カテゴリ:お出かけ( 72 )

懸賞 懸賞

ご招待で三島・沼津・富士宮の旅(相変わらず長い)

懸賞 2018年 09月 20日 懸賞

9月18日(火)通販会社のご招待で行ってきました。
満開の彼岸花・紅に染まる富士見寺と溶岩が作った名瀑・鮎壺の滝
d0009105_17542391.jpg

コースは、
毛皮工房⇒伊豆フルーツパーク⇒三島わさび屋⇒鮎壺の滝⇒ひものセンター⇒興徳寺


東名が工事で片側通行で中央高速利用がおススメなんてテレビで見たので、
混んでるといやだなぁと思っていたら夜間だけでした。
途中、首都高で事故があったようで一時渋滞していましたが、あとはスイスイ。

いつもの港北PAで買った、おいしいパンとおにぎりでバスの中で朝食。


前のバスの方々がまだ出てこないのでしばらく待たされた
毛皮工房・高木ミンクここ
この工場の名前は、Furctory TAKAGI MINK
普通スペルはFactoryですが、Furを扱う会社なので、Furctoryというスペルでファクトリーと読むそうです。
ここは岐阜県が本社で江戸時代末期から創業150年以上だそうです。
どこもメーカーは関東に支社や工房を置く時は横浜が多いですよね。
昔は日本中に港から船で輸送、現在は輸出入を考えると便利なんでしょう。

はじめの部屋での説明は長くて、冷房は辛かったけど、
バス車内で配られた毛皮についてのクイズの答え合わせ、全問正解者にミンクのキーホルダーを、なんて小さなお楽しみもありました。
4名の方が正解で珍しいと説明のお姉さんが言ってました。

品もお値段もすんばらしいムートン製品がたーくさん!!
でも、売り場のセールススタッフたちが皆しつこくなくて感じは良かったですよ。
磁気が埋め込まれているムートンシーツが敷かれたベッドには横になれるので、みなさん寝ていました。
やはりシニア層は健康グッズがお好きヾ(*´∀`*)ノ
ただ、次の小物売り場への入り口が展示してあるシーツなどで分かりにくくて、
あれわざとなんでしょうか(;´Д`)
d0009105_19124030.png


小物売り場でも何も買う気はなかったのですが、とても素敵なウールの編み込みマフラーがあり、スタッフに聞いたら、こちらに他のがと。お値段、手ごろ♪
やはりマネキンのつけているのがいいと、外してくれたお値札を見たら三倍、これだけフランス製。
「これは無理ですぅ、激安のファッションメーカーの無料ご招待で来てるんだから」と言ったら、笑ってうなづいていました。多分アルバイトのオバサマでよくお分かりなのだとw
 さらに次のお土産売り場兼休憩所でお菓子など買いました。

バスでは大き目のショッピングバッグを網棚に乗せている男性が居ました。
皮ジャケットでもお買い上げかな? 大物買った方は送ってもらうだろうから分かりません。
バスが次々に到着しますので、一台当たり数人がムートンシーツなど大物を買えば、工房としては採算が取れるのでしょう。

やはり最後の売り場まで、たどりつけなかった人がいて添乗員さんが探しに行ってましたw
ただでさえ、一番滞在時間の長いところなのに、はじめの待機といい、かなり時間くったな~・・・



伊豆フルーツパークここ
2階の団体用レストランで昼食。
山菜・鶏釜飯、うどん鍋、イワシの明太煮など。
追加料金+で豪華版料理もありましたが、見まわしたところ全員が普通版のようでしたw
d0009105_043445.jpg












ここから富士山が見えるそうですが、晴れてはいましたが、雲が多くて残念でした。

メロン、ブドウ、ミカン狩りなど色々出来るそうです。
マスクメロン狩りは一人一個でその場で食べてはならず、お持ち帰りのみだそうです。
食べ放題というわけにいかないでしょう、まぁ食べられるはずもないww
道を挟んだ丘には多数の温室、敷地内には果樹園が広がっていました。すでにミカンが沢山生っていましたよ。

生メロンソフトクリームは長蛇の列でした。食べたかった・・・



伊豆のわさび屋 三島工場店ここ
d0009105_154049.jpg









試食したツブツブ入り卸しワサビが効く~! 生ワサビはもちろん、ワサビ製品がいっぱい。
ワサビソフトクリーム、気になりましたw 最後にビリっと来るそうです。
下半分だけ薄緑の富士山ソフトなんてのもありましたよ。
ワサビ煎餅なるものを買いました。辛いかな・・・



鮎壺の滝ここ
県道から住宅地に入り・・・d0009105_21473527.jpg

















右に曲がり・・・
d0009105_214864.jpg














住宅地の後ろは公園・・・
d0009105_214962.jpg


こんなところに!!
d0009105_2150679.jpg









d0009105_21502954.jpg



















ドドドドーー!!!! d0009105_21505187.jpg




















d0009105_2151183.jpg

d0009105_21513638.jpg


d0009105_21515215.jpg

d0009105_215299.jpg

d0009105_21523075.jpg


水の少ない時の画像をお借りしてきました
d0009105_22151150.jpg













水の多い時の画像をお借りしてきました。台風のあと。
d0009105_22122799.jpg







詳細は ⤴の沼津市のHPをご覧くださいませ。とても珍しい滝で元地学好きの身としてはまたゆっくり行きたいです。

県道ということでバスを停めておくわけにいかなかったのか、近くの駅前に移動していました。
近くと言っても踏切を越えるのにU字に歩かなければならず、一汗かきました(;´Д`)
次に来たバスは停めっぱなしのようでしたけどね~。STEPトラベルは律儀な会社なんでしょう。



ジャンボひものセンターここ
大型の、とろあじの干物を買いました。
何も言わなかったのに保冷材2個で挟んでありました♪
食べてしまい画像がないのでHPよりお借りしました。 あじ~♪
d0009105_0591871.png




途中、富士宮市を抜けるときに見えた大鳥居(FPからお借りしました)
d0009105_23594040.jpg

調べたら、富士山本宮浅間神社でした。家康がらみだと巨大ですね。




春は桜、秋は彼岸花で有名、富士山の眺望が素晴らしく見晴台が設けてある
興徳寺ここ

興徳寺のある富士宮市は、三島からかなり離れていて、途中で山越えしました(オーバーね)
曲がりくねった登り道は通勤時間のせいか対向車線の車がけっこう多く、曲がり角で立ち往生したりどちらかがバックしたりで一時間ほどかかりました。怖かった・・・

着いたのが日の落ち掛けで、薄暗いお寺の彼岸花って怖くない?と思いましたが、
晴れていましたので何とか大丈夫でした。
やはり富士山は見えませんでしたけど。
見えるときこんなだそうです
d0009105_23185711.jpg


お寺入り口の看板の前でバスを降ろされ、あとは坂を登らねばなりません。
乗用車などは大丈夫でお寺にはちゃんと駐車場があるんですけどね。
300mとはいえ、坂は辛い・・・坂が急になったところで、杖の方が脱落。
お寺の階段の下で次々に脱落、順に増えたので分かりませんが、
私も仲間に入った段階で5名ほど(~_~;)
d0009105_23192398.jpg

















途中に咲いていたシャンパンゴールドの彼岸花
d0009105_23173179.jpg

















彼岸花は色んな色があるそうですね、赤、オレンジ、白、黄色など。知らなかった。

S坊はいつもながら、私の手を取るわけでもなく、先にスタスタと進み
(骨粗鬆症のくせにw)
「階段を登って本堂でSariの分も拝んできたよ~、見晴台があったけどアレ何?」
と能天気。お守り欲しかったんだけどな・・・

バスに戻ったときにはすでに暗くなっていて、すぐ高速に乗れたのですが、
どのルートなのか皆目分かりませんでした。

帰りは途中まで新東名だったのが、立ち寄った、駿河湾沼津SAで初めて分かりました(;´∀`)
きれいでオシャレなSAでしたが、トイレ休憩ですので15分しかいられず残念。




かなり縮小しないと三島から興福寺の位置全体が見えないのでPCを写してみた。×が興徳寺
d0009105_071116.jpg

三島・沼津あたりは伊豆と言っても、伊豆半島の付け根みたいなところですよね。
北伊豆と称して最近は「北伊豆ジオパーク」これの活動に力を入れているそうです。
以前行った柿田川遊水地なども含まれ、今回の鮎壺の滝も地元のボランティアガイドの方が二名で案内してくれました。


お土産
d0009105_0121110.jpg

真ん中のはSAで買ったブロッコリー・チーズ・ベーコンのフランスパン、カップ入りのミニミニクロワッサン、梨は豊水とあきづき。
横浜ハーバー、子供の頃からCMでお馴染みなのに、なぜか一度も食べたことがなかったのでバラ売り発見したのでw


ひものセンターで買った、とろあじは、本日おいしく食べました\(^o^)/

お疲れ取りに翌朝シークワサージュースでクエン酸たっぷりジュース
d0009105_1625177.jpg

沖縄語のシークワサーはインドネシア語でジェルッ(ク)と言います。
バリではいつも砂糖抜きでね!!と言わないと大さじ5杯くらい入れて来る(◎_◎;)


.
[PR]

by bumidayat | 2018-09-20 01:36 | お出かけ | Comments(2)

9月3日 御岩神社三たび&大洗磯前神社・笠間稲荷神社

懸賞 2018年 09月 05日 懸賞

9月3日(月) 日帰りバスツアーに参加しました。
【御岩神社・大洗磯前神社・笠間稲荷神社 常陸の国三社めぐりと那珂湊で海鮮丼の昼食】
7月に申し込んだので、気温や天候が全く読めなかったけど、運よく台風の直前で良かったです !

出発は毎度の千葉県松戸駅前(我が家は東京の端なので一番楽な出発地w)
東武野田線の江戸川台駅前でさらに参加者を乗せて常磐自動車道へ。
総勢24人。平日だからか中程度の人数ですね。(経由しなければ八潮か三郷から高速乗れたんですけど(^^;))

今回のバスの座席は最高 ! フットレスト、ふくらはぎレスト、椅子の間隔、座り心地も良く楽ちんでした♪
以前、一人座席のバスに乗ったことがありましたが、それより楽かも。
添乗員さんは余計なこと言わず一人参加の方への面倒見が良く、運転手さんもニコニコと気遣いのある方でした。

後ろの座席のオバサマ二人はずっと喋っぱなしでw
久しぶりにオシャレで元気な典型的なおばさんを見たわ(^^;)
途中から何か臭う(~_~;) S坊に言ったら後ろを指さして「糠漬けw」
うーむ多分一人が自家製のを持ってきたんだろう、でもあれだけ喋りながらよく食べられるものだと(;´Д`)
お菓子なんか多いけど糠漬けは初めてだ(^^;)


三度目の御岩神社
d0009105_1784839.jpg


ツアーでは初めて。滞在時間が一時間十分なので、御岩山を登る賀毗禮神宮(かびれ神宮)
にはまた行けなかった。
d0009105_1710129.jpg

一回目は大雨、二回目はS坊と半ばまで頑張ったけど、山道が雪解けで滑りやすく、背骨と腰の具合が悪くなり断念。
なかなか参拝させてもらえないのは神意なんだろか(;´Д`)
(御岩神社はたくさんの神とお社があるの。宇宙から立ち上る光を見て米国の宇宙飛行士が訪ねてきたことがあり、日本最大のパワースポットとされてる。創建は古すぎて不明)


社務所で奉納品のお菓子を渡したら、
以前は後に宮司さんから丁寧なお礼状が届いただけなのに、
今回は御神饌を下さり、
巫女さんが神楽鈴をシャンシャンと頭の上で振り鳴らしてくれました。d0009105_17443744.jpg

御朱印もらいで並んでいる人たちが驚いて見ていて恥ずかしかったけど、
有難いことでしたm(_._)m







前回、御岩神社の横に何か作っているなと思っていたら、立派な参集殿でした。
d0009105_2371794.jpg


パワースポット流行りと御朱印集めで参拝者が増え、神社も潤ったのでしょう。
なんと巫女さんブログも出来ていました。巫女ノコトノハ



御岩山からの湧き水で作られた豆腐などと豆乳ドーナツがおいしいと有名なお豆腐屋さんに行きました。
広い駐車場の一角には湧き水が出ていて、乗用車ゃ軽トラ、大型バスの団体さんが参拝帰りに行列してポリタンクに水を汲んでいるのが見られます。
 前回はドーナツが売り切れで、お豆腐だけ買いました。とてもおいしかったですが、
今回はこの後色々寄り道するので是非ドーナツだけ買いたいと・・・


d0009105_16394756.jpg380ccのブラボトルしかないけど、湧き水汲んでるS坊を待つ間にドーナツとサイコロ厚揚げをゲット♪

揚げたて熱々のドーナツをベンチで一つ頬ばりました。
砂糖ほんの少しで豆乳たっぷり使っているせいかモチモチ♡
 ちょっぴりだけS坊にお裾分けw




いい季節に、背骨の調子を整えて、時間をたっぷり取り、またかびれ神宮目指して来ようと思いました。

御神饌などd0009105_2315456.jpg















御神饌の中身は御神米、なた豆茶、御祓塩でした。d0009105_2343071.jpg



















ずらーっと水産物のお店が並んでいる那珂湊おさかな市場

d0009105_17483368.jpg


ヤマサ水産のレストランで昼食。ここは4回目w
向かいの市場で取れたてを提供しているので文句のあるはずもなく\(^o^)/
メニューd0009105_16424583.jpg

















ツアーの団体だからどうなのかと思いましたが、個人で来たときと全く変わらず良心的♪
海鮮丼セットd0009105_16433795.jpg









食後、並んだお店で買い物。もー新鮮で安くて買いたいお魚いっぱい !
小アジ一山200円、イカ一山300円、ノドグロ小も一山700円などなど、ヨダレ出そうでしたが、帰ってから下ごしらえや調理のこと考えると諦めました( ノД`)
ほかの方はあれこれトロ箱に詰め込んで、バス下部に収納してしてもらっていました。

私は涸沼の大粒シジミ、d0009105_16452975.jpg帰ってから小分けしたら、2人分×4~5回の味噌汁が出来る量でした。
冷凍するとおいしくなり、栄養価アップなので重いのを持ち帰る甲斐があります。






しらす煎餅♪d0009105_16455044.jpg我が家用に1個、あとはお土産。おいしいのよ、これ♪










那珂湊から近い、ひたちなか市の大洗磯前神社(いそさきじんじゃ)
d0009105_23581679.jpg

昔は朔日の大祭には鹿島神宮から神官が矛を携えて馬に乗ってきたそうです。鹿島神宮と比べればかなり新しい神社ですが、創建は文徳天皇の頃ですので今からしたらかなりの古社)

海岸から見上げる社殿のある高台
d0009105_23594412.jpg


本殿前から海岸を見下ろす階段
d0009105_005076.jpg
登るのが嫌で下りませんでしたw

海岸の岩場には神鳥居。少彦名命が降り立ったという神磯の鳥居
d0009105_011466.jpg私が見たときはこんな感じでのんびりしたものでした。







明日からの台風では波が高く、こんな素晴らしい映像が見られるのでしょうね。
youtube
初日の出、夕日、そして大風の吹く日ほどカメラマンが集まるそうです。危険よね。

夕陽の時の画像を借りてきました
d0009105_1750425.jpg





d0009105_2353578.jpg















大洗磯前神社は、阿字ヶ浦の酒列磯前神社と対だそうです。
緑が酒列磯前神社。赤が大洗磯前神社。

酒列磯前神社は白亜紀の地層が露出した海岸のある阿字ヶ浦にあります。
なかなか趣のある神社のようです、那珂湊から近いし電車もあるので一度行きたいものです。



笠間稲荷神社
HP
午後3時くらいに到着。ずっと曇りや小雨パラパラだったのに、晴れ間が出てきた。
そんなときに限って、駐車場からまた歩かされた。今度は400mくらいだったけど、暑かった~!
駐車場は笠間稲荷の真横にあるんだけど、住宅が建て込んでいて、コの字型に道路を進まないと入れない(~_~;)

大きなお稲荷さんでした。日本三大稲荷だとか。
d0009105_2125664.png


あちこちに狐さんがいっぱいでした♪
d0009105_2145246.jpg
d0009105_2362100.jpg























笠間稲荷の6月、夏越しの大祓式-茅の輪くぐり-は中臣式で行われ、
12月の大祓いは、鹿島祓といい、現在まで続く宮司の先祖が鹿島神宮から迎えられたことによるものだそうです。
 大洗磯前神社に加えこの笠間稲荷も、古代から続く鹿島神宮と深い関係があるんですね !


私は神社や神宮でお願いはしないんです。神様たちって個人の願いなんて叶えてくれない存在だと思うので。
だからいつも、世の中が平らかでありますように、とか世界中の人が幸せでありますように、なんて祈ります。
 でもね、お稲荷さんだけは個人の願いを聞いて叶えてくれると思ってます。過去に身近で苦労した人を知ってるから。願いを叶えてくれる代わりに後々参拝して信心し、加えてお供えを欠かさないとと大変な目に遭う、有難いと同時に畏れるべき神様で、軽々しくお願いしてはいけない(;´Д`)
 だから、どっちにしても神様に些末な願い事はしないんですw


行きも帰りも常磐道を通り、守谷サービスエリアの地元野菜売り場などで、
新米や桃とか曲がりニガウリ、ゴボウなんか買っちゃいました。
d0009105_2302566.jpg


.
[PR]

by bumidayat | 2018-09-05 03:42 | お出かけ | Comments(2)

久しぶり~♪

懸賞 2018年 08月 07日 懸賞

久しぶりに、日帰りバス旅行、ご招待~♪

10年以上前に通販会社で何か買ったらキャンペーン中とかでご招待され、
以来、名簿に載ったののか、何も買わないのに数社からたまにご招待状が届くw

こういうのって、ほとんど宝石屋とか毛皮屋などに寄って展示販売するんだよね。
でも押し売りするわけでもないので買わなきゃいいだけで。
集められてつまんない説明聞くのさえ我慢していればいいの、私どうせ耳あまり聞こえないしw
買ってる人は一割も居ないんじゃないかな~、結構みんな参加慣れしているのだと思う。

味をしめて、スーパーなどのお店のキャンペーンのときは応募していたけど、
ほとんどが割引価格の「ご優待」。珍しくご招待で参加したら、バス内の乗客の内、ご招待は私一人でびっくりしたことがある。ご優待を多くしないと旅行会社も儲からないもんねw

最近はないなぁと思っていたので嬉しい。
行ったことのないところだし、珍しく同伴者価格がお安いので、平日にS坊と共に申し込む♪

9月は義妹の手術もあるし、お出かけもあちこち忙しいなぁ、涼しくなっているといいのだけど。

d0009105_3163970.jpg










実は私、いつも宝石屋とか毛皮屋から早く出て、近くを散策したり、スーパーやお店を探すの。
地元のスーパーって楽しい♪ お土産屋よりいいものを発見したりね。
昔、宝石屋を抜け出して、八百屋さんで新鮮でお安い甲州ブドウを山盛り買ったこともあるのよ。




.
[PR]

by bumidayat | 2018-08-07 03:18 | お出かけ | Comments(2)

7月13日 成田山新勝寺と佐原の大祭

懸賞 2018年 07月 15日 懸賞

【成田の名店「川豊」でうな重の昼食 絢爛豪華な曳き廻し !
                  ユネスコ無形文化遺産の佐原の大祭】

    と題するツアーに参加しました。

旅行会社が千円の値引きキャンペーン中でしたのでラッキー♪


成田山新勝寺
ここポチ
d0009105_194601.jpg


d0009105_1362411.jpg


d0009105_137339.jpg


d0009105_1372143.jpg



タイの僧侶のようなオレンジ色の袈裟のお坊様が階段を登っていかれました。聖天堂の方かな?
d0009105_1373983.jpg


d0009105_1375469.jpg




d0009105_1381237.jpg

たまにはいいかも♪ 記念撮影風のS坊
d0009105_1383342.jpg



何の行列でしょうか、色とりどりの袈裟のお坊様たちに挟まれて紋付き袴の男性が本堂へ。
d0009105_1385614.jpg


d0009105_139185.jpg

今回はエレベーターが三か所あるのに気づき、楽でした。
今まで、夏・夏・初詣、知らずにハーハー言いながらでした。
ちゃんと調べろって? (;´Д`)



川豊別館
ここポチ

宴会場のひとつ。ここでランチd0009105_251326.jpg




鰻~♪ ふっくらして、あっさり目のタレでおいしかったです。
d0009105_2502847.jpg


(でも正直言うと、鰻は、同じ成田門前の駿河屋の方が好き。成田はどこで食べても美味しいんだけどね)
駿河屋

川沿いの広い敷地に美しい庭、従業員の教育も行き届いていいお店でした。
が、大きな店なのに、バスの停められる駐車場がないとはこれいかに!
川向うの広大な私設の駐車場にバスが止まり、炎天下を400mも歩かされました(◎_◎;)
店の前で私達を降ろし、迎えに来るとは出来なかったのでしょうか、
旅行会社にクレーム付けたい( ノД`)

何度もツアーを利用しましたが、こんなのは初めてです。
本店が満員だったのでしょうかねぇ。





空の駅さくら館 成田空港 離発着の航空機の洞っ腹が見えるんですよ。
ここポチ

youtube圧巻です

d0009105_1475143.jpg

道の駅ならぬ、空の駅ですから、地元産の新鮮な野菜などと、飛行機グッズ、中のカフェでは機内食風ランチも食べられます。
ホワイトコーン、枝豆、空芯菜など色々買いました♪


佐原の大祭
ここポチ

夏祭には10台、秋祭には15台の山車が出るそうです。
それぞれの町の人々手作りの趣向を凝らした見応えのあるものです。
d0009105_453676.jpg


田宿の伊弉那岐尊
d0009105_19551763.jpg










仁井宿の鷹

ここのお囃子はキレがあり複雑な旋律を見事に演奏していました。
各楽器(?)の調律と演者の技術がマッチして胸に響き、感動しました。
元音楽関係だったS坊も同感だそうでしたので、ますます納得♪
二人でしばし聞き惚れました。

d0009105_1411049.jpg


なんか梅沢富雄似のおじさんが写ってしまいました(;´∀`)
d0009105_1405250.jpg





d0009105_1412777.jpg
d0009105_1415947.jpg
d0009105_1421848.jpg




上仲町の太田道灌
ここの演奏は太鼓の音が大きく、調整がゆるいような気がしました。
S坊は、少しゆっくりで全体が優しいんだよと好意的な意見w
d0009105_143260.jpg
d0009105_1423890.jpg
















八日市場の鯉
ここは調整中でお囃子が聴けませんでした。残念
d0009105_1441154.jpg


d0009105_1434536.jpg







調べたら、ここのお囃子は、日本三大囃子とされ、
ゆったりした段物、テンポの速い端物、儀式の役物など40曲以上あるそうで、
楽器は笛・大皮・小鼓・大太鼓・小太鼓・すり鉦で15人位で演奏される和楽器のオーケストラで、
情緒的なメロディーを主体とする独特な響きの祭囃子は佐原囃子ならではだそうです。



私達の聴いた曳く時のものは、複雑で難しそうな旋律ですが、華麗で躍動感に満ち、豪華な山車屋台にマッチしていると思います。

暑い中、他の通りまで遠征できず数台の山車しか見られませんでしたので、
秋祭りには是非また来たいと思います。
10月はツアーでなく個人で来るぞ~!ヾ(*´∀`*)ノ



あれこれ買ったお土産
d0009105_1452825.jpg













成田山開基1080年祭 御開帳記念 成田うなぎ祭りのパンフ
d0009105_1461467.jpg毎年こんな感じなんだけどw











図の参道が、うなぎロードになってる(^v^)
d0009105_1463483.jpg

☆そうそう、酒蔵見学にも行ったのでした。忘れてた(;´∀`)




















さすが成田。このキャッチコピーは秀逸だと思う(^^)v 英語版もありましたよ♪
d0009105_1471867.jpg




.
[PR]

by bumidayat | 2018-07-15 16:38 | お出かけ | Comments(4)

5月5日 れきはく「世界の眼からみる古墳文化」

懸賞 2018年 05月 07日 懸賞

久しぶりに千葉県佐倉の国立歴史民俗博物館♪
ここよ

カメからバス13分、青戸から京成の無料特急で44分+バス3分で到着♪

5月1日に手賀沼の道の駅でパンフを発見。なんと開催期日が6日までだった。
最終日でもと思ったけど予想気温が30℃近くまで上がるというので、
少しは低い今日しかない・・・

企画展示『世界の眼からみる古墳文化』
d0009105_2301234.jpg

 【日本国は、林立する巨大古墳の中で産声をあげた。大型遺物を築く社会は世界の歴史上たくさんあるが、日本の古墳のスケールと築造数は群を抜いている。
こんなユニークな文化がどのようにして生み出されたのだろうか。
世界各地の王墓や神殿と比べながら、出土品や関連資料から古墳の本質に迫る。
さらに、考古学の眼だけでなく、過去の日本人、海外の考古学者ね現代のアーティストなど、時空や立場を越えたさまざまな眼に映る古墳やその社会のイメージを、記録や作品、模型ゃ映像などを使ってのぞいてみる。
古墳って何だろう?
多彩な展示品の中から、新しい古墳像を洞察していただければ幸いである。】

だそうな。


主な日本の展示資料
 大阪府七観古墳出土品 衛角付冑
 奈良県左紀陵山古墳出土鏡およびマエ塚古墳出土鏡

 熊本県マロ塚古墳出土 鉄製甲冑・鉄刀ほか
d0009105_2322523.jpgこの遺存状態は素晴らしい !!












 伝群馬県出土 武装男子立像埴輪
d0009105_2333341.jpg
これ1m30cm以上あるのよ、いかに大きな古墳か分かるよね。
近づいてみると、撫でつけた刷毛のあともくっきり。鎧は紐で結んでいたのも分かる。

 福岡県珍敷塚古墳ほか石室壁画模写d0009105_2353597.jpg
d0009105_2364073.jpg




























 熊本県千金甲1号墳装飾穴式石室 実物大模型
d0009105_2375835.jpg



 福島県の放射能値が高く立ち入れず、塩が吹き出し始めたという双葉町の清戸迫7号装飾墓の画像が悲しい。
d0009105_2394253.jpg

福島の装飾墓は全部が被災しており、これからどうなるのか。中にはそれそ゜れ数百の夥しい数の刀や玉などが出土し、床にまで丹が塗られた特異なものもあるのに。

などなどなど・・・

ピラミッドの説明はもうゲップ、ペルーなど南米・中米のものは科学博物館でたっぷり見たし、
中国のは日本のとは異質、韓国のは日本と関係の深い土地のみに古墳が存在しているのは調べて知ってる。
ので、やっぱり日本の古墳ですよ !

かなり力を入れて展示されていたのは分かるが、やはり常設展示の第一展示室(古代)の質や量には及ばなかった。
でもね装飾古墳の再現は素晴らしかった。

あの模様、デザイン、圧倒的なパワーを感じる。
もしかして古代と今の日本人と全く違う人種ではなかったかとさえ思わせる。
あの生命力がほとばしるような感覚の持ち主でなければ、現代まで命を繋げてこれないのかも知れないね。

今回は紗のような薄絹のような薄い布に、装飾古墳の柄がプリントされて天井に吊るされていた。
ほっ、欲しい・・・どこの美術展へ行っても館内の装飾に展示品に合わせて秋草文様などがプリントされた薄い布が飾られている。終了したらどうなるのかしら、いつも欲しいと思う(;´∀`)

第一展示室が3年越しのリニューアル中で見学できず。
今回のテーマだと是非一緒に見たいのに、片手落ちだと思う。
3年て長くない? 建て直してるわけじゃないのにな・・・

ちなみに、古墳の一生というか末路というか・・・
それぞれ違う古墳だけど、こうして消えて行ったところが沢山ある。
d0009105_2311732.jpg復元された当初の姿







d0009105_23114963.jpg







d0009105_23123848.jpg







d0009105_23132384.jpg







d0009105_23141256.jpg





終いには畑の真ん中に石室の石だけポツンと残ったりね。石舞台なんてその最たるものかも。


ランチは劇混みで並んでいた館内レストランさくら、メニューここ
(一度古代米カレーを昔食べたけど味が物足りなかった)ではなく、

駅のファミマで買ったサンドイッチを木陰のベンチで食べました♪
d0009105_0522311.jpg

気温は高めだけど快晴で、木陰は風が涼しく気持ち良かった♪
城址の内堀の傍で、昔の殿様にちょっと申し訳ないような・笑
みなさん、ベンチや芝生で楽しそうでした。


佐倉城址の国立歴史民俗博物館は、京成佐倉駅とJR佐倉駅との間にあります。
この広い区域を含めたかなりの土地が11万石のお城を中心に広がっていたわけで、かなりの力を持っていたんですね。
当時の時代にあまり興味がなくてすみませんが、堀田氏は譜代だからかもね。

この区域には武家屋敷や竹林などの散歩コース、美術館なども多く一日楽しめるそうです。
そして、名物が、うなぎ ! 成田や印旛沼が近いせいですね。

私はいつも博物館だけですが(;´Д`) 一度S坊を連れて行ったときは、駅近くのステーキガストでした。なんだか情けないw

ミュージアムショップの上部の一面ガラスは、ロビーから見ると庭の木々が美しく、まるで屏風絵のようだと、毎年れきはくに「桜屏風」として鑑賞会が行われて大人気だそうです
d0009105_23231760.jpg
これは「夜桜屏風」鑑賞会の画像
今回は新緑屏風wでこれまた美しかった。これも鑑賞会すればいいのにw




帰りの電車は、成田空港発ですので、トランク持った人で混雑し、座れなくて脊柱管がますます痛み出した上、次の駅で停車中にせめて空いている車両に移動…と思っても特急ですから、なかなか止まらない( ノД`)シクシク…
次の駅で嬉しいことに一人降りたのでなんとか・・・

よちよち歩きでバスに乗り換え、何とか帰宅。いつもは痛くなっても数十分でとりあえず回復するのですが、最近はなかなか…。対症療法しかないから悪化しているのは当然。
この中途半端な状態だと、まだ手術というわけには行かずで、更に辛い状態になるのを待つだけってのも何だかナと思います。

最期はグチになりましたが(;´∀`)

怪し気だった脊柱管が痛み出しているのに、欲に駆られて駅近くのローカルスーパーで買い物してしまった。
さすが千葉県、魚が新鮮でスーパーでみたこともないようなお魚もあり、
醤油の名産地なので、当然みそも作っているわけで、地元佐倉のメーカーのも。

d0009105_23161962.jpg千葉の納豆、房総そば、佐倉の小分け味噌、千葉産はまぐり、名産いちご色んな種類のうち大粒「愛ベリー」











ミュージアムショップでも(;'∀')

ミュージアムショップは古墳グッズでいっぱい♪
d0009105_23251277.jpgd0009105_23255015.jpg


d0009105_2317215.jpg









古墳ペーパークラフト・歴博瓦せんべい・勾玉作りキット・三角縁神獣鏡キーホルダー・千葉産竹炭石鹸・ポストイット猫あそび・半分復元古墳絵葉書。

d0009105_23174449.jpg






何に使うのか分からないストレージバッグ、柄が可愛くて買ってしまった。工具用なのかねw
マーベル映画のヒーローのドクターストレージはどういう意味?



.
[PR]

by bumidayat | 2018-05-07 00:25 | お出かけ | Comments(0)

連休の狭間に

懸賞 2018年 05月 01日 懸賞

シッター最終日でもあり、連休の狭間でもあるので、
始発のバスでお花茶屋でシッターを済ませ、
京成で高砂・柴又経由金町駅乗り換え、JRで25分我孫子駅。
バス7分で、満天の湯・道の駅しょうなん 到着。
大腸ポリープ取り後、ひと月は遠出は控えてと言われているので、通勤圏内のここならと♪

晴天でしたが、暑かった~! せっかくの温泉でサッパリしたのに帰りは汗だく(;´Д`)
でも、新緑の手賀沼は初めてでしたので気持ち良かったです♪

先日の常陸多賀の温泉にはそうそう行かれないから、
ここ満天の湯入り口脇で地元野菜の販売所や無料の足湯もあるの。
朝一でもあり、連休の隙間の平日でもあるせいか空いていて、どのお風呂にも気兼ねなく入れました♪
帰るときは駐車場が満杯に近くなっていましたので、あの後は混んだのかも。


道を挟んだ、ここ道の駅しょうなん
朝取り野菜や搗き立ての栃餅など買ってきました。相変わらず重い・・・

モロ湖畔なので水辺で休んだりも気持ちいいです。
みなさんジョギング、サイクリングなど、楽しそうでした。

ポタリングと言うの? エイリアンみたいな帽子のサイクリスト(ボタリストか?)が、
汗を流すために温泉や、お昼ご飯調達のため道の駅を利用していました。
私は、お野菜買うのが目的の時は、満天の湯は、無料の足湯だけって時もあります。

以前、桜の時期に車で行きましたが、帰りの運転のS坊がちょっと可哀そうでした。
温泉のあとって、心地よいだるさがありますよね。
私は眠たかったけど、S坊が我慢して運転しているのが分かりましたし、
居眠り防止に付き合って起きていました。
ですので今回も一人\(^o^)/


常陸多賀の極上風呂の温泉は、レンタカーで行き、その辺で車を返しちゃって、
特急ときわで帰ってくるってのもいいかもね。
 その場合は御岩神社も行きたくなっちゃう(;'∀')

☆ 温泉のロビーの一角に臨時の売店が出来ており、
茅野の生寒天があったので、喜んで買いました。がっ、重い( ノД`)シクシク… 
諏訪に行ったときに買った、ところ天がとんでもなく美味しかったので頑張りました♪

☆温泉の産直センターで、シークワサー(バリのジェルック)、桜ゼリー。桜は花びらが沢山入っていて綺麗♡
d0009105_2218286.jpg


☆搗き立てほかほか柔らかい栃餅、すあま、千葉県なのに茨城のマグロ昆布・タラコ昆布の佃煮、極細のニラ、細い茎の小松菜。他にほうれん草の生フェットチーニ。d0009105_22182388.jpg
[PR]

by bumidayat | 2018-05-01 22:26 | お出かけ | Comments(0)

4月10日 春の予科練のまち 阿見

懸賞 2018年 04月 15日 懸賞

茨城県公式観光情報サイト 観光いばらき 主催


花より団子! 春の予科練のまち阿見 いちご狩りとお花見・史跡観光ツアー
d0009105_2153254.jpg


とてもゆったりしたツアーで、各地への移動時間が10分程度。
出発、到着、共に余裕がある。

滞在時間、井関農機が一番長いのは何故?
そもそもお堅い一企業の見学って珍しい、と思いながら申し込みました。



【野口いちご園】
d0009105_19224319.jpg
d0009105_19231378.jpg
入り口にはワンコが二匹。とっても幸せそうでしたw
























いちご摘み、初めてでしたが、大きくて甘くおいしかったです。でもそう食べられるものではありませんねw
d0009105_19331995.jpg
d0009105_19333866.jpg



























入り口脇に小さい養蜂箱が。可愛いミツバチがぶんぶん飛んでいました。
d0009105_19383611.jpg





















広い敷地にビニールハウスがいっぱい。道の駅や何軒ものケーキ屋さんにも卸しているそうです。
d0009105_19421583.jpg
















チューリップ
d0009105_19425516.jpg


















いちごは大粒・不揃いと色んなサイズが。どれも収穫し立てでお安い!
みなさん大粒の箱入など買っていましたが、私は不揃いの普通サイズの袋入り♪
d0009105_23503480.jpg














ソファーにはちっちゃくって可愛らしい、ちっぷ君♪d0009105_23513511.jpg
















奥には桜の木が沢山並んでいました。もう花は終わってましたが、
鶏小屋の傍に、しだれ桜が。
d0009105_12452496.jpg
d0009105_12454267.jpg
d0009105_1246342.jpg


























バス2~3分の移動で
【産直センター】

d0009105_445431.jpg
d0009105_442555.jpg


筍がいっぱい。さすが地元で、朝掘り、安い!
     
d0009105_435590.jpg

さらに、昨日掘ったのは半額でめちゃ安(゚д゚)!
d0009105_432364.jpg














でも筍は重いし始末が面倒なので、他にあれこれ買いました。
地元の人も車で続々と来て買ってました。

駐車場わきの竹林

d0009105_423716.jpg














時間に余裕があったので、隣の牛久市の牛久大仏に寄ってくれました。
デカい
d0009105_462460.jpg

テレビで見るよりいいお顔でした。この辺りは芝桜で有名だそうで、周囲が真っピンクでしたw



車窓から完全耐震構造の完成間近の巨大流通センターや阿見アウトレットパークなど眺めながら、
丘の上の
【割烹みとや】

d0009105_0435019.jpg
d0009105_0445145.jpg




























二階の霞ヶ浦が見えるお座敷の椅子席で、筍尽くしのランチ。
これに筍の味噌汁が付きました。ご飯が筍ご飯だったら尚嬉しいけど、なかなかでした。
d0009105_0425526.jpg

天ぷらは、わさび塩で頂きました。

入り口脇に石の山のようなのが築いてあり頂上にお社がありました。
階段の傍の濃厚な香りの藤
d0009105_0432419.jpg












色とりどり芝桜
d0009105_0441258.jpg



またまたバスで10分

【予科練平和祈念館】
             
d0009105_6311249.jpg

リニューアルしてピカピカの建物。某氏デザインでグッドデザイン賞に輝いたとか。

飛行機乗りとしての勉強や訓練の他に、普通の授業も行われ、中には外国の歴史、英語なども。
教科書、ノート、敷地内゜の絵地図などを見ていたら、かなり英語の名称を使っていました。
日本語に置き換えるのが難しいのもあったでしょうが、ほとんどの技術や設備が外来のものだったからかも。
なんとなく陸軍とは違う、自由な誇りのようなものを感じました。

家族に送った筆書きの巻紙の遺書には涙が出てしまいました。19歳よ(;_:)


父の兄の一人は、志願して入隊し、九州から出航すると知らせが来て祖父が慌てて飛んで行ったそうですが間に合わなかったそうです。戦後送られてきた骨壺には石が入っていたそうで、任務も出向先も教えてもらえずでした。19歳くらいではなかったのではと思います。

ゼロ戦の同サイズで復元。内部までそのままだそうです。
d0009105_633290.jpg
d0009105_6334397.jpg




























回天一型実物大模型。
魚雷に乗り込むという狂気の兵器。
d0009105_1240887.jpg


日本の軍部は分不相応な戦いに気づかず(いや気づいていてもやめられず)子供や年寄りまで兵隊に取り、動員し、国民の財産を取り上げて兵器に変え、着るもの食べるものさえ与えず、天皇一家にさえ耐乏生活を強いて、
軍上部はいつも通りに豊かに過ごして机上で指令を出していたわけです。

米国は、スピルバーグの映画「1941」に見るように、国民はいつも通りに暮らして戦地へ行った家族の帰りを待っていたのです。
相手になるわけがありません。

相手になろうがなるまいが、どの国とも決して戦争はしてはいけない。
 負けても勝っても、いいことなんてひとっつも無い。
好戦的な気持ちを持っている人は、指図する立場になって自分や家族は一人も死なないと思っているからでしょう。バカです。



見学中、近くにある自衛隊の隊員らしき人たち、5~6人も見学していました。
黒くて金ボタンの制服に帽子で、みな背が高く素敵に見えます
。一人は一面ガラスから中庭に向い、じっと佇んでいたので、思う所があったのかと勝手にグッときましたw(飽きたのかもw)

中の一人を遠くから分からないように。
d0009105_6363522.jpg














帰るところを見ていたら、どうやら自衛隊の人はフリーパスのようでした。

また、先週行った雨引観音への乗り換え駅・友部駅近くには「筑波海軍航空隊記念館」があるそうです
筑波海軍航空隊記念館
映画「永遠の0」 のロケ地にもなったそうです。
(TVドラマにもなってたんですってね。知りませんでした。
DVD見比べてみようかしら)
筑波海軍航空隊wikiwiki

販売されていた予科練、海軍関連の書籍以外のもの。カレーとかドロップとか。
d0009105_6383223.jpg




【茨城大学農学部】あみ観光ボランティアさんたちと巡りました。
茨城大学農学部の一部
d0009105_9174835.jpg


霞ヶ浦海軍航空隊は、水上機及び陸上機の練習場として、霞ヶ浦があり最適な場所という事で、
大正10年に霞ヶ浦飛行場ができました。英国のピンセル教育団の講習が行われ、大正11年に海軍航空隊3番目として開設されました。
気球飛行機ツェッペリン号も飛来したそうです。

その後、昭和14年から15年に土浦海軍航空隊が開隊されるまで、予科練教育も行われました。

戦後は、私立霞ヶ浦農家大学→県立農家大学→茨城大学農学部となり、戦跡は数多く残っています。学校であった事で戦跡が残りやすかったのではないかと思いました。
その一部を ↓


方位盤と説明文
d0009105_9434719.jpg
d0009105_9442230.jpg




















現在残されている第一士官宿舎階段親柱と説明文
d0009105_9421074.jpg
d0009105_9424959.jpg























有蓋掩体壕(ゆうがいえんたいがいこう・飛行機の防空壕)
空襲から飛行機を守るために飛行場周辺に造られ、
霞ヶ浦海軍航空隊飛行所周辺に21基が造られた有蓋掩体壕で唯一残されたものだそうです。
d0009105_9351370.jpg













内部
d0009105_9371610.jpg











格納庫で働いていた大勢の人のためか大きな地下防空壕 
d0009105_9311597.jpg
古墳みたい・・・





軍艦旗掲揚塔と説明文
d0009105_939253.jpg
d0009105_9401271.jpg






























【井関農機茨城センター】
井関農機
説明するのは井関農機のおじさまで、本業ではないので照れくさそうで可愛かったです(^m^)


井関農機茨城センターは飛行場の中央に位置し、格納庫群のあった場所です。
d0009105_9533561.jpg










6棟の飛行機格納庫(鉄骨赤煉瓦造平屋建)が計画的に配置され、中央の格納庫は修理が可能な工場となっていました。
d0009105_9541360.jpg













入り口のみ縮小し当時そのままで利用している元格納庫の前で説明を聞いているときに、ちょうど扉がガラガラと開き、なんという臨場感(;'∀')
d0009105_1025454.jpg
d0009105_1041992.jpg































 格納庫両サイドには、戦闘指揮所が2か所あり、昔は、地上から管制する高度の技術もなく、誘導員が手旗信号で離着陸を行っていたそうです。

戦闘指揮所-1
d0009105_1012282.jpg









戦闘指揮所-2
d0009105_10105588.jpg
敷地奥にある戦闘指揮所-1と同型なのに、あちらは当時のまま倉庫として。こちらはきれいにして使っているのはなぜ?と聞いたら、照れくさ気に、門に近いですしねとw




明治時代は戦時関係の建物でもやはりある程度の装飾は常識だったのでしょうか、鉄枠のミネラルガラスの窓や入り口の鉄アールデコの装飾が素敵。

戦争遺跡というものがここではほとんどそのまま平和的に利用されているので、建設した方は少しでも安堵しているといいなぁ。

※ 画像は茨城大学内と井関農機内のと混同しているかと思います。ご容赦。


ここでは映画「サクラ花」のロケが行われたそうです。
桜花とは、特攻隊の乗せられた飛行機、飛行機と言えないものかも。
ポスターの出演者を見てあらまっ・・・
だって、お笑い芸人の三瓶、海老名の三平、演歌歌手、主題歌作詞が海老名香葉子、歌が泰葉・・・
どんな映画か検索
サクラ花HP
youtube
自主制作のような形で頑張ったようですが、やはり予算が少ないとなかなか難しいものだと思いました。



敷地内の八重桜の下でお花見。
出来たてのお団子、カステラ、煎餅、お茶のサービス。
d0009105_343364.jpg
         d0009105_3433912.jpg

















だいぶ食べてしまいましたが(^_^;)
   
d0009105_34431.jpg


お土産に井関農機のステンレスの銘々皿というかナッツ皿というか、と説明してくれた方の奥さんとか娘さんが作ったのでしょうか、松ぼっくりに着色したストラップも頂きました(^^)
d0009105_10565143.jpg
ロゴ、ないといいのに。スミマセン(;'∀')


コイン精米小屋?が敷地内にたーくさん並んでいました。見学が終わってから聞いたら、
外に置いているのは設置場所も外だし、一番の売れ筋で、どんどん出荷してしまうからだそうな(´∀`)
シャッター閉めてありましたが、これかな
d0009105_3341682.jpg



巨大なトラクター もありました。タイヤだけでも人の背ほども。3,000万円だそうです(;'∀')
d0009105_329366.jpg
都バスのハイブリッド車の2,000万円に驚いたけとれどもっとですねw










阿見に行って驚いたのは、町全体が戦争に利用された町であったこと。
井関農機に限らず、広大に敷地を持つ大企業のほとんど、個人のお宅の一部に戦争遺跡があるそうです。
d0009105_11302645.jpg
d0009105_1131995.jpg

d0009105_11313945.jpgこの半円は、霞ヶ浦空の貯水池跡

阿見小学校西門。かつての霞ヶ浦海軍航空隊隊門。

この道は、かつての誘導路。当時は幅18m。











行った日は晴天で、いちご狩り、産直センターと長閑な生活感の中に、
何かカラリとした一抹の無常観のようなものを感じました。
二度と戦争なんか起こしたり、巻き込まれたり、鼻突っ込んだりして欲しくないです。

このツアーは茨城県観光協会、阿見町、JR東日本が協賛してやっているようで良心的なお値段で知られざる人気旅行のようでした。
参加者のほとんどがリピーターで、添乗員さんに「お、まただね!」なんて挨拶している人もいました。

説明ボランティアは地元の議員さん(帰宅してから分かった)、県だか市だか町だかの職員さん(多分)、あみ観光ボランティアガイドの女性、加えて井関農機のおじ様。
添乗員さんはなぜか二名。
(日本の場合、初対面でも名乗らないことが多いので誰だか分からないままって事が多い。病院でも最近は看護師は名札を付けているけどドクターは無札。検査を受けてもドクターなのか検査技師だか分からない)

15名募集で参加者10名。全くの赤字ですよねw
茨城県の各地の駅から出発の格安なツアーが色々設定していますが、うちからの交通費と兼ね合わせると、
せいぜい今回の荒川沖駅発、次の駅の土浦までが限界ですので
次はいつ参加できるか・・・





.
[PR]

by bumidayat | 2018-04-15 01:35 | お出かけ | Comments(2)

「常よりも春辺になれば桜川 波の花こそ間なく寄すらめ」紀貫之

懸賞 2018年 04月 09日 懸賞

4/6(金)桜川市の雨引観音、常陸多賀の湯楽の里、ひたちなか市の那珂湊おさかな市場へ行きました。

まず、特急ときわで友部まで約45分。鈍行でも1時間ちょいなのでのんびり行くことも可なのですが、特急券も大した額ではないし後の移動を考えるとね。


友部で水戸線に乗り換え、途中の笠間稲荷で有名な笠間駅周辺では延々と続く桜並木が見事でした。も少し早かったら、すんばらしい画像が撮れたのですが、今年の桜は急ぎ足w
15分で桜川市 岩瀬駅到着。
d0009105_11133042.jpg
d0009105_11134716.jpg
















桜川市は、真壁のひな祭り、謡曲の桜川で有名だそうです。
真壁のひな祭りはニュースなどでよく目にしますが、謡曲「桜川」とな? 検索。
d0009105_045712.jpg



☆ 室町時代に世阿弥元清が桜川を舞台にした能楽作品。
 西暦1438年(永享10年)、岩瀬の櫻川磯部稲村神社の磯部祐行宮司が、関東管領の足利持氏に花見噺「桜児物語(さくらこものがたり)」一巻を献じ、それを当時の将軍足利義教が世阿弥に作らせたと言われる。
 【あらすじは、九州日向国・桜の馬場の桓武天皇五世の孫・平将平の一子・桜児は、7歳にして自ら出羽の人商人にわが身を売り、その身代金と手紙を母に渡してくれと頼み、旅立ちます。
 奥州に下る途中、東国常陸の国・桜川の源、事情を知った磯部寺の恵徳法師に買い取られ、上人の弟子となりました。
 母は人商人から手紙を受け取り読んでみると、「貧しさを悲しむあまり身を売りました、名残惜しいが、母上もこれを縁に御出家下さい」とあります。
 母は嘆き悲しみ、氏神の木花咲耶姫(このはなさくやひめ)に我が子の無事を祈り、その行方を尋ねて旅に出ます。
 それから三年、常陸国・桜川は丁度桜の季節です。
桜児は師僧に伴われ桜川の花の名所にやって来ます。

 里人は、桜川に流れる花を抄って狂う女がいるから、この稚児に見せてやればと薦め、
 呼び出された狂女は、九州からはるばるこの東国まで、我が子を求めててやって来たことを語り、失った子の名は桜児、この川の名も桜川、何か因縁があるのだろうが、なぜ我が子の桜児は咲き出でぬのかと嘆きます。
 更に、桜を信仰するいわれ、我が子の名の由来、桜を詠じた歌などを語り、散る花を抄い上げ興じ狂います。
 僧はこれこそ稚児の母であると悟り、母子を引き合わせます。
二人は嬉し涙にくれ、連れ立って帰国して目出度く父将平の跡を嗣ぎ、常陸、九州、相馬の国司となりました】

浅草の梅若伝説https://www.mokuboji.org/紙芝居で見る梅若伝説/とよく似ているけど、子供は亡くならず、母親も本当には狂わず亡くなりもせずでハッピーエンドですね。



岩瀬駅からのバスは土日のみ。仕方なくタクシー利用。
桜川市 雨引観音桜川市 雨引観音youtube

ここ、見ると感動するくらい美しい
✿画像の雨引観音・楽法寺のレポート
つくづく桜満開の時期に来たかった( ノД`)

1,500年ほど前、用明天皇2年に開かれ、1,300年ほど前、推古天皇病気平癒・聖武天皇安産・嵯峨天皇の雨ごい成功(雨引の名前を賜る)勅願の寺として、また江戸時代には徳川幕府から厚い寄進を受けるなど古くから信仰を集めていたそうです。
 奈良から当時は徒歩ですよね、遠いなぁ。霊験あらたかとの情報、どうやって得たのでしょうか。使者はうんざりしたことでしょうw

今の桜川市は当時から、たくさんの桜の自生する場所としても知られており、徳川光圀公は偕楽園の川添いに雨引山の桜を移植して楽しんだそうな。


お参りならと気を利かせたのか、タクシーが停まったのは、145段の「厄除けの石段」の下でした。
昔からの石を積み上げた急な石段で、これがまた辛い( ノД`)シクシク…
見上げると豪壮な彫刻が施された仁王門がそびえています。
d0009105_18142593.jpg


途中にあった鐘楼?と池の鴨を眺めて休憩して頑張りました、
d0009105_18162757.jpg
d0009105_434482.jpg





























ぜーぜー言いながらやっと登り切った!! と思ったら、さらに階段( ノД`)シクシク…
d0009105_18173638.jpg


両脇の桜に励まされながら何とか・・・
d0009105_18182864.jpg



はーはー言いながらお参りを済ませ、境内をうろうろ。
d0009105_442415.jpg

d0009105_44528.jpg

d0009105_452542.jpg

d0009105_454716.jpg
















































境内の端のほうにあった祠のようなところは不思議な感じ。
あまり手入れされていないようでしたが像や壁画がたくさん。
d0009105_461661.jpg

d0009105_471713.jpg

d0009105_474998.jpg

d0009105_481117.jpg



色んな種類の鳥が境内をのんびりしていました。
孔雀は見事な羽根を見せてくれますが、威嚇しているんでしょうかw
d0009105_43463.jpg


d0009105_4104255.jpg

d0009105_4111665.jpg

d0009105_4115878.jpg

d0009105_4131170.jpg


d0009105_4135024.jpg

d0009105_4142811.jpg

d0009105_414531.jpg

d0009105_4151877.jpg

d0009105_4155240.jpg















































































鳥小屋にも色とりどりのが
d0009105_4163595.jpg

d0009105_4171653.jpg

d0009105_4174080.jpg



















































境内には3,000本の桜が植えられ、今年の開花が早かったので、山とは言え、染井吉野はかなり終りに近かったですが、山桜はまだ清々しい花を見せてくれました。d0009105_49386.jpgd0009105_4102011.jpg
































またあの石段を下りるのかと恐怖に脅えましたが、なんとっ!
本堂のお山の脇からゆるやかな坂があるではないですか!! そしてバス停と駐車場、
広~い駐車場。ここもぐるりと桜です。
d0009105_18103245.jpg















薬膳料理レストランもありました。
三笠
d0009105_1894023.jpg


レストランはテラスでも食事が出来るようです。
d0009105_1811516.jpg















テラス脇のバス停ベンチでタクシーを待つS坊
d0009105_18124120.jpg


ここでランチをしたかったのですが、6月にはアジサイも名物だそうなので次回のお楽しみに。
アジサイ時あじさい時のyoutube


 予定通りに那珂湊まで移動して、おさかな市場へ。
ヤマサ水産
ヤマサ水産

S坊は今回はウニだけのウニ丼
d0009105_18371160.jpg


私も海鮮丼ではなく今回はヤマサ何とか御膳(正確な名前忘れました)
d0009105_18385178.jpg
撮りそこなったので借り物画像です。真ん中のサザエは海鮮茶碗蒸しでした。
盛りだくさんで食べきれず、一部S坊にお願いしました。





そして恒例のアラ煮をお持ち帰り♪
d0009105_1841125.jpg







満腹で駅まで歩きましたが、S坊は前回10月のときより遠く感じると辛そうでした。
やはり骨粗鬆症のせいなんでしょうか、全く弱音を吐かない人でしたのでびっくり。
年とともに「男の見栄」とやらを張らなくなるものなんでしょうかね・・・


那珂湊駅舎にツバメが。今年は季節が駆け足で周っているような。
d0009105_4281757.jpg
















この駅には、猫の駅員さんがいるそうです。でも逢えたことがないの残念
d0009105_43017.jpg


途中の中根駅。駅名板が新しくきれいになり、駅名が装飾古墳 虎塚古墳の出土品の剣などがデザインされてオシャレになっていました。d0009105_426183.jpg















そう言えば、春秋の公開の時期だったんですね!
以前行ったときの日記はこれ
ここ
また見学したいところだけどS坊同伴だから(;´∀`)

勝田駅で乗り換え、日立の手前の常陸多賀へ・・・電車が来ない…来ない…来ない( ノД`)・・・
大風で何かが架線に引っかかったそうで、50分も待ちました(~_~;)


そしてまた、うんざりするほど歩いて、汗まみれで到着したのがここ。
常陸多賀 湯楽の里

健康になろうとして、へとへとになるってどーよ。
送迎バスがないってことは、やはり車で来いということね。

でもね~、これなのよ、これに入ろうと思って\(^O^)/
d0009105_3255894.jpg

湯舟と海面が続いているような開放感♪

室内の浴槽の一つ、ジェットバスは強力で、肩・腰に加え、足の裏にも気泡が当たるの。
足の裏は初めて♪
手根管症候群にもいいかなと、手首にもばっちり当てました。
かなり効いたみたいヾ(*´∀`*)ノ 毎日やったら治っちゃうかも・・・

館内レストランも一面ガラスで海がばっちり !
夕飯は駅近くのおいしいと評判のうなぎ屋さん、と思っていたけど、電車遅延で予定がタイトになったのでここで食べました。
S坊はかつ丼、私は黒豆納豆ねばとろうどん。
うどんがシコシコでおいしかったです。


あたたかくなったらテラス席ってのもあるのね。
d0009105_357403.jpg
大風が丸分かりw















仕事の電話中のS坊。ボケていて丁度いいw
d0009105_3595636.jpg
d0009105_401985.jpg































リクライニングの椅子でゆったりと休んだりして、のんびりして、
隣接している7&H系の大スーパーで買い物し、店前にバス停を発見したのでバスに乗ろう♪
・・・終バスは5時頃でしたwww もう笑うっきゃない( ;∀;)

タクシー呼んで、また特急で帰りました~。
帰宅時間は大幅に遅れ、なんと23時になりました。呆
S坊、翌土曜は出勤日なんです。ごめんね!

d0009105_23583160.jpg

d0009105_23584665.jpg









































また車ではないので、NAVITIMEの時刻表と乗り継ぎ案内で綿密な旅程。
お寺→ランチ→温泉のコースです。
家⇒バス⇒電車⇒タクシー⇒お寺⇒タクシー⇒電車⇒電車⇒徒歩⇒ランチ⇒徒歩⇒電車⇒電車⇒徒歩⇒温泉⇒タクシー⇒電車⇒タクシー⇒家
(こう書くと我ながらウンザリw)

今回は、ランチ後の電車が大風のため架線に何かが引っかかり、50分も待たされ、その後の旅程が大幅に遅れて狂い、タクシー利用が増えました。
早めに帰って来られると思っていたのに残念でしたが、行った先はどれも大満足なでした。

地方への旅は交通機関の本数が少ないので、移動に待ち時間のないよう、旅程を組まなければいけません。
でもアクシデントがあると、一発で頭をひねって考えたコースが無駄に( ノД`)

☆お寺のトイレはドアを開けると便座のフタがむ~んと開きました。話には聞いていたけどW
☆レストランでは立ち上がるとフタがむ~んと閉まりましたww 私は未開人か(;´∀`)




.
[PR]

by bumidayat | 2018-04-09 00:05 | お出かけ | Comments(0)

ちょびっと『行くぜ、東北 !』 & 牛乳とチョコ

懸賞 2018年 02月 12日 懸賞

JR「行くぜ、東北 !」ここよクリック なかなか良いキャッチコピー♪
復興の一助に少しでもなるなら旅行はあちら方面がグー・・とは思っていたが、昔 東北一周しちゃったし(;´∀`)

先月待望の諏訪大社へ旅行したばかりなのにと思いつつ、
手ごろなお値段でS坊のお休みと合う日程のツアーがあったものだから。

題して『みちのく名所めぐり会津高杖温泉・雪見露天風呂2日間』2月8日・9日
サブタイトルがすごい !
大内宿と鶴ヶ城・あぶくま洞・塔のへつり・飯盛山 カニも寿司もローストビーフも ! 約30種創作バイキング
お値段書いちゃう、これで夕食1回・朝食1回つき 2名1室で9,990円 松戸発。
ホテルは古いのでCクラスだけど、いいんですよ寝るだけだし(^^)

料金は、出発日、出発地、人数によって細かく設定してありました。
例えば上野や新宿発だと100円増し。多摩地域発だと数百円増し、1人部屋だと5,000円増しとかね。
あとになって気づいたのだけど、私たちの帰った翌日から大内宿では雪まつり、帰る日の夕方から鶴ヶ城絵ろうそく祭り。
このツアー、どの日程も微妙に避けているw
お祭りの日は別に日帰りツアーがあった。料金は一泊と同程度(* ´艸`)


まず1日目

食生活が充実。
バスの中で朝食にしたファミマ製のサンドイッチは意外においしかった。
セブンイレブンで買い損ねたので期待していなかったんだけど。

高速降りた那須高原での立ち寄り先【お菓子の城 那須ハートランド】ここクリック
昼食に、バスの中でオプションでわっぱ飯セットとやらのセールスがあったけど食指が動かず。
d0009105_205475.jpg
こんなのスーパーでも売ってる。









お菓子の城のレストランのメニューはハンバーグだのラーメンだの。
ここまで来てそんなもの食べたくない・・・






道の向こうに「鴨汁そば」の幟を発見♪【玉野屋】
鴨汁そば~(*´▽`*)
d0009105_1204330.jpg
 
鴨汁~♪d0009105_213747.jpg
蕎麦も鴨汁もおいしくて、残ったのを持って帰りたいくらい。
S坊は蕎麦湯いらない、と飲んでましたw
お薦め!この店(*´▽`*)

古民家のような和の店内の会計カウンター
d0009105_2105643.jpg

元々はお菓子屋さんらしく本店ではお菓子もいろいろ販売しているそうな。
栗落雁を買いました♪

雪の庭の一部 d0009105_1223342.jpg

玉野屋地図
d0009105_1172827.gif
ここクリックすると拡大縮小もできる



雪景色の【塔のへつり
「へつり」とは会津方言で、川に迫った険しい断崖の意味「岪」(山冠に弗)と書くそうな。
d0009105_012038.jpg


d0009105_123061.jpg
 

d0009105_1232047.jpg d0009105_123426.jpg






























雪のため川岸には下りられず、橋も通行止めでした。まあ上るのいやだから行かないけどw
雪景色はどう撮っても大差ないね。

展望地のお店 へつりガーデンでは外のテーブルに暖かいお茶と、ふるまいの試食が沢山d0009105_1241275.jpg















店内では喜多方ラーメンや甘酒のサービスも♪
 お店の人たちの感じが良かったし、おいしかったので釣られてまた色々買ってしまった(^_^;)








大雪の【大内宿
d0009105_124398.jpg

     d0009105_125652.jpg
                      d0009105_1252590.jpg









































江戸時代の町並みがそのまま保存されています。
大内宿ライブカメラここクリック
会津と日光を結ぶ道の重要な宿場だったそうです。

雪のためと明日からの雪祭りの準備のためか一部だけ開けている店がぽつぽつ。
昼に鴨汁そば食べたので、名物のネギそばは食べませんでした。

旅番組で必ず紹介されるネギそばは、箸の代わりにネギでお蕎麦を食べるの。
お店によって色んなバージョンが。
d0009105_14234.jpg

       これもネギそば
      d0009105_1424517.jpg




           祝言そば
d0009105_143522.jpg




なので、ポスター見て興味津々「若鮎サンド」を♬(若鮎を めご というそうな)
d0009105_1433843.jpg

【三澤屋】http://www.misawaya.jp/
揚げてくれるのを炭火カンカンの角火鉢で暖まって待ちました。で、リンゴとか青豆の豆餅とか、栃の実大福などまた買ってしまったw
バスの中で食べたけど、白身魚サンドより鮎は濃厚。レタスしゃきしゃき、手作りのタルタルソースもすごくおいしかった。
季節によってはイワナもあるんだって、食べたい。

テーブル席では若いおにいちゃん達が、めごサンドを頬張ったり、ネギそば食べたり、お餅焼いたりしていました(^^)


お泊り【会津高原ホテルホテルHPここクリック
古いスキーロッジのようなホテルで乾燥室とか荷物置き場など充実している。
最近はスキー客は減っていると聞いているから団体ツアー用に転換しているのかもね。

お部屋は広くて快適。
お部屋ここクリック
浴室の湯舟も洗面室も広く、スキー客向けかクローゼットも大きいd0009105_159128.jpg





露天風呂は別棟なのでパス。(昔父はそれで帰宅後に心臓発作が起きました)
ホテルは雪に埋もれているようですwd0009105_144857.jpg


夕食バイキング食べ終わりの画像ですみません(;'∀')d0009105_1461412.jpg
















料理だけで30種はとうてい食べられませんでしたw フルーツやケーキ、アイスクリームも堪能♪

朝6時前、窓から見える乗ってきたバスはすでにライトが付き、積もった雪も降ろされて、前後に移動して調子を整えている様子。若めのドライバーさん、なかなか気の利いた人で、出発前には自らアナウンスして挨拶とシートベルトの注意などしていた。
 なんと、添乗員のおばさまは、1月に諏訪大社旅行の際の人でした(*^▽^*)


朝食バイキングを済ませ、売店を覗いたら、お土産品に混じってバレンタインデーが近いせいかチョコレートもいろいろありました。
自分で食べたいのでAIZU天使のショコラケーキを一つ選んだら、S坊もお土産にと言うので二つ。
d0009105_2543457.jpg

なんとっ! 帰宅してからググったら、全国で売っている\(^o^)/ 奈良・奥多摩・日田・石垣島
d0009105_1483026.jpg d0009105_14915.jpg
d0009105_149279.jpg
d0009105_15008.jpg

これ見て !!全国にw ここクリックすると各地のチョコ画像がいっぱいAD&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjavIHf85vZAhWCu7wKHXL5Bw4QsAQINA&biw=937&bih=475
アマゾンにメーカーが書いてあったけど、素晴らしい営業力の会社なのね・笑



2日目

飯盛山】バスが停まった傍の土産物屋のおねえさんに引率され、ストーブがんがん焚いて暖かい小屋でモニターによる白虎隊の説明を延々30分も。途中で退席したかったけどツアーに組み込まれていると思わされ、皆最後まで聞いていた。
さっさとストーブ消したおねえさんに土産物屋に戻され、喜多方ラーメンや甘酒などのふるまいの後、皆さん買い物。
残り時間で飯盛山へ登れますかと聞いたら「とうてい無理です」だって!!
何なのあの説明はっ!!
最後の『みなさん、白虎隊のお墓に心を込めておまいりして下さい」ってのは!?
もちろん何も買いませんよっ! 喜多方ラーメンはおいしかったけど。
私は45年前に行ったけど、サザエ堂は見てなかったし、S坊は50年前に裏磐梯の五色沼しか行ってないのでお墓を見せたかったのにな・・・


鶴ヶ城
広い城郭の雪払いは大変だったでしょう。お堀もほとんど凍っていました。
d0009105_1265475.jpg  d0009105_1271551.jpg

d0009105_1273590.jpg
               d0009105_1284226.jpg

















































































観光案内所隣の休憩所の酪王牛乳の自販機で、カフェオレを買いました。
d0009105_1522222.jpg
まあオイシイこと!!

S坊も同感なので、もしかしてヨーグルトもと試しにw 大当たり!! d0009105_1512953.jpg濃いっ!!!
調子に乗り、ハイカフェオレも飲んでみたら、d0009105_1524920.png
ミルクだけじゃなくコーヒーの風味も濃いっ!

でっ、カフェインレスのカフェオレも買ってきました(^_^;)
d0009105_1531310.jpg

帰宅後さっそく飲んだら大正解♪
  肝心の牛乳は買わなかった残念(^_^;)

ググったら、なんと関東にもファンが居て数年前に「福島酪王カフェオレ会」なるものが開催され、200人も集まったそうな。むべなるかな・・・
 更に、酪王カフェオレ目撃情報なる記事もあったwここ見て!
やっぱりおいしいんだよね♪
会社のオンラインショップや密林、楽天でも売っているけど送料がねぇ。
アイスクリームは送料無料だけど・・・
日本橋、八重洲、秋葉原に行ったら絶対に買う!! ニューデイズはカメ駅構内にあるけど小さいからどうなんだろう・・・


お昼は鶴ヶ城会館の喜多方ラーメン店で、ミニソースかつ丼とのセットを。
ソースかつ丼は会津の名物なんですってね、名古屋だけじゃなかったんだ・・・
甘くて持て余し、S坊に食べてもらった(;´Д`)
d0009105_1535341.jpg

ラーメンはおいしかった♪



今回の旅の最後のハイライトでしょうか、
あぶくま洞ここHP
d0009105_1542277.jpg

昭和44年、石灰岩採掘の際に発見。わりと最近なのね。
受付から入り口までのスロープが長いのなんの !
d0009105_1545499.jpg

入り口はガラスの自動ドアであった。

 中に入って思わず「えっ」と言ってしまったのは、入り口からしばらく続くイルミネーション。
どうやら季節限定のサービスだったみたいです。d0009105_1552583.jpg
イルミネーション見に来たわけじゃないのに。
太古の自然の驚異、深遠な世界を見に来たのよ~!
フォト

最初の階段100段ほどゼ―ゼ―登って見せられたのは、矢の刺さったであった。
何たる悪趣味。大学生なんかが企画するからよ、うんざり。
まぁその後は通常のライトアップで赦せたけど。でもカラーライトを当てるのは勘弁して欲しいや。

今まで山口の秋芳洞、四国の龍河洞、岩手の龍泉洞、マレーシアのバトゥ洞窟と見てきたけど、あぶくま洞は通路が細くて岩肌や鍾乳石、石筍などに触れるほど近いところを通るので、地下の世界の成り立ちを実感できます。

上り下りで600m、へとへとで途中休憩しなければワタクシ到底歩けませんでした。
一生分の階段上ったような気がする・・・(◎_◎;)
 真ん中あたりで追加料金200円で探検コースというのがありましたが、もちろんパスです。
心臓が破れそうでした。
さらに非公開の洞窟が2,5km以上の長さと4倍の深さがあるそうです。もう地底探検ですよね。

洞内は常に15度で汗かきました(;'∀')
 そして、出口付近もピカピカのイルミネーション涙田村市に見どころがたくさんあるという桜がテーマの地元学生さんとの協賛だそうです。余計なことを・・・

近くに天文台がありました。これ行って見たかったなぁ。d0009105_1311832.jpg
              
d0009105_1313979.jpg

地下も地上も空も好きww



   あぶくま洞の採石場の跡地である崖面が凄いです。
フォト
見下ろす眺めも絶景
d0009105_1305284.jpg

住友鉱山でしたか、たくさんの殉職者の慰霊の石碑がありました。そして阿武隈神社も。
命がけの仕事は神頼みしないと出来ません、大工さんや建設関係の企業には必ずお社がありますよね。



買ったもの
d0009105_13223.jpg

友部サービスエリアで茨城物があったので、妹へのお土産に可愛いお米2合、涸沼のしじみ♪
d0009105_1572039.jpg


 
  これにて全行程終了。あとは、洞窟見学の疲れもあり、うつらうつらしながらの帰り道。
行きは東北自動車道経由で、那須方面から会津地方入りでしたが、帰りはいわきJCTから常磐自動車道を通りました。

今回は明るい時間の走行なので周辺がよく見えました。
途中「二輪車の通行が出来ない地域」についての注意書きが目に入りました。
原発から発する放射線のために通れないのでしょう。

 暮らしに大きな制限がある地域があるものの、今回のバスツアーで、福島県の多くの地域の生活は穏やかに営まれているのが分かりました。

 そうそう、会津若松では高遠そばというのが名物だそうで、これはもちろん、藩祖保科公が長野県高遠藩主の養子として高遠で育ったことに起因していて、高遠とのつながりは深いようです。
県民性も似ているかも知れない・・・

 激安ツアーという心をくすぐる企画のお蔭で、かなりの早回りではありましたが、福島県訪問で、ちょっぴり復興に一助が出来て良かったです。

 ヘ(=^・ェ・^= )ノ cananとotak に感謝。

日帰りに慣れているのと、年々、年を重ねているせいか、いささか疲れました。



.
[PR]

by bumidayat | 2018-02-12 03:52 | お出かけ | Comments(0)

ライブカメラ

懸賞 2018年 02月 07日 懸賞

お出かけを予定しているところのライブカメラ
ここよ

大内宿は雪に埋もれている。昨日の昼は雪がぼさぼさ降っていた。
塔のへつりは橋が通行止めらしい。




.
[PR]

by bumidayat | 2018-02-07 00:47 | お出かけ | Comments(0)