おじいちゃんにあやまれ

懸賞 2011年 03月 07日 懸賞

「時効で不起訴」 なんだ?「嫌疑なし」でしょう。そして、前例がないなんて言わず、おじいちゃんと家族にあやまるべき。

甥の方のブログ
http://hayatomo.cocolog-nifty.com/diary/2005/08/812_9614.html

★:2011/02/18(金)
三重県四日市市のスーパーで2004年2月、「泥棒」と叫ばれ窃盗未遂容疑で現行犯逮捕され、
警察官に制圧された翌日に死亡した男性=当時(68)=について、県警は18日、
被疑者死亡のまま書類送検した。叫んだ後に現場から立ち去った女性は見つからず、
「実際に窃盗の事実があったかどうか分からなかった」との意見を付けた。津地検四日市支部は不起訴にする見通し。

 県警などによると、男性は04年2月17日午後1時10分ごろ、同市尾平町の
スーパーで子連れの女性に突然「泥棒」と叫ばれ、付近の買い物客らに取り押さえられた。
駆けつけた四日市南署員に制圧された男性は嘔吐(おうと)して意識を失い、翌日未明、
ストレスによる高血圧性心不全で死亡した。防犯カメラの映像では、男性の動きに不審な点はなかった。

 窃盗未遂事件としては17日に公訴時効を迎えたが、県警は「女性の行方の捜査は続ける」と話している。

☆以下、以前の記事より
2010/11/18(木)
三重県四日市市のスーパーで2004年2月、泥棒呼ばわりされ、警察官にうつぶせで
 押さえつけられた後に死亡した同市の男性(当時68歳)の妻(70)が同県を相手に
 約5700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、津地裁であった。

 堀内照美裁判長は、県に880万円の支払いを命じた。
 男性は04年2月17日午後1時過ぎ、スーパー内の現金自動預け払い機コーナーで、
 若い女性に「泥棒」と叫ばれ、買い物客らに取り押さえられた。万引き事件の対応で
 店内にいた四日市南署の巡査部長(当時56歳)と巡査(同29歳)が引き渡しを受けて
 約20分間、押さえつけたところ、男性は嘔吐して意識を失い、翌日、病院で
 死亡した。県警は叫んだ女性を捜したが、見つかっていない。

 防犯カメラの映像などから、男性は犯罪とは無関係とみられ、妻は07年2月、「事件の
 真相を知り、夫の名誉を回復したい」として提訴した。裁判で原告側は、署員らは現行犯
 逮捕の要件を備えているのか十分に確認しなかった過失があると主張。
  一方、県側は、署員らは「強盗事件」との連絡を受けて現場に駆けつけており、取り押さえられて
 いた男性を「犯人」と認識するのは当然だと反論。「男性は抵抗を続けており、制圧行為は
 適正。捜査の過程で生じた事故で、過失はない」としていた。(一部略)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101118-OYT1T00588.htm

※元ニュース
・【社会】"誤認逮捕で急死" 無実の男性を無理矢理「泥棒」呼ばわりした女性探す★16
"調べでは、女性は25-30歳、身長約160センチ。薄茶色の髪を肩まで伸ばし、2歳
 ぐらいの子供を抱いていた。
 親類によると、男性は約40年間、化学メーカーに勤務した後、警備員のアルバイトを
 しながら年金生活をしていた。
 17日正午すぎ、自宅から約1キロ離れた「ジャスコ四日市尾平店」でハムスターの餌を
 買った後、ATMコーナーに行ったとみられる。ATMを操作していた男性の背後に女性が現れ、
 男性の体を触るようなしぐさをした後、いきなり男性の胸をつかみ、叫びながら男性と
 もみ合っている様子がビデオに写っていた"

県警によると、「泥棒」の疑いをかけられた男性は04年2月17日、同市尾平町の
スーパーのATMで預金を下ろしていたところを客らに取り押さえられた。
県警四日市南署員に約20分間制圧されて男性は意識を失い、翌日に高度のストレス
を原因とする高血圧性心不全で死亡。しかし、県警は「泥棒」と叫んだ女性を特定する
ことができず、窃盗未遂容疑での男性の書類送検を断念した。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110217k0000e040067000c.html

一方で「身長181センチ、体重94キロの警察官が、160センチ、65キロの男性に
馬乗りになって制圧行為を続けた」と認定。 「男性は後ろ手に手錠を掛けられ、逃走、反抗の危険性は減っていたのに、限度を超えた力を行使しており、過失がある」とした。



【2011.3/5毎日jp】

「泥棒!」と女に叫ばれ警官に制圧され後日死亡したおじいちゃん、財布は自分のものと判明 男性不起訴:私物の財布だったのに 「泥棒」と叫ばれ逮捕
三重県四日市市のスーパーで04年2月、女性に「泥棒」と叫ばれ、窃盗未遂容疑で民間人に現行犯逮捕されて翌日死亡した同市内の男性(当時68歳)について、津地検は4日、女性と
男性がもみあって奪い合っていたのは男性の財布だったことを
明らかにした。

津地検四日市支部は同日、時効により男性を不起訴処分とした。

男性の妻(70)の代理人の成田清弁護士は「財布が男性の物ということは
窃盗未遂自体が成立しない。事件はなかった」と話した。
[PR]

by bumidayat | 2011-03-07 02:13 | Comments(2)

Commented by hisako-baaba at 2011-03-11 10:09
なんてこと!酷すぎる話。泥棒呼ばわりされたら誰だってパニックになりますよね。
警察は謝るべき出すね。腹が立ちます。

世の中おかしいから、どんな災難が降りかかるか・・・このごろ老人の万引きが多いと言うから、間違われないように持ち物や持ち方に気をつけて買い物しています。
Commented by どら焼き at 2014-01-24 09:10 x
今更ですが事件を知りました
ひどい
三重県警の対応はやりすぎな上に、なぜ当時、問題の女性を放っておいたんだろう
被害者(だと思っていた)について把握していないってどういうことなんだろう
その女性も防犯カメラに映ってるのに何で特定できなかったんだろう
三重県には絶対に住みたくないと思った
何も悪いことをしてないのに晒し者にされた被害者が可哀想

<< 【地震発生時緊急マニュアルまと...   ミモザ咲いた >>