人気ブログランキング |

5月6日 根津神社・湯島天神・旧岩崎邸園 おまけで上野

懸賞 2019年 05月 07日 懸賞

連休最終日。大曇りでお出かけ日和。
近場でどっか行きたいなと、バス6分、電車で11分、千駄木駅から徒歩5分の
 根津神社 <a href="http://www.nedujinja.or.jp/"target="_blank">ここ</a>
 有名なツツジは盛りを過ぎて、今は遅咲きの花だけど、
それでも連休最終日とあって、かなりの人出でした。
d0009105_09311161.jpg
            d0009105_09320756.jpg
d0009105_09331508.jpg
  
d0009105_09334625.jpg          
d0009105_09341980.jpg
d0009105_09364061.jpg
d0009105_09371743.jpg
   

お参りは日本人・外国人で長蛇の列で諦めたd0009105_09375110.jpg




















近いので湯島天神へ行こう! 湯島駅まで徒歩5分、電車ひと駅2分w 徒歩3分。
 湯島天神 <a href="http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm"target="_blank">ここ</a>
根津神社から上野公園沿いに歩いて30分ほどですが、上野公園は人が多いだろうからと電車にしました。早っ♪
唐門、夫婦坂、男坂など入り口色々あるのに、階段きつい入り口から登ってしまった( ̄。 ̄;)
こちらはほどほどの人出。梅園と鷽(ウソ鳥)替え、合格祈願で有名だし、桜も終わったからかもね。
入り口~!
d0009105_09404082.jpg
本殿の裏側でありました。

戸隠神社と笹塚稲荷神社
d0009105_09413336.jpg
※湯島天神は元々は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと=天岩戸からアマテラスを出すときに岩を押し広げた神)を奉る神社で戸隠神社は摂社。長野の戸隠神社の五社のひとつ奥の神は天手力雄命そのご縁だそうな。由に江戸時代には相撲が行われていたこともあるそうな。
※笹塚稲荷神社がなぜ湯島天神の境内にあるのかはっきりとは分からないそうですが、
東京都の神社史に江戸時代(享保2年)湯島天神の東側に板倉出雲守邸があり(資料によると備中庭瀬藩主 板倉邸の上屋敷)の使用人に取り憑いた稲荷神を祀ったという記述があるそうです。
拝殿でお参り♪
d0009105_09422550.jpg
牛さん
d0009105_09425891.jpg
菅原道真が亡くなる際に「遺骸を牛の背に乗せ、牛が立ち止まったところを墓所にすべし」とのことで、牛は神様の使いと考えられて天神社には牛が居るとw
泉鏡花の筆塚と筆岩といわれる岩のある池
d0009105_09433512.jpg


どうせならすぐの旧岩崎邸園まで徒歩5~6分
 旧岩崎邸園 <a href="https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html"target="_blank">ここ</a>
三菱財閥の長男の本邸で洋館は年に一度の岩崎家の集まりや、外国人、賓客を招いてのパーティーなどが催される迎賓館としても使われたそうです。
東京駅や丸の内の今は美術館になっている三菱Ⅱ号館と共に英国人ジョサイア・コンドルの設計。敗戦後はGHQに接収され、返還されてから国の重要文化財。
外観は華麗、内部は重厚。玄関で靴を脱いで見学。
 現在はお手入れ中で、前面の半分と裏側が養生シートに覆われ、バルコニー、ベランダには出られませんでした。
d0009105_09464546.jpg
           
d0009105_09471805.jpg
正面全景
d0009105_09475284.jpg
   正面上部の威容
d0009105_09482929.jpg
玄関ホールの大階段。映画の貴婦人が降りてくるシーンを思い出す。d0009105_09501802.jpg












婦人客室の天井。婦人専用の応接間があったなんて・・・
d0009105_09505474.jpg
シルク地に華麗な日本刺繍が施されていますd0009105_09522562.jpg
客室の天井は刺繍はありませんが重厚な作りでした。





















壁はそれぞれ違うデザインの金唐革紙が貼られていました。柄にはちゃんと名前が。
d0009105_09530136.jpg

一階のサンルームと二階バルコニー
d0009105_09542297.jpg
  当時は無粋な高層ビルも見えず、燦々と日の差すサンルームでティータイムね♪          
d0009105_09545698.jpg
d0009105_09553073.jpg

彫刻のある大柱の階段。右側の壁沿いの小さな階段は地下室へ
d0009105_09583970.jpg
           暖炉のひとつ
d0009105_09590502.jpg
各部屋にステキなデザインの暖炉がありますが、玄関ホールに入ってすぐのところにも。
当時はすでに電気はありましたがエアコンはあるはずはなく、見事な彫刻が施されているオイルヒーターもありましたが、これだけ広いと暖炉は必須ですね。

          洋館裏、庭園側
d0009105_10005148.jpg


書院造りの和館。玄関、三の間、広間のみ現存
広間。床の間には見えないけど富士山の絵が描かれています
d0009105_10022092.jpg
        中庭の巨大な沓脱ぎ石
d0009105_10032896.jpg

















縁側d0009105_10043988.jpg












     庭園側から
d0009105_10053444.jpg

庭に面した戸建てのビリヤード館d0009105_10061037.jpg
















d0009105_10063684.jpg
これで当時の三分の一だそうで、明治29年に完成。昭和50年の写真が展示してあり、広大でひとつの町のようでした。
一族の家族写真もありましたが、一人の夫人?はとても美人でした。




湯島駅に戻る途中で休憩と思ったけど、連休中でどこもお休み。
インド料理のデリーを発見! でも並んでる・・・
S坊は並ぶのキライで仕方なくトボトボ。JR御徒町駅に着いてしまった( ̄。 ̄;)
「デリーに並んでいたら今頃おいしいカレーが食べられたのに」と文句いいながら、
さらにダラダラと歩いて、とうとう上野に。アメ横相変わらず外国人でごっちゃり゚(;Д;)゚。

結局、インド料理ならぬ、
 牛たん 麦とろの「ねぎし」<a href="http://www.negishi.co.jp/menu/index.html"target="_blank">ここ</a>
これが正解であった。二人とも大満足でございました(*^O^*)
すっかり食べちゃったので、お皿だけ見て下さいw
d0009105_10164389.jpg
















S坊の食べたトリプルミックスセットの画像をお借りしてきました。
       
d0009105_10171915.jpg

湯島駅からまた10分で、とっとと帰宅しようと思っていたのですが、
出発が遅かったため、混雑して避けようと思っていた上野での夕食となりました。
上野から西日暮里経由で山手線・メトロ18分分+バス15分で帰りました。
まぁ、午後の数時間のお出かけにしては充実していたかもね。

★★ 相変わらずリンクが貼れませんですみません。
★ デジカメの調子も悪く曇りとはいえ、ボケボケで(~_~;)


.

by bumidayat | 2019-05-07 10:21 | お出かけ | Comments(2)

Commented by せいパパ at 2019-05-08 07:49 x
旧岩崎邸庭園はこんなに素敵なスポットとは
行ってみたいです。
グーグルナビを見てて良さそうだなと思ったけれど
想像以上に素敵です。
Commented by bumidayat at 2019-05-08 12:06
せいパパさん、こんにちは。

画像より実際は間接照明で暗いですが、調度品を置いて机やベッドにはスタンドランプなどで暮らしていたのでしょうね。

工事の足場は10月に撤去されるそうです。
秋にいらっしゃるといいかも。
見学には問題ない元文化センター跡地の拡張工事は年末までだそうです。元々の大名屋敷の遺物の発掘もしているらしいです。

<< 大規模修繕 大詰め   水元公園でランチ + 買い物三昧 >>