1976・まずジャカルタへ

懸賞 2005年 03月 25日 懸賞

初めてインドネシアに行ったときはパンストはいてました。今では信じられない(笑
おまけにハイヒールサンダル、観光時は7cmのミュール(^^;)
パジャマまで持って行きましたがトランクの片面は空っぽで、これまた今とは大違い。
まあ、2回目からはスニーカーにしましたがね~

当時みんなはハワイに行くのが普通で、特に私はロシア貿易の部にいましたので同僚から
「なんでインドネシアなの?」と不思議がられながらも

羽田からスンパティで出発。(成田は建設中でした)日本路線はたった一機で、細身の飛行機で結構ボロでしたよ~、sari夫が乗った時は天井から雨漏りしてたとか・コワ~(この時はまだ知り合ってない・あ~知り合わなければ・・・ナイショ・笑) その後乗った中華航空よりはマシだったけど。

まず最初のジャカルタでは、お決まりのコースで市内観光。独立記念塔やら国会議事堂(?)。感動したのは博物館。
モニュメントが沢山あって、いきなり現れる電飾ぴかぴかの遊園地なんか覚えてるけど、それより市内の濃い緑と道端の物売りの人々に惹かれました
夜はアンチョールだっけ(?)港のほうでハイアライだっけ(?・いーかげん)の試合を見せられて(←あんまり興味なし)それより行き帰りの道に沢山の女性がいて、ガイド氏が「バイシュンフ゜ーデシュ280円」と説明していたほうが印象的でした。

市内観光のときに、勤めていた会社の看板を発見して妙な感慨を覚えました。支社はサリナの上のほうにあったのですが看板はどこにあったんだろう・・・
それ以来、帰国時に羽田に降りる度にモノレールの駅にもあった会社の看板が目に入ると、
あ~帰って来ちゃったんだーと思い知らされました。

あとはボゴール植物園に行き、楽しかったわ。妹は高校で園芸科だったので非常に詳しくて(なのにキーパンチャー・笑)ガイド氏が感心してた。帰り道の途中、道端でランブータンを買ったらすごい量なのに5円位で驚きました、ツァーの皆で食べておいしかった~。
あっ市内のインドネシア料理のバイキングレストラン、何を食べても素晴らしくおいしかったな~、後で知ったのだけど100種以上の料理がある有名な店だったんですって。名前もな~んにも分からないの、ただ連れて行かれる旅ってこんなものね。あの店、もう無いのでしょうねー、今のほうがずっとおいしい店が沢山あるんでしょ~、ううっ行きたいなー

アルバムを改めて見たらもっと思い出せるかな~、まあそのうちに(初回の旅ではネタないね)

写真、まだupできません、残念。細身の私を見て欲しかったのに(爆
[PR]

# by bumidayat | 2005-03-25 04:32 | インドネシアのこと | Comments(1)

憑き物?

懸賞 2005年 03月 24日 懸賞

いま『桜憑き』って本を読んでます。
色々な作家のアンソロジーなんだけど、桜に関するファンタジーなの。
ちょっと幻想的で、題だけ知ってて読んだことがなかった作品も収録されている。
図書館で題名に惹かれてつい借りてしまったのだが、やはりこの季節のせいだったのか
春の宵の読み物としてはピッタリ・・・
「憑く」なんて言葉にお目にかかったのはひさしぶり、この電気の光煌々の世の中に「憑き物」もあったものじゃないが、夜桜にはやはり徒ならぬものを感じます。
桜の精になら憑依されてもいいかな?

それにしても昨日の大雨、風邪気味で洟垂れの私のところには桜の精は避けて通るだろうなー
桜餅でも買いに行くか~・コソコソ・・・

あっ、そう言えば 予約しないと買えなかったっけ? 長命寺の桜餅 大好き!♪

        憑き物も逃げる、食い気のsariでした。(こりゃカテゴリはおやつかね)
[PR]

# by bumidayat | 2005-03-24 11:54 | | Comments(7)

1976が全ての始まりでした

懸賞 2005年 03月 22日 懸賞

やっとやっとブログの開設に漕ぎ着けました。
何から書こうかと思いましたが、
タイトルSEHIDUP-SEMATI(生きるも死ぬも)としましたので
やはり私とインドネシア、特にバリとのかかわりを少し、一問一答風に

初めての訪イネはいつ? どこへ? 誰と?
*1976年2月。8日間でジャカルタ、ヨグヤカルタ、バリ。同じ思いの妹と。
イネ国の印象は?
*日本人旅行客が少なく、緑濃い美しい国。(農業・漁業は国の宝だとヘンに感心)
イネ人の印象は?
*やさしく、誇り高い
なぜイネ国へ?
*もともとアジアや遺跡に興味のあったところへ、NHKで「未来への遺産」という番組を見てボロブドゥルに行きたいと思い。カンボジアのアンコールワット、アフガニスタンのバンディアミール等も行きたかったが、当時は行ける状態の国々ではなかった。また、中南米の遺跡も行きたかったが今と違い旅行費用がとんでもない額だった。(当時で7桁!!!)
なぜイネ国が好きに?
*それまで国内旅行を色々したが(残した5~6県は老後の楽しみ)当時抱えていたストレスが抜けるのはココしかなかった。
将来イネ国に暮らしたい?
*是非とも暮らしたいと思っていたがPKDという病気であることが分かり、インドネシアでは治療可能となるまでに年月がかかると思われるのであきらめている。



まあこんなところで。
当時のインドネシア関係のエピソードもちびちびと書くつもりです。 
また、PKDに関してもどこかで誰かのお役に立つかも知れないので書きます。
                                     猫のこともね♪
[PR]

# by bumidayat | 2005-03-22 19:17 | インドネシアのこと | Comments(12)

テスト

懸賞 2005年 03月 22日 懸賞

テストです

More
[PR]

# by bumidayat | 2005-03-22 17:16 | Comments(2)