諏訪大社 平成30年1月12日

懸賞 2018年 01月 16日 懸賞

d0009105_2545672.jpg


以前から行ってみたかった 諏訪大社。あちこち旅行やスキーに行く際に諏訪湖の横は結構通っているのになかなか機会がありませんでした。

今回、初詣ツアーがあり、丁度いいと参加。タイトルは
諏訪大社 上社本宮&下社春宮 初詣
       豪華! 荒巻鮭・栗毛カニ・渡蟹・金目鯛 新春どっさり福袋つき】長い!

諏訪大社は本殿がなく、ご神体は後ろの御神山(守屋山=モレヤ)。奈良の大神神社と同じですね。
特徴は式年造営のため四社すべての四つの角に御柱が立ってることかな。
もちろん有名な御柱祭りや諏訪湖の御神渡りもね。。
d0009105_2554278.jpg
d0009105_20441086.jpgd0009105_20453013.jpg



















前社・本宮・春宮・秋宮、四社全て参拝したかったけどツアーだから二社で今回は我慢 
 
d0009105_10481190.jpg

    d0009105_10483884.jpg











鹿島神宮のタケミカヅチに降参して諏訪に逃れた、出雲大社のスサノオの次男坊タケミナカタを祀った諏訪大社。
彼が遠い諏訪へ行ったのは、当時、日本で一番縄文人の人口が多かったためという説があります。
  そしてそれが、縄文時代から弥生時代へと移行する皮肉な結果となった・・・
☆スサノオ=縄文のトップ、アマテラス=弥生のトップ、という考え方に私は傾倒しているの。

大量に出土した遺物の中で最も有名なのが、教科書でお馴染み、
国宝の 縄文ビーナス(粘土に雲母混ぜ込まれててキラキラ)
d0009105_13382469.jpg











後ろ姿 お尻がたまりません^^ d0009105_13393312.jpg










国宝 仮面の女神
d0009105_1355047.jpg









後ろ姿 左側に結んだ髪を背に垂らしていたんでしょうか。非対称は珍しいです  
  d0009105_13583893.jpg













S坊は、前回の鹿島神宮・香取神宮のことは忘れていないようなので、ちらりと話しましたが分かったのかどうなのか・・・
そんなことはどうでも良いという顔で、のんびりいつも着いて来ますw
まぁ理数系の夫にしては、同行してくれるだけでも上出来かも。
お昼ご飯に目がくらんでいるのかもねww


まず着いたのは、味噌蔵見学 『丸井伊藤商店ここクリック

 明治から大正かけて諏訪湖周辺で栄えた製糸産業の製糸工場では、寄宿生活をおくる工女さんのために、繭蔵を利用して自家製の味噌を作るようになったそうです。
その後、製糸産業は衰退しますが、工場はみそ製造工場として生き残り、信州みそというブランドで知られるようになったとか。
他にも名産の寒天蔵として使用されていて、
そんな繭蔵を生かしたこのメーカーは小さめですが、百年来の木桶で蔵に居ついた醸造菌で保存料などなしの手作り味噌だそうです。

そば味噌、十穀味噌が欲しかったのですが品切れ。お店の人に聞いてみたところ、帰ってから電話してわけを話せば送料無料で送りますとのこと♪  社長さんだったのか?
以前の善光寺旅行の際も今回も、やはり長野の人は親切だった^^
昔、淡い恋心を抱いていた先輩も長野の人でいい人であったなw
  しかし、小サイズとはいえ別に3種類の味噌を買ってしまった。味噌ばかりになるww




味噌蔵の中にある私設のミニ『御柱博物館』
d0009105_14324213.jpg
d0009105_1474433.jpg















さらにその中には『貧乏神神社
面白い由来はここクリック
貧棒という、こん棒でご神木を三回叩きます(貧乏神とはいえ神様ですから、ちょっと気が引けた)
そしてご神体に豆を投げつけます。決して礼をしてはいけない。


そして、福の神である『おかめ神社』
d0009105_1481478.jpg
d0009105_20305213.jpg
お参りして、おかめさんの両頬をなでなで♪
飯田市のちゃんと鳥居のある貧乏神神社が「祭主が病気のため閉鎖」との張り紙を残して閉鎖されたそうです。それが移設されたのかしら・・・












諏訪大社 下社春宮』 参拝

御手水舎の落ちる水が凍って、つららが出来ていた。d0009105_22523820.jpg

d0009105_2253218.jpg


幣拝殿d0009105_22535865.jpg


              

















たくさんの大杉。寒々しいねぇ。
d0009105_22543711.jpg



春宮近くの『万治の石仏
d0009105_22552872.jpg


鳥居を作るように命じられた石工が大石にノミを当てたところ、血が噴き出したので止め、その晩見た夢で違う場所の石を使えとの仏の御託宣があったのでそちらを使ったとのお話があるとか。
(石工さん、そこでやりたくなかったんじゃないの?w)
d0009105_1815077.jpg
お参りというかお願いの仕方も独特。私達も三回ぐるぐる回ってみました♪

















おぎのや諏訪店」で昼食
信州牛のすき焼きや地元産野菜の天ぷらなど。
食べるのに夢中で画像はありません(;´∀`)
代わりにw トイレの提示
d0009105_22562974.jpg

インドネシア語があるのは、初めて見ました。

レストラン内にも御柱関係のものがd0009105_22565487.jpg













ここで配膳中の女性にある質問をしたのですが、他の二人も混じり、とーっても親切に答えてくれました。


諏訪大社 上社本宮』 参拝

参道の太鼓橋(下馬橋)
d0009105_1744577.jpg
御神輿だけが渡れるとのことですが、誰か渡っちゃってるんだろうなw


やはり御手水舎が凍っていましたd0009105_22575639.jpg









だからでしょうか? 傍らに明神温泉手水♬d0009105_22582935.jpg湯気が立ってました(^^♪

















ご神体のお山に向かい拝殿から拝みますが、鹿島神宮と同じに横向きでした。
境内
d0009105_1871863.jpg


         拝殿
d0009105_2321920.jpg


奉献したので二社から御神供の蕎麦落雁をいただきました。
d0009105_235898.jpg
一緒に写っているのは、耳鳴りに良いと言われている蜂の子の缶詰。
姿がなければ食べられるのだけど…ミキサーにかけて何かに混ぜたらどうなのかしら。

落雁開けてみました
d0009105_2333414.jpg
ちゃんと、御神紋の諏訪梶と明神梶になってます♪ ほぼ実物大。



蓼科高原チーズケーキ工房ここよ出来たて生チーズケーキやチーズ菓子が色々たーくさん♪試食しまくり(*`艸´)
d0009105_1758025.jpg d0009105_17581839.jpg










☆諏訪湖は湖面が上品なブルーでした。他の湖とどこか違っているような…
凍る寸前て湖面の色が独特なのかしらね。
まだ湖畔の一部が凍っているだけでした。今後もっと気温が下がって全面凍結になって御神渡りが出現するんでしょう。この日12日は午前中の気温がマイナス5℃、日中は3℃でした。



○お土産の荒巻鮭・カニ・金目鯛は持ち手のついた横長の箱に入っていました。

○あちこちで買ったものd0009105_17585196.jpgd0009105_17592624.jpg










昼食メニューにあり、S坊が気に入って買うというので
d0009105_17595340.jpg


○他に車内でおやつとして、諏訪名産寒天で作ったゼリー、干支のワンコ顔の金太郎飴、ミニどら焼き、工房の生チーズケーキなどくれました。


☆今回知ったミニ知識☆
◌伊勢神宮の遷宮の際にに用いられる材木は、長野県木曽の檜。

◌諏訪大社 前宮(大社の大元)の拝殿は昭和七年に伊勢神宮から下賜された材で造営されたもの。
(鹿島神宮 奥宮のもそうですよね。ちなみに伊勢神宮で立派な働きと文献を残しながらも起こった火事の責任をとり退いたのは鹿島神宮から出仕していた大神官でした、さらにちなみに、鹿島神宮からは富岡八幡宮へ遣せられ、立派な人物であったと言われた富岡氏ですが、子孫があんなことになっちゃって…)

◌春宮から本宮へ諏訪湖半周の途中に日赤病院がありました。red cross hospitalとあって、赤十字だから当たり前、と初めて気づきました(;´∀`)


毎回、短くしようと思って書き始めるのですが、こんな状態。反省してます、
少~しね(;´∀`)


.
[PR]

by bumidayat | 2018-01-16 20:33 | お出かけ | Comments(0)

<< 雪だよ   新巻鮭 >>