友の訃報

懸賞 2018年 06月 08日 懸賞

昨日の朝、一家ぐるみで親しくしていたK家のご主人からメール。

午前2時45分に奥さんが膵臓がんで亡くなったとのこと。

あまりのことに言葉もなく・・・mixiのメッセージの返信が去年8月からなく、心配していたの。

私達より少し若い64歳でした。

知り合って37年、一緒にバリ旅行したり、お母さんとも親しくさせて頂き、
お母さん、私の妹と三人だけでバリへ行ったこともありました。

私たち夫婦と更に長年付き合いのあった、バリ人の友人ともhippoファミリークラブ関連で長年交流していました。

そのバリの友人も昨年亡くなりました。

S坊の幼馴染も、以前すい臓がんで亡くなりました。膵臓がんは進行が速いですね。彼は35歳で幼稚園の一人息子を残してのことでした。
今時は、ガンは死病ではないと言われますが、やはり怖いです。


彼女たち一家は、小気味よい東京弁を話しましたので、私も嬉しくて、お邪魔するとつい長居をしてしまいました。

さみしいことです(; ;)


.
[PR]

by bumidayat | 2018-06-08 03:56 | Comments(4)

Commented by kazutanumi at 2018-06-08 09:46
イイネボタンを押すのを思わず躊躇いました、、、。
私も同年代ですので、お気持ちはよく分ります。

ご友人のご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by bumidayat at 2018-06-10 02:21
かずたん様

悼んで頂いて友人もありがたいと思っていることでしょう。
お別れしてきました。

もうあの声が聞けないとあらためて悲しいです。
 ありがとうございました。
Commented by okurebase2013 at 2018-06-14 18:32
bumidayat様

こんばんは。
イイネボタン じゃないですよね。
私の友人も膵臓癌でした、一年持たずにあっという間に
彼女の沖縄家族旅行に誘われ同行その二週間後に突如旅経ちました。寂しいですね。
Commented by bumidayat at 2018-06-14 19:02
エムエム様

分かっているのですが、まだ信じられないような気持ちでいます。

ブログ拝見しました。
奇遇ですが、友人は大森と大井の中間に住んでいて、
葬儀が大井町線沿線の駅近くでした。

やはり長いお付き合いのお友達だと堪えますよね。
でも彼女は明るくてきっぱりした人でしたので、
いつまでもメソメソしていてはいけないと思いました。

コメントありがとうございました。

<< カテーテルアブレーション   歯科 & マンション >>