<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

縄文系についてあれこれ思ふ

懸賞 2017年 07月 24日 懸賞

佐伯というのは、蝦夷人、縄文人を表すんだって。
佐伯姓はその子孫。ヤマトに征服されてから全国で働かせるために移動させられた。
(防人もそうだよね)

砂鉄取りのためなどに阿波の国にも行かされていたのが分かっている。
中には才覚があって有能だと出世もした。その一族の一人が「佐伯の真魚」=空海

空海が生まれたのは西暦774年、縄文時代の終りが紀元前400年頃。1,000年ちょっとだから、今ほど人の行き来は少なく、背が高い体格の立派な偉丈夫であったと記録にあるから縄文人の血がまだ濃い時代だったんだろうね。


 それで連想して、日蓮もそんな体格であったそうだから、どうなの?と調べたら、
父親は静岡から流れ着き、苗字は「貫名」で、「三国太夫」と名乗ったそうな。

静岡・貫名で辿って行ったら、井伊大老でお馴染み、大河ドラマの女大名・井伊直虎の井伊家の三男から貫名(ぬきな)を名乗ってる。先祖だか血筋のどこかからの縁での名乗りなのかね。
 そして、井伊家の先祖は三国という苗字。で、さらに辿ると継体天皇ww

結局、日蓮が縄文系かしらんという疑問の答えは出なかったけど、
日蓮は1,222年とされているから、やはりそうなのかもと期待する。井伊谷は山奥?(そこにも縄文遺跡があるそうな)


ヤマトは水田を作るのが容易なところから征服していったはずだから、農地に向かない山奥や島嶼部、山間に囲まれた海岸線に対する興味が少なかったと思われる。

 現に熊野などは、江戸時代半ばまで主食は木の実をすりつぶしたものだったそうな。
奈良平安時代には、異質なものは畏怖の対象であったのだろう、詣でるのが困難なほど、計り知れない神秘性があるとして、ヤマト系である朝廷から尊ばれたのかもしれない。

追記 : 画家の篠崎さんがブログに書いていました。
彼のご両親は昔「米はとれないけど魚と山の幸はたっぷりある」との友人の話から日南の大堂津へ移住したそうで、土地の人は縄文系でくっきりした顔立ちであると。
やはり山に囲まれた平地の少ない海岸線添いの土地までヤマトは興味が薄かったり、手を伸ばしにくいというのもあったんだろう。


.
[PR]

by bumidayat | 2017-07-24 05:20 | 好きなもの

Amazon なんなのよ

懸賞 2017年 07月 19日 懸賞


Amazonでの買い物をしなくなって久しいが、今月はパスというのが可能なので

オリーブオイルの定期便だけ残してる。

ところが今回21日とのメールだったのに、いきなり昨日18日配達され不在。

夜に再配達を都合の良い明日20日指定にしたのに、

今朝7時過ぎ「只今配達中」のメールが。

追跡番号はあるけど調べる欄がないし、これまでの過程の表示がめちゃくちゃ。

やはりAmazon、おかしい。今のところ配達されないし・・・
[PR]

by bumidayat | 2017-07-19 13:24 | Comments(0)

通院日

懸賞 2017年 07月 18日 懸賞

雷ばかりでちっとも雨が降らない。この夏は水不足決定か・・・

月1の通院日。突然主治医が退職して2回目。
今回のピンチヒッターの医者、今回はおばあちゃんだった。

PC使えないので看護師さんがやってww
検査結果を打ち出して見たら、コレステロール、中性脂肪、血糖値めちゃ高( ノД`)シクシク…

薬増やして2週間後に様子を見ましょうとなり、あーあとガックリしていたら、
看護師さんがまた何やらやったら、また検査情報が出てきて、さっきのは古い情報と。
なんだそりゃ?!

尿素窒素が少し高いだけで他は無問題で赤鉛筆で花マルとgood! と書かれた。
小学生か、私・・・
尿素窒素は夏は上りがちだそうな。汗かくからかね。

びっくりさせないで欲しい。
最近、運動不足でスネに傷持つ身だから最初のはびっくりした。

気付かなかったら余分な薬飲まされるとこじゃん。その場で判って良かったよ。今時の医者はPC使いこなせないと医療事故の元だね・汗

早く次の主治医が決まって欲しい・・・



.
[PR]

by bumidayat | 2017-07-18 21:09 | PKD・体のこと | Comments(0)

バリ島の友人Aのこと

懸賞 2017年 07月 17日 懸賞

40年来のバリ人の友人A氏が、1月に脳溢血で19日入院し、
現在は長男一家と暮らしているとメールが来た。

連絡するのを忘れていたと。
メールが本人からなのか、三男からなのか分からないので、
今の状態はどうなのか返信したが、回答がない。

電話しようか、とりあえずナットウキナーゼでも送ろうか・・・

お互いに年とってきたものな~、何があってもおかしくない。
ほとんど毎年、経営している学校の修学旅行の来日は難しくなったのかしら。




.
[PR]

by bumidayat | 2017-07-17 04:41 | インドネシアのこと | Comments(0)

タイ 仏の国の輝き展 & びょうぶとあそぶ展

懸賞 2017年 07月 14日 懸賞

14日(金)。くそ暑い中(あえてそう書かせて頂く)、お休みのS坊と上野の東京国立博物館へ
d0009105_904284.jpg


NHKで展示中の「びょうぶとあそぶ展」を紹介していたので是非体験したいなと、
一般展示なので入場券だけでOKなのだけど、平成館では何をやっているのかなと調べたら、
「タイ 仏の国の輝き展」でした。
さっそくオークションで格安チケット2枚ゲットして行ってきました。
曇りがちの日に行きたいところですが、S坊の休みの日に合わせて仕方なく高温注意報の出ているこの日に。

上野の街の人出は相変わらずだけど、湿気むんむんで暑いせいか、博物館の観覧者は少なかったです。
新装なって初めて入った東洋館はさらに少なかったですが、フリーの本館は外国人が沢山。
タイからの団体さんも居たようです。本国で見たことのない人も居るんでしょうねw
この暑いのにベビーカーに赤ちゃん乗せた西洋人も結構いましたが、彼らは丈夫なんでしょうか、赤ちゃん可哀そうな気がしました。
 私達でさえ、道中なんども自販機やティーブレイクと称して休憩しながらでしたのに。


さてまず、日タイ修好130周年を記念して開催された特別展「タイ 仏の国の輝き」
これよ←ここクリック

日本初公開の名品や門外不出の至宝など、タイの国宝級の美術品が史上最大規模で展示されています。
d0009105_849863.jpg


展覧会の目玉は何と言っても、《ラーマ2世王作の大扉》 です。
 
d0009105_849371.jpg

大扉というだけあって、もちろんデカいです。
その高さは、なんと約5.5m!
1807年に創建されたワット・スタットという第一級王室寺院の正面を飾っていた扉なのだそうです。
普通の扉と違って、うっかり足を挟もうものなら、骨折してしまうかも。
扉の全面に二重三重にビッシリと精緻な彫刻が施されています。
これらの彫刻は、なんと国王ラーマ2世自らが施したとのこと。
失脚しても充分に職人として生きられる…なんて有り得ない立派な王様だったわけだけど^^;


私、なぜか心惹かれるんです。法輪・日輪・輪廻の輪…後方の石柱は法輪の台座。
d0009105_8501859.jpg


日本とタイとの深い交流の印であるタイ製の日本刀、
 
d0009105_8505590.jpg


昔からアジアと日本は親密な関係にあり、象徴するものとしていくつかの展示もありました。
京都の満福寺はタイのチーク材で出来ていて、天部像2体も端材から作られているそうです。
d0009105_8513887.jpg
フォトタイの王様所蔵の銀鏡と秀吉所蔵の銀鏡が展示してありました。これらはインドネシア製で一緒に作られたそうです。


王の玉座を乗せたミニチュアの金細工の象ぴかぴか(新しい)
d0009105_8522356.jpg



実物大の象に乗せられた、象牙がふんだんに使われた豪華な王の鞍
 
d0009105_852535.jpg

間近で見ると、象さん、こんなに大きいのね。その辺にもびっくり。


《ナーガ上の仏陀坐像》 青銅と金 
光背に見えるのは、ナーガという龍王
、瞑想中の仏陀を雨風から守ったそうな。
d0009105_9114632.jpg



仏陀遊行像
d0009105_8541634.jpg



また、《アルダナーリーシュヴァラ坐像》 もユニークな仏像 (神像) でした。
アルダナーリーシュヴァラとは、ヒンドゥー教の男神シヴァと、
その妃パールヴァティが半身ずつ組み合わされて一体になった神様。
左胸が大きく、髪飾りも左右で違います。

曜日の仏さま
d0009105_854558.jpg
            
生まれた日の曜日によって違う守り仏。
いかにもタイというかんじで微笑ましくて楽しい。

タイの仏像は、悟りをひらいた直後の仏陀を現したものなのか、みな若々しい感じがしました。
お顔は日本の飛鳥仏と一般的な仏の中間くらいのイメージ。




《びょうぶとあそぶ》
これよ←ここクリック
本館1階、特別5室と4室で開催中。トーハク本館の玄関を入ってすぐ、正面の大階段の左に入り口があります。
d0009105_8594933.jpg


こちらは《◉松林図屏風 6曲1双 長谷川等伯 安土桃山時代・16世紀 紙本墨画 東京国立博物館所蔵》のコーナー。展示室は森の香りと爽やかな風を感じます。
背景のパノラマ状スクリーンには、屏風には描かれていない想像の風景が映し出されます。波の音、滑空する海鳥、花の咲く里山を感じながら、屏風の内包する世界を感じます。
d0009105_914369.jpg
            

こちらでは靴を脱ぎ畳の上に上がって屏風を見られます。これが、気持ちいいのなんの。屏風に描かれた砂浜にいるようで、横になりたくなりました。
d0009105_921766.jpg


特別4室へ。こちらは《群鶴図屏風 6曲1双 尾形光琳 江戸時代・17~18世紀 紙本金地着色 アメリカ・フリーア美術館蔵》のコーナーです。展示室のスクリーンに鶴が次々と降り立ち、スクリーンと並んで置かれた屏風の中に入っていきます。
d0009105_924368.jpg


そして、最新技術で開発されたという絹地にプリントされた高精細な複製品の見事なこと。実物を見たことはありませんが、まさに本物かと思うような迫力です。とても美しい。間近に顔を寄せて作者の筆遣いも見られました。
専門家も拡大鏡で見ないと判別できないという複製品。昔とは違う存在になったのかも。、そもそも本作品については、アメリカまで行かなきゃ本物は見られないので、こういう形であれ《群鶴図屏風》を観られたのは良かったです。

こんな展示方法もいいですね~♪


明日から炎天下の仕事が3日間続くS坊のため、
上野の老舗うなぎ屋[伊豆榮]これよ←ここクリック
本店と不忍池店は不忍池の畔にあり、広小路寄りの本店へ。
窓の傍の席でしたので、まっこと景色が良かったです。
d0009105_926572.jpg


S坊は、うな重と生ビール
d0009105_951346.jpg

私は、うなとろ丼
d0009105_954057.jpg

うな丼、とろろ、お刺身が、うるしの丸い丼が三段重ねになってとても可愛らしい。
うなぎにとろろをかけるそうですが、別に食べましたw とろろはたっぷりでしたのでS坊にも^^
江戸前はこんな感じ?伊豆榮のタレは甘すぎず辛過ぎずでさっぱりでした。
テーブルの山椒がまた香り高くておいしい♪
なぜかS坊のうな重より私のうな丼のうなぎの方がおいしいという不思議・笑

清算後、パンダの金太郎あめをくれました^^  
d0009105_964714.jpg



また炎天下の帰り道、上野松坂屋から金町行きのバスでシッターに向かおうと思いましたが、
松坂屋のお姉さんによると、午後2時が最終便とのこと、がっくり。
広小路からは?と戻りバス停の時刻表では4時台で終り。またまたがっくり。
それではと、外国人旅行客でごちゃごちゃの京成上野駅へ。
アートコーヒーでおいしいアイスコーヒー飲んで一息つこうと思ったら、ファミマになってたあせあせ(飛び散る汗)
結局も自販機で冷たいもの飲んで、「スカイライナー!」と叫ぶS坊を引っ張って成田空港行きの普通電車でお花茶屋へ向かいましたww

☆☆ 展示品は大扉以外は撮影禁止でしたのでトーハク、キューハクなどの画像をお借りしました。



.
[PR]

by bumidayat | 2017-07-14 22:11 | お出かけ | Comments(0)