カテゴリ:インドネシアのこと( 74 )

懸賞 懸賞

ジャカルタ行き電車♪

懸賞 2018年 03月 07日 懸賞

ジャカルタ行きの電車が深谷駅に♪

この画像見て!

日本の鉄道会社もなかなか粋なことするじゃありませんか^^

日本の中古はピカピカだよね(*´▽`*)



.
[PR]

by bumidayat | 2018-03-07 18:40 | インドネシアのこと | Comments(1)

バリ島の友人Aのこと

懸賞 2017年 07月 17日 懸賞

40年来のバリ人の友人A氏が、1月に脳溢血で19日入院し、
現在は長男一家と暮らしているとメールが来た。

連絡するのを忘れていたと。
メールが本人からなのか、三男からなのか分からないので、
今の状態はどうなのか返信したが、回答がない。

電話しようか、とりあえずナットウキナーゼでも送ろうか・・・

お互いに年とってきたものな~、何があってもおかしくない。
ほとんど毎年、経営している学校の修学旅行の来日は難しくなったのかしら。




.
[PR]

by bumidayat | 2017-07-17 04:41 | インドネシアのこと | Comments(0)

オリオン座流星群

懸賞 2014年 10月 21日 懸賞

今夜はオリオン座流星群だってね。

でもこの辺は曇り。雨が降り始めているかも。

TVでJALの元機長が、「夜はコックピットは完全消灯ですが、客席は薄い電気が点いているから、
流星を楽しむのはコックピットの特権です」と。いいなぁ(^O^)


コックピットと言えば、昔バリ通いしていた頃は、いつも入れてもらってた。
テロは極少なく、今ほど厳しくなかったからね。

食事とドリンクサービスが終わって、みんなのんびりする頃に
おもむろにスッチーやスチュワードに頼むと、あっさり♪

いつだったか、帰りの便でまた入り込んでいたら、機長が日本からバリへ向かう機と交信していた。
「話すかい?」なんて冗談言われてww

あとで分かったんだけど、なんと妹がその機に乗っていたんですって。
知ってたら妹と話が出来たかも(^o^ )


バリに通い始めの頃は、日本へはSEMPATI航空が来ていた。
一機しか大型機がなかったらしく、いつ乗っても同じ場所に疵があって分かった(笑
トンボ返りを繰り返すわけだから、どんな悪天候でも着陸しちゃうww
S坊は「天井から水漏れしたことあるよ」なんて言ってたから、かなり酷使していたんだろね。

当時GARUDAは国内線だけで、YogyakartaやJakartaなどへ行くときは、もちろんプロペラ機じゃないけど小型の細身。
コックピットの扉がなくてカーテンだった。
離着陸の時はサービスでカーテン全開にしてくれるので、乗客の喜ぶこと! ヾ(*´∀`*)ノ

妹はコックピットに入って駄話しているうちに出そびれて
着陸してしまったときがあるそうな(*^▽^*)

そのうち私もオバサンになりかけ、警備も厳しくなりつつあり、
「機長たちが食事中だからちょっと待っててね」と待たされたのを最後に入ってない。
てか、入れてもらえないだろう(-_-;)

この話、書いたことがあるような(~_~;)

  ああそれにしてもオリオン座流星群からこんな話になっちゃってwww
[PR]

by bumidayat | 2014-10-21 18:20 | インドネシアのこと | Comments(0)

バリにいた軽い困窮邦人

懸賞 2011年 12月 08日 懸賞

2011年開高健ノンフィクション賞が「困窮邦人」というニュースを見て思い出した。
 バリのKUTAの道端でドイツ人のおねえさんがブロックフレーテ(ドイツ語ではリコーダー)を吹いていたので聴いていたら、タラタラとにいちゃんが近づいてきて「自分ら日本人?、東京?」なんて言う。自分らって・・・私達のことだよね。

そうだと答えると、サーフィンしに友達と来たんだけど、遊びすぎて金がなくなり、友だちは帰国してしまい、頼んだ送金がない。ロスメン(朝コーヒーか紅茶付きの木賃宿のようなもの)に泊まっているんだけど、それさえ危うくなってきた。滞在期限も切れそうなので、帰りの飛行機代を貸してくれないか。とのこと。

だーれが、見ず知らずの人間に金を貸すかっての。おまけに初対面の相手に話す言葉も知らない奴にさ。方言なんかの問題じゃないわね。 領事館に相談したらと言っておいた。
そしたら、意外にあきらめが良くて「あの笛吹いてる外人のねえちゃんの傍で聞いてる爺ちゃん、日本の歌がうまいんだ。聞いてやると喜ぶよ」なんて言う。

こいつ案外いいとこあるじゃない、と。ブロックフレーテのおねえさん(自国でプロの奏者であった)と話をしたあと、おじいさんに話しかけたけど、ほとんどバリ語しか喋れない。でも私たちが日本人と知ると勝手に歌い始めた
。。。。。軍歌ばかり (-.-;)
カタコトで「ニホンジン、イイヒト」、握手してニコニコしていたけど、
覚えた経緯と環境を思うと複雑だった。
「こいついいとこあるじゃない」はボツです。軽い奴だったなぁ・・・


☆賞に輝いた本の困窮邦人、世界に780人余り居て、かなりの割合がフィリピン在だそうで、
あのにいちゃんのようなのは数に入るわけもない、悲惨な状態のようです。
[PR]

by bumidayat | 2011-12-08 12:20 | インドネシアのこと | Comments(0)

ポッポ夫人がA氏の学校に

懸賞 2010年 04月 14日 懸賞

去年の秋に来たんですって。
ちょっと援助を期待してるようです。
何でも利用しなくちゃね (^^;)
d0009105_21175376.jpg
d0009105_2118699.jpg
d0009105_21182344.jpg
d0009105_21184126.jpg
d0009105_2118556.jpg


相変わらずのバルーンスカートだわ・・・
[PR]

by bumidayat | 2010-04-14 21:19 | インドネシアのこと | Comments(0)

お土産の切手ブック♪

懸賞 2008年 09月 01日 懸賞

4月にインドネシアで、先日日本では切手シートが発売されましたが
http://gadogado.exblog.jp/6946007/

先週までジャワ・バリにいらしていたマイミクのスリカヤさんから届いたお土産の中に
インドネシアの素敵な切手ブックがありました。
これよ♪
表紙
d0009105_503580.jpg
プラシートの中に切手シートが入り、頁についています
d0009105_51172.jpg
d0009105_51253.jpg
d0009105_515638.jpg
頁には説明が
d0009105_522665.jpg


撮影時に閉じてしまうのでクリップで留めてあります。

日本でもこんなの発売すればいいのにね。
でも枚数が多いから、結構なお値段になってしまいますね・・・

スリカヤさん、ありがとうございました。
[PR]

by bumidayat | 2008-09-01 05:06 | インドネシアのこと | Comments(2)

嬉しい頂き物♪

懸賞 2008年 06月 26日 懸賞

スリカヤさんから、手作りの日傘と団扇が届きました。
バティックを使った素敵なものです。嬉しいな~(^^)
団扇は100本も作ったんですって!
d0009105_19491410.jpg
d0009105_19493977.jpg

届いたその日がちょうど、お日様かんかんでしたので、さっそく差して出かけました(^o^)v♪

里帰り中のくりぴょんさんのお土産を、くり母さんが送って下さいました。
可愛い薄い竹細工の入れ物の中には、ピーナツの入った生姜糖のようなお菓子。
やはりインドネシアの生姜は、日本のとは違い香りが強くておいしいです♪
そしてもうひとつは、バンドゥンのコーヒーショップのトラジャコーヒー。
翌朝さっそく入れてみました。良い香りでとってもおいしかったです♪
すぐなくなっちゃいそう(笑
d0009105_19574087.jpg
d0009105_1958024.jpg
d0009105_1958233.jpg

カップにコーヒーが垂れていて恥ずかしい←画像を取り替えない、だらしない私です(^^;)

あらためまして、お二人! ! ありがとうございました☆~♪☆~♪


☆先日行った「青和バラ園」、きのうまた行ってみたら、ほとんどの花が終わり
遅咲きのものが咲き、つぼみを持っているのもありました。造園業者が幼児を連れたお母さんに「今消毒中だから・・・」と言っているのが聞こえましたが、何を消毒しているんでしょうかね、土か?
バラは咲き終わり近くなると、香りがさらに濃厚になるのが良く分かりました。
年増もいいもんですよね(^^)v
[PR]

by bumidayat | 2008-06-26 19:59 | インドネシアのこと | Comments(0)

バリション 6/6

懸賞 2007年 02月 10日 懸賞

d0009105_17342973.jpg
いつもは帰国したらお寿司をとって食べるんだけど、S坊も居ないので買って帰り、食べました♪
そしてMIXIにちょっと報告書いて、寝た~~~・・・


買ったものの一部
今回は何故かブルーに惹かれた^^

*パシュミナ60%絹40%のストール。帰りのコートで防寒用にと。
奥さんが「JKTで買えば50000Rpくらいよ~」だって(ぶ

*クバヤ。サイズも合わないし着られないんだけど妙に惹かれて買ってしまった。材質はただのリバーレースに刺繍したものなので、裏地はついているけどそんなに高くないのて、しばらく眺めたらオークションかな(笑


殿方はヌードハンガーの方が気になるかも(笑
d0009105_1735021.jpg

[PR]

by bumidayat | 2007-02-10 17:35 | インドネシアのこと | Comments(2)

バリション 5/6

懸賞 2007年 02月 10日 懸賞

水さえ出なかったとは言え、まあ無事に800kmを飛んでくれたライオンエアーには感謝。

朝食のとき友人とYogyaでのことと、日本に帰ったら策をねり、また来ると話したら、何か考えているようでした。
自分の学校で日本語の先生しませんか? とも・・・猫がね~(^^;

3時に一緒にオリオンのところへ行き、食事してホテルまで送ってくれるそうなので、大好きなMilayaniのところへ行ったり、敷地内のバレ(東屋みたいの)の茅葺屋根の交換作業中のみんなに持ってきたキャンディーをバケツ一杯分、差し入れに行ってみた。(車に乗るときにいつもキャンディーを舐めるS坊は気に入らないと放り出しておくので、それをいつも溜め込んで持って行くの。めっ!)
ゴトンヨロンだと言うのでバンジャールの人々と一緒にSwetaやMudianaさんの息子、Parmoniのお父さん、おじさんやおばさんもいて挨拶が出来て良かった~♪今回の滞在の短さにみんながあきれる(^^;)同じ敷地内に住んでいても、なかなか会えない(笑

次回はKutaに住んでいるSwetaに連絡すると約束し、午前中にデンパサールへ遊びに行くぞー!やっと一人で徘徊できる♪
 と、出かけようとしたら「今からちょっと寄り道して、オリオンのところへ行って食事と買い物してホテルへ送ります」ふぇ~ん、しょうがないなー・・・まだ9時半だよ~(^^;

連れて行かれたのは市内の某お宅。Yogyaで達成出来なかった件がここで叶うかも知れない・・・話をつけて、オリオン詣で。
でもあいにくお昼寝中。30分で起きるというので待ったが・・・起きない(笑)早く会いたくて落ち着かない夫妻がほほえましい(^^

仕方なく三人で食事に。バリの人が普段行かないような店にいつも連れて行っていれるので、逆にあまり面白くないの(^^;)中華料理の店で一応の具が乗った麺の器に好きな具をオーダーした具がたっぷり入った器のスープをかけて食べる(名前忘れた)一応どことなくインドネシア風の香りはあっておいしいんだけどね。

肉まんみたいのとお菓子、ココアのパウンドケーキ、ピーナツの詰め合わせを作ってもらい、S坊にお土産にと持たされる。
 他にも服とか色々お土産頂くんだけど、友人のお土産はいつも面白い。以前は時間が余ってしまい、ジンバランの砂浜のレストランでシーフードを食べながら、海岸続きの空港に入ってきた自分の乗る飛行機を見たりしてたんだけど、出発間際になって、「これお土産ね」と熱々の魚の丸揚げにサンバルというチリソースをかけたものを包ませてくれた(笑)機内でいい匂いしちゃって(爆)。早朝着なので当時やっていた店で食べましたとも(^^)v、たまたま来たAbdurさんもめちゃ喜んでいた。

その後、買い物する? とKutaの新しいモールCENTOROに連れて行かれました。本当はラマヤナ辺りに行きたかったんだけどホテルにも近いし、という事で、相変わらず、ま・いっか~の私。
結果、やはり気取った店が多くて飽きました^^;一番楽しかったのが本屋(笑
待ち合わせの時間までたっぷりあったので、上階のフードコートでお茶。一階に降りて海岸に出てみたら気持ちが良かったので、風に吹かれながらエスプレッソでまたティーブレイク。
彼らは想像通り、オリオンの服をたんまり買ってた(笑

ホテルへ送ってもらいお別れ。オリオンのところへ急ぐんだろうな~(爆

まだ3時半だったのでmandiしてポットにお湯をもらい、ベランダでまたまたティータイム。ふー、もう帰るんだな・・・
ちょっと昼寝して、ジャランジャランしながらKutaまで。
グァバとライチージュースなどを買い、機内食まで時間があるのでスープでも飲んでおこうかと、入ったレストランはガイドブックによく登場する店だった。私、有名な店って初めてなので、どんなにおいしいのかと思ったら、×でした(^^;

がっかりして歩く気が無くなりタクシーを拾い、夕日待ちの観光客であふれかえる海岸沿いにホテルまで。
荷造りして、もらった肉まん風のものを一つ食べてみたら、あんまん風!!、他のもチェックしたら甘そうな具だった(^^;
 S坊も食べないし、荷物を運んでもらったボーイさんにチップ代わりにあげてしまった。パウンドケーキは迎えに来たガイドのお姉さんに(内緒よ)
 ちなみに、持ち帰ったピーナツはタイ製でした。唐辛子がまぶしてあり、こぶミカンの葉と炒めてあるようでこれはウマウマでした(笑)バリ土産に中国料理の店で買ったものがタイ製(爆

またまた税関のチェックのパスポート写真で吹き出され(ちっ^^;)
荷物が少ないので、うろうろ店の見物。VIP用のラウンジ、客どころか係りの人も居ないのでちょっと入って、しばらく座ってましたが、お茶も飲めずつまらな~い。
仕方なくコーヒーショップへ。あまり欲しくもなかったんだけどCD一枚。この時間って毎度困りますよね~。

席は非常口の傍で、スッチーさんと向き合わせ^^
「ドアから風がくるんだけど」と言ったら、『インドネシア語喋れるの?』と言うので「ちょっとだけ・・・」と答えたら長々と説明されてしまった。
 ちょっとだけって言ったろが~! と思ったけど神妙に分かったふり^^;
多分、『密閉されているわけではないので、窓に油が流れているように見える時があるけど、機内と外気の温度差で付いた水滴が流れているので心配しないでね、足元にもエアコンの吹き出し口があるから、あとで暖かい風に変わります』てなことを言ってたような・・・『分かりましたか~?』「はいはい」
しかし、本当は何を言ってたんだか(爆←「細かい事気にするんだから、オバサンは」だったかも(^^;

でもやはり夜間飛行は寒いな・・・寒い国に向かっているんだもんね。足は楽だったけど。
[PR]

by bumidayat | 2007-02-10 17:33 | インドネシアのこと | Comments(0)

バリション、いや今回は ヨグヤション 4/6

懸賞 2007年 02月 10日 懸賞

んなわけで、4時半に起きて『毎日は落ちない』(笑)ライオンエアーに乗りました。

前から2列目・・・・なんか席が広~い、前の席との間隔も長い !!
振り返ったら何故かカーテンが・・・・もっ、もしかしてビジネスクラス???
チケットが高いのはこのせいだったのか・・・?
     でも機内サービスはパック入りの水だけでした(爆

富士山より美しいんじゃないかと思うほどのメラピ山を見ながら、あっという間に到着。
しかし、出発時間と到着時間が同じ位って、得したんだか損したんだか(^^;

空港で待っていたのは、Yogya美男子の典型みたいな若いお兄ちゃん、アドゥでした(^^v
しかし誰じゃ?
さっそく質問「友人Aの息子の友達?」『そう』、「結納のときにいた?」『はい』、『バリでの結婚式のときもいた?」『居ましたよ』、げっ、全く記憶に無い、 3年ぶりだからな~・・・老人性健忘症か^^;

私の目的のところは10時過ぎないと開かないので、マリオボロ通りのすぐそばの長男嫁のMの実家へ。まだ6時半くらいだよ~ん・・・
でも連れて行ってもらって良かった、曲がり角の目印にしていたサークルKがなくなってた(^^;
みんなが大歓迎してくれて恐縮。お母さんにとお土産の服を一つ残していて良かった~、めちゃ喜んでくれた。

  アドゥの恋人がやってきて、妙に色白の細身の子で、お姉さんが日本人と結婚して神奈川県にすんでいるそうだ。日本語が少し話せるので通訳をするつもりで来たみたいだけど、かえって分かり難い(^^;、まあ大部分はデートのつもりだったのでしょう(笑


何やらメイドさんがお母さんに訴えているので、どうしたのかと思ったら、私が泊まるなら部屋の掃除を改めてすると言ってたそうだ。実は前回泊まった夜、寝る前にトイレに行こうとしたら巨大なゴ○がたくさん・・・悲鳴をあげてしまった。一匹なら油汗かきながらも、にらみながら用を足すことも出来るんだけどドア周りにも中にも、となると耐えられん。でもトイレには行きたい・・・排水溝などに置くゴ○用の固形の薬を置いてくれたら全部一度にいなくなって一件落着したんだけど、その時のことを覚えていたのね^^;
あの家に初めて来た日本人は私なわけで、おかげで「日本人はゴ○が怖い」と定着してしまったみたい(笑

 アドゥの恋人が「日本女性はみんな太ってる」と言う、
おいおい!日本女性の名誉のために言っときました。「私だって若い時は痩せてたわ、みんなじゃないのよ」『えっ! そうなんですか?へーーーー』そうなんだよ~!いったい私は何歳だと思ってるんだ、あなたの母親くらいなんだから・・・とは言いませんでしたが^^;
   日本人代表(笑)の私としては立ち居振る舞いに注意しないと(爆)

なんと、お母さんと話しているうちに分かった! アドゥはここの家の次男でした(爆
結納のときはカメラ係りとして動き回っていたし、おとなしそうな次男という印象しかなかったけど、今は大学生になって体格も良くなったのね~。男の子の成長って高校から大学ってのも大きく変わる時期なんでしょうか?

時間がたっぷりあったので、お喋りに花が咲き、メイドさんの買い物に市場にお供したりで楽しかった。
そうこうしているうちに時間になり、出掛けようとしたら、お母さん、恋人、孫も一緒に行くそうで、ちょっとしたドライブになってしまった(^^)
思っていたより遠い場所だったので良かった~、途中に銀製品の店が並んでいる街を通ったりして、昼食にはお粥と鶏唐揚げの専門店に行きました。おいしかった♪
せっかく来たのに目的のものは製造停止とのことで、がっかり。マリオボロまで戻ってミロタでちょっと買い物してまたお家へ。
 その直後から雷ゴロゴロ、ジャーーーーッと、土砂降り!!!またまたお話しする時間がたっぷり。
豪邸の中をあらためて案内してもらったけど、相変わらず手入れしてないな~、雨漏り対策にバケツ置いてあるし・・・お祖母さんが集めていた陶器のコレクションが日本で売れないかと、お母さんが言う。主にドイツ製だったけど、シロウト目で見ても売れるような品ではないような・・・すいません分からないのに(^^;

お母さんが身の上話を始めた。
先祖代々、裁判官の家系で、夫は婿。自分はクリスチャンで夫はイスラム。13年前から外に女性をたくさん囲い、給料もほとんど入れず、たまに帰るだけ。
子供達がいい子たちなので使用人達の給料や次男までちゃんと大学までやれたけど、広大な敷地と屋敷の税金が大変で、家の補修もままならないと。何台もあった車も売り、運転手も解雇したとか・・・

どうしたらいいかしら? と聞くので、「部屋がたくさんあるんだから、外国人留学生のホームステイにどうかしら」と言いました。すでにそうしているお家はたくさんあるようだけど、こんなに立派な元貴族のお家に泊まれるのって、ないだろうし・・・ただし、ゴ○は絶対に退治してもらわないとね(笑

このまま荒れ果てるのは見ていられないし、切り売りされるなんて本当にもったいない素晴らしい伝統建築です。どなたかYogyakartaに留学される方、旅行される方がいらしたら是非ご紹介下さい。マリオボロ通りからちょっと入った便利なところです。観光の拠点にもなるし・・・


たーーーーっぷりお喋りして、おいしいもの色々、お土産まで頂いて空港まで送っていただきました。
帰りの便はなぜかエコノミーの席で、(チケットにはBの表示だったのに)水どころか何も出ず(笑
真夜中すぎに到着。迎えの友人3男と友達と車で帰宅。01時30分。

明日はもう出発日・・・早っ
[PR]

by bumidayat | 2007-02-10 02:08 | インドネシアのこと | Comments(0)