してやらないとユニバーサルデザインにならない日本はまだまだ後進国だ。
規則を守るのは美徳であるけれど、それにがんじがらめでは意味がない。
赤星さんのご主人がお母さまの遺骨を運ぶ際の心温まる対応とえらい違いだ。
赤星さんのところへ飛びます→お連れ様の分はどういたしますか

どちらも規則だからしていることと言われてしまいそうで胸が痛む。残念だわ。


.
[PR]

by bumidayat | 2017-06-28 07:33

あいら & きかい

懸賞 2017年 06月 25日 懸賞

d0009105_7352773.jpg


鹿児島湾そのものが巨大カルデラなんだって。知らんかった。姶良(あいら)カルデラ。

んで開聞岳の阿多湾もそうなんだと。

んでんで、鬼界島のところ鬼界カルデラといい、これが特に最近活動しているそうな。

もし噴火したら日本では一億人が死ぬだろうと。全滅に近い。北海道民だけ残るかも。

太古の鬼界カルデラ噴火では、南九州の縄文人が全滅。姶良カルデラで四国の縄文人が全滅したという記事を他で読んだ。まあ今となってはどの地方というのは区切れないから諸説あるんだろう。とにかく縄文人の骨がたくさん出土するそうな。http://www.kigyoujitsumu.jp/business/topics/8529/

人間が地球に登場してから一番大きな噴火は1827年だかのインドネシア・タンボラ火山で、直接の死者1万人。関連死が7〜8万人。
世界中に火山灰や冷夏で飢饉発生で全ての死者は計り知れないそうな。

有史以前はもっとデカいのがあって、それは現在の地面を作ったようなもんなんだろな。

とにかく、あいら & きかい 可愛らしいけど気を付けていよう。
(その後、トカラ列島のあたりも怪しいという情報も見た・・・)



[PR]

by bumidayat | 2017-06-25 07:39 | Comments(0)

PKD嚢胞腎の薬が開発されたそうな

懸賞 2017年 06月 12日 懸賞

アメリカで臨床試験で明らかにとあるから、いずれは薬化しますよね。
でもアメリカの話だから、実際に日本での治療に使われるのはずいぶん後のことになるでしょうね・・・

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170608-OYTET50018/?__from=mixi

それまで生きていなくちゃ・笑




.
[PR]

by bumidayat | 2017-06-12 05:37 | PKD・体のこと | Comments(0)

雨引観音へ行きたい

懸賞 2017年 06月 10日 懸賞

カテゴリ、「お出かけ」にするのは如何なものかと思ったけど。

アジサイとクジャク見に雨引観音へ行ってみたいな。4Kの動画が美しい。これよ
推古天皇の病気平癒を祈り平癒したので勅願寺とされ、聖武天皇と光明皇后は経を奉納して安産祈念が叶ったとか。
 それはともかく、いい雰囲気でいい環境♪


鎌倉へ行くより交通費はちょい高だけど、時間的には少し短いような気がする。
鎌倉の明月院はラッシュ並みの混雑で、人の頭で前が見えず石段を足で探りながら登ったっけ。

鎌倉山の檑亭は、ここよ 庭園のアジサイや竹林の散策は楽しいけど、大しておいしくないお蕎麦食べてしまうからなw

やはり雨引観音かも。桜川古墳も近いし←こっちが目的だったりして ・笑
[PR]

by bumidayat | 2017-06-10 08:52 | お出かけ | Comments(1)

谷中生姜の芯

懸賞 2017年 06月 05日 懸賞

食べたあと、テレビ見ながら茎の外側剥いて、輪切りというかみじん切りと言うか、きゅうりと一緒に浅漬けに混ぜちゃう。

指もいい香り♪
d0009105_732612.jpg

[PR]

by bumidayat | 2017-06-05 07:32 | おいしいもの | Comments(0)

5月30日 東国三社ふたたび&見てね ! ★香取神宮の可哀相な神鹿

懸賞 2017年 06月 04日 懸賞

S坊の休みが合い、というか合わせてまた一緒に行ってもらいました。
       うなぎ食べようと、うなぎで釣った(*´▽`*)

30日とはいえまだ五月なのに、まぁ~暑いこと(; ゚ ρ ゚ )
熱いっ と書きたいくらい湿度も高かった(-_-;)

脊柱管の具合が朝から悪かったので一緒に行ってもらって良かった・・・
  階段や坂は手を引いてもらい、バ~サンは嫌だ~涙


鹿島神宮と香取神宮と息栖神社
      
d0009105_1448224.png


前回の元旦の初詣でと違い、平日だから鹿島神宮・香取神宮とも人が少なく、
まあ、さすがの神宮ですからそれなりに観光バスや車で来た人は多いですけどね。
でも参道に並ぶ店は半分も開いておらず、ちょっぴり寂しかったです。



鹿島神宮ここクリック
d0009105_8112100.jpg


うっそうと茂る大木の下を歩くのは快適で
d0009105_15473929.jpg

小さな摂社、末社にお参りしながら奥宮まで。
             
d0009105_15232940.jpg



奥宮からうねうね曲がる急坂をかなり下り←帰りを考えて後悔しながら 御手洗池へ
d0009105_15253229.jpg



大きな藤棚や茶店もありました。
湧き水すすって涼み、
d0009105_15261087.jpg

よく手入れされている庭園の向こうの鳥居跡を見たりして休憩。
大古はこの御手洗池で禊ぎをして本殿に向かったそうですが、
あの急坂も有難い神宮に向かう試練のようなものだったんでしょうか・・・
 案の定、へーこら(◎_◎;)して登りました。S坊が居なかったら戻ってこれなかったw



参集殿で
d0009105_1527588.jpg

冷水を頂き涼んでいると、
 6月4日に、稀勢の里が奉納土俵入りをするからでしょうか
                、
d0009105_15372460.jpg

モニターで白鳳の奉納土俵入りの模様のVTRが流されていました。
下っ端力士も大挙して来ているんだなと思っていたら、綱を締めるためでした。
土俵入りの姿で来るはずもなく、浅はかなワタシw

ドーンドーンとお腹に響く太鼓の音がするので、併設された祈祷殿の格子の隙間から覗いたら、
                   
d0009105_1538666.jpg

うなだれた一人のために神主さんが祝詞を上げていました。
余程のお願いがあったのでしょうね…
 祈祷殿の控室には「直刀 金銅黒漆塗平文拵附刀唐櫃」の複製が飾られていました。

その直刀の実物が展示されている「宝物館」も見学しました。
       
d0009105_15421242.jpg


                          
d0009105_15424824.jpg

実物は千三百年以上も前のものなのに、美しい・・・束も美しい・・・ずっと宝物庫の奥深く保管されていたからでしょうか。ケースの隅に温度と湿度計が。
手前に複製の剣本体が吊り下げられ、重さを実感して下さいとあるので持ったけど、重いのなんのw

一振りで世界が平和になるというありがたい刀。
     タケミカヅチの神様、ぜひ今の世のために振り下ろして頂きたいものです



香取神宮へ
ここクリック
d0009105_1544276.jpg


拝殿で参拝し、後ろの本殿を横から眺めていたとき、S坊が「こんなに黒かったっけ」と。
d0009105_17373252.jpg

初詣の時は人だらけで、おちおち見られなかったんでしょう、連れてきて良かったねw
リニューアル間もないので黒々した建物に彫刻の装飾も色鮮やかで真に美しいです。

大祓で茅の輪をくぐりました(^^♪

旧参道から要石や奥宮(伊勢神宮遷宮の際の古材で作られたそうな)へ曲がるのを帰りにしようねと、又見神社へ。
地図でさんざん確認したのに道に迷ったあげく民家のおじさんに聞いて到着。
又見神社は古墳の上にあるので、当然山の上。またぜーぜーw おまけに墳丘の階段の急なこと !
まったく手入れされていないらしく、階段も本殿も脇殿も危うい感じ。削られて露出した脇の石棺の開口部も本殿の柵にもたれかかっていました。
いつまでもつんだろう・・・
d0009105_1612296.jpg

本殿の地下にも石棺が埋まっているそうだけど、大事にしてほしいな~。石は筑波から運んできたらしいから、かなりの有力者の墓だったに違いないのに。

...........................................................................................................................
★実は香取神宮に行く目的は、もう一つあったんです。
        鹿苑・・・

5年前まで鹿たちは劣悪な状況下にあったそうです。
 現在は愛護会によってボランティアの手で運営されているんですって。
・・・・・・神鹿なのに・・・・・・

遠いところの人でも役に立てることはあるそうなので、私も会員になろうかなと思い、まずは現地の様子を見ようと、とりあえず東京から水菜を抱えて来ました。

あいにく、もうすぐ赤ちゃんが生まれる鹿がいるので立ち入り禁止になっていましたので、
ボランティアの女性に水菜を渡してきました。5mほど手前からフェンス越しに、きれいな鹿がこちらを見ていました。
   お腹に影響なかったらいいけど…

香取神宮は、奈良の春日大社へ向かう神鹿が立ち寄った際の子孫がいるので、数々の石橙には必ず鹿が彫られています。それなのに武道と神道をメインにして鹿園は廃止したいのでしょうか。
摂社である又見神社のあの惨状といい、ひどいよね・・・・・
    

【鹿のボランティア大募集! いつでも募集しているそうです!】
d0009105_742413.png


香取の鹿愛護会HPクリックより

5年ほど前までは辛い環境に置かれていました。

10頭近くいるにもかかわらず、与えられるエサはチリトリ1杯の押し麦。

角は生えっぱなしで、オスがケンカをすると体に刺さったりしたそうです。

このままではいけないとKagiさんという方が2013年に香取の鹿愛護会を結成。

鹿園の地面を整えたり、新しい鹿の家を作ったりと少しずつ環境を整えていったそうです。

活動は、
香取神宮の鹿が健康に生きていけるよう飼養サポート
【香取の鹿愛護会の活動内容】
・餌やり(近隣農家や企業から野菜などを受け取り、鹿に与える)

鹿の食べ物や与えてはいけない物についてはHPをご覧下さい…

・怪我や病気の鹿の観察と保健所への連絡(救護)
・怪我防止のための除角・繁殖制限のための避妊去勢手術の手伝い
・ 鹿たちが暮らす環境の整備をサポート

この他にもできることとして

◆地元の方に香取神宮には鹿がいて、どんな状態で暮らしているか知らせるためにfacebook twitter ブログなどで情報を拡散してください
◆一日でも良いので、鹿たちの見守りをして頂ける方をご紹介ください。
◆鹿たちの食べ物を提供してくださる企業や農家さんをご紹介ください。
◆企業や農家さんから頂いた食べ物を運搬できる方をご紹介ください。
◆香取の鹿愛護会のサポーターになって下さい♪

★完全にボランティアでの運営なので、人の力が必要です。

◆稲刈り前に「刈り取った後のイネを捨てずに頂けないでしょうか?」と依頼し、頂ける先を探してください。
◆秋になれば木の実もとれますので、学校などへ子供達の活動の一つとして協力頂けないか確認して頂けないでしょうか。
子供達の純粋な思いがスタッフの方にも届けられると良いなと思います。
★秋のどんぐり拾い、子どもと一緒に楽しんだあと鹿のエサにしてもらうのも楽しいと思います。

私も子供はいないけれど、秋になったらドングリ集めて送りましょう。


香取神宮へお越しの際は、ぜひ鹿も見てあげてください!
本殿と宝物殿の間を抜けると近道です。
d0009105_1613661.jpg
  
d0009105_16134791.png





息栖神社クリック
d0009105_16182163.jpg


こちらも大祓の茅の輪をくぐりました。二度もくぐって悪い物祓えたに違いない♪
フォト、
d0009105_14511248.jpg
 
拝殿には山と積まれたお供えのお神酒(^v^)
社務所ではお供えの受付と御朱印書きで忙しいのか神主さんが二人になっていました^^

ご神体のひとつでもある女甕と男甕をまた見学し、d0009105_1615655.jpg
d0009105_16385290.jpg
傍の海産物会社に「しじみ」の幟があったので買えるかなと思いましたが、事務所がかなり中の方なのであきらめました(←利根川・北浦のシジミはブランド化されるほど有名なんですって)
持ち帰るのも暑い中だしねー??


今回の三社への奉献の品は、中身は前回と同じような物なのに箱がちょっと大きかったせいか
撤下神饌にはお神酒も。そして神札も豪華だった(*´▽`*)
d0009105_16161967.jpg

香取神宮のあの鹿のことを知り、香取神宮だけちょっと奉納したくなくなってしまったのだけどね^^;
d0009105_16164351.jpg

d0009105_1617136.jpg
d0009105_16171928.jpg
[PR]

by bumidayat | 2017-06-04 18:36 | お出かけ | Comments(0)