バリ島の友人Aのこと

懸賞 2017年 07月 17日 懸賞

40年来のバリ人の友人A氏が、1月に脳溢血で19日入院し、
現在は長男一家と暮らしているとメールが来た。

連絡するのを忘れていたと。
メールが本人からなのか、三男からなのか分からないので、
今の状態はどうなのか返信したが、回答がない。

電話しようか、とりあえずナットウキナーゼでも送ろうか・・・

お互いに年とってきたものな~、何があってもおかしくない。
ほとんど毎年、経営している学校の修学旅行の来日は難しくなったのかしら。




.
[PR]

# by bumidayat | 2017-07-17 04:41 | インドネシアのこと | Comments(0)

タイ 仏の国の輝き展 & びょうぶとあそぶ展

懸賞 2017年 07月 14日 懸賞

14日(金)。くそ暑い中(あえてそう書かせて頂く)、お休みのS坊と上野の東京国立博物館へ
d0009105_904284.jpg


NHKで展示中の「びょうぶとあそぶ展」を紹介していたので是非体験したいなと、
一般展示なので入場券だけでOKなのだけど、平成館では何をやっているのかなと調べたら、
「タイ 仏の国の輝き展」でした。
さっそくオークションで格安チケット2枚ゲットして行ってきました。
曇りがちの日に行きたいところですが、S坊の休みの日に合わせて仕方なく高温注意報の出ているこの日に。

上野の街の人出は相変わらずだけど、湿気むんむんで暑いせいか、博物館の観覧者は少なかったです。
新装なって初めて入った東洋館はさらに少なかったですが、フリーの本館は外国人が沢山。
タイからの団体さんも居たようです。本国で見たことのない人も居るんでしょうねw
この暑いのにベビーカーに赤ちゃん乗せた西洋人も結構いましたが、彼らは丈夫なんでしょうか、赤ちゃん可哀そうな気がしました。
 私達でさえ、道中なんども自販機やティーブレイクと称して休憩しながらでしたのに。


さてまず、日タイ修好130周年を記念して開催された特別展「タイ 仏の国の輝き」
これよ←ここクリック

日本初公開の名品や門外不出の至宝など、タイの国宝級の美術品が史上最大規模で展示されています。
d0009105_849863.jpg


展覧会の目玉は何と言っても、《ラーマ2世王作の大扉》 です。
 
d0009105_849371.jpg

大扉というだけあって、もちろんデカいです。
その高さは、なんと約5.5m!
1807年に創建されたワット・スタットという第一級王室寺院の正面を飾っていた扉なのだそうです。
普通の扉と違って、うっかり足を挟もうものなら、骨折してしまうかも。
扉の全面に二重三重にビッシリと精緻な彫刻が施されています。
これらの彫刻は、なんと国王ラーマ2世自らが施したとのこと。
失脚しても充分に職人として生きられる…なんて有り得ない立派な王様だったわけだけど^^;


私、なぜか心惹かれるんです。法輪・日輪・輪廻の輪…後方の石柱は法輪の台座。
d0009105_8501859.jpg


日本とタイとの深い交流の印であるタイ製の日本刀、
 
d0009105_8505590.jpg


昔からアジアと日本は親密な関係にあり、象徴するものとしていくつかの展示もありました。
京都の満福寺はタイのチーク材で出来ていて、天部像2体も端材から作られているそうです。
d0009105_8513887.jpg
フォトタイの王様所蔵の銀鏡と秀吉所蔵の銀鏡が展示してありました。これらはインドネシア製で一緒に作られたそうです。


王の玉座を乗せたミニチュアの金細工の象ぴかぴか(新しい)
d0009105_8522356.jpg



実物大の象に乗せられた、象牙がふんだんに使われた豪華な王の鞍
 
d0009105_852535.jpg

間近で見ると、象さん、こんなに大きいのね。その辺にもびっくり。


《ナーガ上の仏陀坐像》 青銅と金 
光背に見えるのは、ナーガという龍王
、瞑想中の仏陀を雨風から守ったそうな。
d0009105_9114632.jpg



仏陀遊行像
d0009105_8541634.jpg



また、《アルダナーリーシュヴァラ坐像》 もユニークな仏像 (神像) でした。
アルダナーリーシュヴァラとは、ヒンドゥー教の男神シヴァと、
その妃パールヴァティが半身ずつ組み合わされて一体になった神様。
左胸が大きく、髪飾りも左右で違います。

曜日の仏さま
d0009105_854558.jpg
            
生まれた日の曜日によって違う守り仏。
いかにもタイというかんじで微笑ましくて楽しい。

タイの仏像は、悟りをひらいた直後の仏陀を現したものなのか、みな若々しい感じがしました。
お顔は日本の飛鳥仏と一般的な仏の中間くらいのイメージ。




《びょうぶとあそぶ》
これよ←ここクリック
本館1階、特別5室と4室で開催中。トーハク本館の玄関を入ってすぐ、正面の大階段の左に入り口があります。
d0009105_8594933.jpg


こちらは《◉松林図屏風 6曲1双 長谷川等伯 安土桃山時代・16世紀 紙本墨画 東京国立博物館所蔵》のコーナー。展示室は森の香りと爽やかな風を感じます。
背景のパノラマ状スクリーンには、屏風には描かれていない想像の風景が映し出されます。波の音、滑空する海鳥、花の咲く里山を感じながら、屏風の内包する世界を感じます。
d0009105_914369.jpg
            

こちらでは靴を脱ぎ畳の上に上がって屏風を見られます。これが、気持ちいいのなんの。屏風に描かれた砂浜にいるようで、横になりたくなりました。
d0009105_921766.jpg


特別4室へ。こちらは《群鶴図屏風 6曲1双 尾形光琳 江戸時代・17~18世紀 紙本金地着色 アメリカ・フリーア美術館蔵》のコーナーです。展示室のスクリーンに鶴が次々と降り立ち、スクリーンと並んで置かれた屏風の中に入っていきます。
d0009105_924368.jpg


そして、最新技術で開発されたという絹地にプリントされた高精細な複製品の見事なこと。実物を見たことはありませんが、まさに本物かと思うような迫力です。とても美しい。間近に顔を寄せて作者の筆遣いも見られました。
専門家も拡大鏡で見ないと判別できないという複製品。昔とは違う存在になったのかも。、そもそも本作品については、アメリカまで行かなきゃ本物は見られないので、こういう形であれ《群鶴図屏風》を観られたのは良かったです。

こんな展示方法もいいですね~♪


明日から炎天下の仕事が3日間続くS坊のため、
上野の老舗うなぎ屋[伊豆榮]これよ←ここクリック
本店と不忍池店は不忍池の畔にあり、広小路寄りの本店へ。
窓の傍の席でしたので、まっこと景色が良かったです。
d0009105_926572.jpg


S坊は、うな重と生ビール
d0009105_951346.jpg

私は、うなとろ丼
d0009105_954057.jpg

うな丼、とろろ、お刺身が、うるしの丸い丼が三段重ねになってとても可愛らしい。
うなぎにとろろをかけるそうですが、別に食べましたw とろろはたっぷりでしたのでS坊にも^^
江戸前はこんな感じ?伊豆榮のタレは甘すぎず辛過ぎずでさっぱりでした。
テーブルの山椒がまた香り高くておいしい♪
なぜかS坊のうな重より私のうな丼のうなぎの方がおいしいという不思議・笑

清算後、パンダの金太郎あめをくれました^^  
d0009105_964714.jpg



また炎天下の帰り道、上野松坂屋から金町行きのバスでシッターに向かおうと思いましたが、
松坂屋のお姉さんによると、午後2時が最終便とのこと、がっくり。
広小路からは?と戻りバス停の時刻表では4時台で終り。またまたがっくり。
それではと、外国人旅行客でごちゃごちゃの京成上野駅へ。
アートコーヒーでおいしいアイスコーヒー飲んで一息つこうと思ったら、ファミマになってたあせあせ(飛び散る汗)
結局も自販機で冷たいもの飲んで、「スカイライナー!」と叫ぶS坊を引っ張って成田空港行きの普通電車でお花茶屋へ向かいましたww

☆☆ 展示品は大扉以外は撮影禁止でしたのでトーハク、キューハクなどの画像をお借りしました。



.
[PR]

# by bumidayat | 2017-07-14 22:11 | お出かけ | Comments(0)

ユニバーサルデザイン後進国

懸賞 2017年 06月 28日 懸賞

ひどい・・・飛行機のタラップを下半身不随の人に腕だけでずり上がらせるなんて。
それさえもダメだと制止するのも有り得ない。
規則違反だって手助けする気持ちにならなかったんだろか職員は。
ここクリック 車いす客にタラップはい上がらせる バニラ・エアが謝罪


さっそく改善されたそうだけど、こうやって身を挺してやらないとユニバーサルデザインにならない日本はまだまだ後進国だ。
規則を守るのは美徳であるけれど、それにがんじがらめでは意味がない。
赤星さんのご主人がお母さまの遺骨を運ぶ際の心温まる対応とえらい違いだ。
赤星さんのところへ飛びます→お連れ様の分はどういたしますか

どちらも規則だからしていることと言われてしまいそうで胸が痛む。残念だわ。


.
[PR]

# by bumidayat | 2017-06-28 07:33

あいら & きかい

懸賞 2017年 06月 25日 懸賞

d0009105_7352773.jpg


鹿児島湾そのものが巨大カルデラなんだって。知らんかった。姶良(あいら)カルデラ。

んで開聞岳の阿多湾もそうなんだと。

んでんで、鬼界島のところ鬼界カルデラといい、これが特に最近活動しているそうな。

もし噴火したら日本では一億人が死ぬだろうと。全滅に近い。北海道民だけ残るかも。

太古の鬼界カルデラ噴火では、南九州の縄文人が全滅。姶良カルデラで四国の縄文人が全滅したという記事を他で読んだ。まあ今となってはどの地方というのは区切れないから諸説あるんだろう。とにかく縄文人の骨がたくさん出土するそうな。http://www.kigyoujitsumu.jp/business/topics/8529/

人間が地球に登場してから一番大きな噴火は1827年だかのインドネシア・タンボラ火山で、直接の死者1万人。関連死が7〜8万人。
世界中に火山灰や冷夏で飢饉発生で全ての死者は計り知れないそうな。

有史以前はもっとデカいのがあって、それは現在の地面を作ったようなもんなんだろな。

とにかく、あいら & きかい 可愛らしいけど気を付けていよう。
(その後、トカラ列島のあたりも怪しいという情報も見た・・・)



[PR]

# by bumidayat | 2017-06-25 07:39 | Comments(0)

PKD嚢胞腎の薬が開発されたそうな

懸賞 2017年 06月 12日 懸賞

アメリカで臨床試験で明らかにとあるから、いずれは薬化しますよね。
でもアメリカの話だから、実際に日本での治療に使われるのはずいぶん後のことになるでしょうね・・・

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170608-OYTET50018/?__from=mixi

それまで生きていなくちゃ・笑




.
[PR]

# by bumidayat | 2017-06-12 05:37 | PKD・体のこと | Comments(0)

雨引観音へ行きたい

懸賞 2017年 06月 10日 懸賞

カテゴリ、「お出かけ」にするのは如何なものかと思ったけど。

アジサイとクジャク見に雨引観音へ行ってみたいな。4Kの動画が美しい。これよ
推古天皇の病気平癒を祈り平癒したので勅願寺とされ、聖武天皇と光明皇后は経を奉納して安産祈念が叶ったとか。
 それはともかく、いい雰囲気でいい環境♪


鎌倉へ行くより交通費はちょい高だけど、時間的には少し短いような気がする。
鎌倉の明月院はラッシュ並みの混雑で、人の頭で前が見えず石段を足で探りながら登ったっけ。

鎌倉山の檑亭は、ここよ 庭園のアジサイや竹林の散策は楽しいけど、大しておいしくないお蕎麦食べてしまうからなw

やはり雨引観音かも。桜川古墳も近いし←こっちが目的だったりして ・笑
[PR]

# by bumidayat | 2017-06-10 08:52 | お出かけ | Comments(1)

谷中生姜の芯

懸賞 2017年 06月 05日 懸賞

食べたあと、テレビ見ながら茎の外側剥いて、輪切りというかみじん切りと言うか、きゅうりと一緒に浅漬けに混ぜちゃう。

指もいい香り♪
d0009105_732612.jpg

[PR]

# by bumidayat | 2017-06-05 07:32 | おいしいもの | Comments(0)

5月30日 東国三社ふたたび&見てね ! ★香取神宮の可哀相な神鹿

懸賞 2017年 06月 04日 懸賞

S坊の休みが合い、というか合わせてまた一緒に行ってもらいました。
       うなぎ食べようと、うなぎで釣った(*´▽`*)

30日とはいえまだ五月なのに、まぁ~暑いこと(; ゚ ρ ゚ )
熱いっ と書きたいくらい湿度も高かった(-_-;)

脊柱管の具合が朝から悪かったので一緒に行ってもらって良かった・・・
  階段や坂は手を引いてもらい、バ~サンは嫌だ~涙


鹿島神宮と香取神宮と息栖神社
      
d0009105_1448224.png


前回の元旦の初詣でと違い、平日だから鹿島神宮・香取神宮とも人が少なく、
まあ、さすがの神宮ですからそれなりに観光バスや車で来た人は多いですけどね。
でも参道に並ぶ店は半分も開いておらず、ちょっぴり寂しかったです。



鹿島神宮ここクリック
d0009105_8112100.jpg


うっそうと茂る大木の下を歩くのは快適で
d0009105_15473929.jpg

小さな摂社、末社にお参りしながら奥宮まで。
             
d0009105_15232940.jpg



奥宮からうねうね曲がる急坂をかなり下り←帰りを考えて後悔しながら 御手洗池へ
d0009105_15253229.jpg



大きな藤棚や茶店もありました。
湧き水すすって涼み、
d0009105_15261087.jpg

よく手入れされている庭園の向こうの鳥居跡を見たりして休憩。
大古はこの御手洗池で禊ぎをして本殿に向かったそうですが、
あの急坂も有難い神宮に向かう試練のようなものだったんでしょうか・・・
 案の定、へーこら(◎_◎;)して登りました。S坊が居なかったら戻ってこれなかったw



参集殿で
d0009105_1527588.jpg

冷水を頂き涼んでいると、
 6月4日に、稀勢の里が奉納土俵入りをするからでしょうか
                、
d0009105_15372460.jpg

モニターで白鳳の奉納土俵入りの模様のVTRが流されていました。
下っ端力士も大挙して来ているんだなと思っていたら、綱を締めるためでした。
土俵入りの姿で来るはずもなく、浅はかなワタシw

ドーンドーンとお腹に響く太鼓の音がするので、併設された祈祷殿の格子の隙間から覗いたら、
                   
d0009105_1538666.jpg

うなだれた一人のために神主さんが祝詞を上げていました。
余程のお願いがあったのでしょうね…
 祈祷殿の控室には「直刀 金銅黒漆塗平文拵附刀唐櫃」の複製が飾られていました。

その直刀の実物が展示されている「宝物館」も見学しました。
       
d0009105_15421242.jpg


                          
d0009105_15424824.jpg

実物は千三百年以上も前のものなのに、美しい・・・束も美しい・・・ずっと宝物庫の奥深く保管されていたからでしょうか。ケースの隅に温度と湿度計が。
手前に複製の剣本体が吊り下げられ、重さを実感して下さいとあるので持ったけど、重いのなんのw

一振りで世界が平和になるというありがたい刀。
     タケミカヅチの神様、ぜひ今の世のために振り下ろして頂きたいものです



香取神宮へ
ここクリック
d0009105_1544276.jpg


拝殿で参拝し、後ろの本殿を横から眺めていたとき、S坊が「こんなに黒かったっけ」と。
d0009105_17373252.jpg

初詣の時は人だらけで、おちおち見られなかったんでしょう、連れてきて良かったねw
リニューアル間もないので黒々した建物に彫刻の装飾も色鮮やかで真に美しいです。

大祓で茅の輪をくぐりました(^^♪

旧参道から要石や奥宮(伊勢神宮遷宮の際の古材で作られたそうな)へ曲がるのを帰りにしようねと、又見神社へ。
地図でさんざん確認したのに道に迷ったあげく民家のおじさんに聞いて到着。
又見神社は古墳の上にあるので、当然山の上。またぜーぜーw おまけに墳丘の階段の急なこと !
まったく手入れされていないらしく、階段も本殿も脇殿も危うい感じ。削られて露出した脇の石棺の開口部も本殿の柵にもたれかかっていました。
いつまでもつんだろう・・・
d0009105_1612296.jpg

本殿の地下にも石棺が埋まっているそうだけど、大事にしてほしいな~。石は筑波から運んできたらしいから、かなりの有力者の墓だったに違いないのに。

...........................................................................................................................
★実は香取神宮に行く目的は、もう一つあったんです。
        鹿苑・・・

5年前まで鹿たちは劣悪な状況下にあったそうです。
 現在は愛護会によってボランティアの手で運営されているんですって。
・・・・・・神鹿なのに・・・・・・

遠いところの人でも役に立てることはあるそうなので、私も会員になろうかなと思い、まずは現地の様子を見ようと、とりあえず東京から水菜を抱えて来ました。

あいにく、もうすぐ赤ちゃんが生まれる鹿がいるので立ち入り禁止になっていましたので、
ボランティアの女性に水菜を渡してきました。5mほど手前からフェンス越しに、きれいな鹿がこちらを見ていました。
   お腹に影響なかったらいいけど…

香取神宮は、奈良の春日大社へ向かう神鹿が立ち寄った際の子孫がいるので、数々の石橙には必ず鹿が彫られています。それなのに武道と神道をメインにして鹿園は廃止したいのでしょうか。
摂社である又見神社のあの惨状といい、ひどいよね・・・・・
    

【鹿のボランティア大募集! いつでも募集しているそうです!】
d0009105_742413.png


香取の鹿愛護会HPクリックより

5年ほど前までは辛い環境に置かれていました。

10頭近くいるにもかかわらず、与えられるエサはチリトリ1杯の押し麦。

角は生えっぱなしで、オスがケンカをすると体に刺さったりしたそうです。

このままではいけないとKagiさんという方が2013年に香取の鹿愛護会を結成。

鹿園の地面を整えたり、新しい鹿の家を作ったりと少しずつ環境を整えていったそうです。

活動は、
香取神宮の鹿が健康に生きていけるよう飼養サポート
【香取の鹿愛護会の活動内容】
・餌やり(近隣農家や企業から野菜などを受け取り、鹿に与える)

鹿の食べ物や与えてはいけない物についてはHPをご覧下さい…

・怪我や病気の鹿の観察と保健所への連絡(救護)
・怪我防止のための除角・繁殖制限のための避妊去勢手術の手伝い
・ 鹿たちが暮らす環境の整備をサポート

この他にもできることとして

◆地元の方に香取神宮には鹿がいて、どんな状態で暮らしているか知らせるためにfacebook twitter ブログなどで情報を拡散してください
◆一日でも良いので、鹿たちの見守りをして頂ける方をご紹介ください。
◆鹿たちの食べ物を提供してくださる企業や農家さんをご紹介ください。
◆企業や農家さんから頂いた食べ物を運搬できる方をご紹介ください。
◆香取の鹿愛護会のサポーターになって下さい♪

★完全にボランティアでの運営なので、人の力が必要です。

◆稲刈り前に「刈り取った後のイネを捨てずに頂けないでしょうか?」と依頼し、頂ける先を探してください。
◆秋になれば木の実もとれますので、学校などへ子供達の活動の一つとして協力頂けないか確認して頂けないでしょうか。
子供達の純粋な思いがスタッフの方にも届けられると良いなと思います。
★秋のどんぐり拾い、子どもと一緒に楽しんだあと鹿のエサにしてもらうのも楽しいと思います。

私も子供はいないけれど、秋になったらドングリ集めて送りましょう。


香取神宮へお越しの際は、ぜひ鹿も見てあげてください!
本殿と宝物殿の間を抜けると近道です。
d0009105_1613661.jpg
  
d0009105_16134791.png





息栖神社クリック
d0009105_16182163.jpg


こちらも大祓の茅の輪をくぐりました。二度もくぐって悪い物祓えたに違いない♪
フォト、
d0009105_14511248.jpg
 
拝殿には山と積まれたお供えのお神酒(^v^)
社務所ではお供えの受付と御朱印書きで忙しいのか神主さんが二人になっていました^^

ご神体のひとつでもある女甕と男甕をまた見学し、d0009105_1615655.jpg
d0009105_16385290.jpg
傍の海産物会社に「しじみ」の幟があったので買えるかなと思いましたが、事務所がかなり中の方なのであきらめました(←利根川・北浦のシジミはブランド化されるほど有名なんですって)
持ち帰るのも暑い中だしねー??


今回の三社への奉献の品は、中身は前回と同じような物なのに箱がちょっと大きかったせいか
撤下神饌にはお神酒も。そして神札も豪華だった(*´▽`*)
d0009105_16161967.jpg

香取神宮のあの鹿のことを知り、香取神宮だけちょっと奉納したくなくなってしまったのだけどね^^;
d0009105_16164351.jpg

d0009105_1617136.jpg
d0009105_16171928.jpg
[PR]

# by bumidayat | 2017-06-04 18:36 | お出かけ | Comments(0)

ルテイン 乃木坂21

懸賞 2017年 05月 30日 懸賞

ルテイン飲み始めてから2か月に入った。気づいたら3週間目ほどからPCは老眼鏡かけないでいた。ひと月目くらいから本も読める。効いているのかしらん。
(なぜか自分で書いたメモは読めない・笑)

昔からヨーロッパでブルーベリーは食べて2時間くらいの間、目が良く見えると言われていたと聞いたけど、短時間ではな~と、単においしいベリーと思って食べるようにしていた。

ルテインで正解かな?




セブンイレブンで昼食用にお弁当を買ったら福引2回。
当たった一つは500mlペットボトルの飲み物。
もう一つは自分で応募する乃木坂21とやらのグッズが当たるカード。
これ要らないとレジのおばさんに渡したら笑っていた。同感なんでしょうw


.
[PR]

# by bumidayat | 2017-05-30 02:23 | PKD・体のこと | Comments(0)

母のいとこのこと

懸賞 2017年 05月 28日 懸賞

ある掲示板で数年前の投稿を再掲載していました。
内容をかいつまんで書きますと

【6年前の事故で家族を一気に亡くし、最近、加害者の近況を知った】
家族で車に乗っていた時の事故で両親は亡くなった、自分は重傷、2歳の弟は植物状態。
弟の容体は長いこと落ち着いていた。
いつか目を覚ますと信じて、毎日のように会いにに行き、話かけたり、絵本を読んだりした。

「子供は奇跡的な回復を見せることがある」と主治医の先生も言ってくれたので希望を持っていた。
でも、一度も起きないまま、去年、弟が8歳で亡くなった。
両親と姉が亡くなった時も本当につらくて悲しかったが、
その時は自分もすごい怪我をしてたし現実とは思えず、いろいろ混乱もし、気付いたら時間が経っていた。
今は一日がとても長い。
弟の病室に行くこともなく、部活もやっていないので放課後が長い。何もやる気が起きない。
 弟は眠ったままでも体は少しずつ成長していた。
普通の8歳とはやはり全く違い、ひょろひょろで、ところどころ固くなった手足をさすったことをよく思い出す。
お骨はほとんど残らず、わずかに残ったところも、箸で持つとぽろぽろ崩れた。

最近、事故の相手のことを知った。
事故原因は、相手がセンターラインをはみ出してきたこと。
祖父母によると、治療費とか賠償とかは保険の範囲ではもらった。
裁判では謝罪に来ると言っていたのに、一度も来ていない。弟の見舞いにも、墓参りにも来ていない。

相手は結婚して子どもがいる。子どもは多分、弟が事故に遭ったのと同じくらいの年。
 弟は、生きていればその後の人生で起こる楽しいことを何も知らないまま事故に遭い、
8歳まで生きたといってもその5年間はベッドで寝たままで、伸びた手足を一度も使えなかったのに
相手の子どもはこれからいろんなことを経験して笑ったり泣いたりするんだろうと思うと・・・
------------------------

これを読み、母の年の離れたいとこのことを思い出しました。
多分、今は70代後半…

とても若い頃、地方に住んでいた母のいとこに東京からお見合い話がありました。
写真の相手はとてもハンサムで、若い母のいとこは一目で気に入り、一度会ったきりでしばらく文通の上、いまでは信じられないことですが、嫁いでしまったそうです。
やりとりした手紙は達筆で、文章がどこか古風で疑問と不安を持ちながら・・・

ところが不安的中、夫は大酒のみでした。同居した口うるさい舅姑は夫である一人息子に大甘で、仕事に行けないほど飲んでも諫めるどころか酒を勧める始末。
やりとりしていた手紙も見合いが断られないように舅が書いていたのが発覚。

生活が成り立たないので母のいとこは保険の外交員となり、娘二人と息子一人の母となりました。
その頃には夫を何度かアルコール中毒専門病院に入院させましたが、退院してくると退院祝いだとお酒を勧める舅姑。

酔っていない父親を見たことがないまま育った子供たちも、母のいとこも諦め気味で、
「トイレにたくさん虫が!」などの幻聴にも驚かず、「それは大変だ~」笑っているような生活だっとそうです。

そんな夫が亡くなり、姉妹は就職し、舅姑も相次いで亡くなったあとは、真面目で明るく育った子供たちと仲良く暮らしていましたので、心配して相談に乗ったり時々援助していた母もほっとしていました。

姉娘が妊娠し、妹娘も結婚し、一人息子は大学進学をせずに就職しました。
これで肩の荷が軽くなったと思った瞬間、バイク通勤の息子が事故にあい、意識不明・・・
就職して一か月目のことでした。

まだ18歳、男の子ですからベッドの上でもまだ身長が伸び、これから長く続くはずだった彼の人生を思うと、母のいとこはどんなに辛かったでしょう。

思えばその頃、律儀な母のいとこは親戚には決して保険の勧誘はしなかったのですが、
私に「どうしても今月足りないの」と加入を頼みにきました。
私はどこにも入っていなかったので、勧められるままに承諾しました。

その後も、母のいとこは働き続け、姉娘が子連れで離婚、父親を見ていたのにストレスから一時期キッチンドリンカーになり心配かけましたが、再婚して落ち着き、
20年近く寝たきりだった息子が亡くなりました。

妹娘の家族で赴任中のシンガポールに行ったりして定年を迎え、私の保険はどうしましょうと連絡がありましたので解約をしました。[あらためて見たら高年齢になると掛け金が増えるというタイプのものでしたので(なぜー!)]

現在は孫たちの成長を楽しみに、悠々自適でゴルフ三昧しているとか。
父も母も亡くなった今、父方母方とも親戚はみな高齢になりましたので疎遠ですが、苦労した分長く楽しんで欲しいです。


追記 : このいとこ、目が薄青いんです。母のいとこですから顔は日本人なんですけど。
   母方も父方も目の色は薄茶なので、私も妹も眼球は黒くはありません。色素の関係でしょうか
.
[PR]

# by bumidayat | 2017-05-28 01:00