<   2018年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

独居老人? 家が居心地悪い?

懸賞 2018年 04月 28日 懸賞

大型スーパーやショッピングモールなどのベンチに、
日がな一日座っているお年寄りをよく見かけます。

屋内だと天候は関係ないし、自宅では負担も大きい夏や冬のエアコン代がかからないから居心地がいいですよね。
トイレもあるし、イベントをやっている時もあるし、
私ももう少し年をとったら日中はお世話になるかも知れません(;´∀`)

女性は飲み物やおやつ持参で同行のお友達はもちろん、
たまたま同じベンチに腰掛けただけの女性と仲良く話し込んでいたりしますが、
男性はただ一人、誰とも話さず黙って座っていることが多いような気がします。

屋外ではあまり見かけないなと思っていたら、なんとっ!
男性が去年の秋から居るんですよ!
マンションの前の親水公園のベンチに。

うちの前は隣の区から3kmほど親水公園で、我が家横の環七で一旦途切れ川が暗渠となり、
東屋やいくつかのベンチ、運動器具がいくつか置いてあるんです。
環七の交差点からまた始まり、さらに4kmほど先の隣県との境まで親水公園が続いています。
そちらの方から駅に向かう一本道なので日中は結構、人通りがあるんです。


そのうちのマンションの方を向いたベンチに座り、常に見ているの。
前を通る人、マンションに出入りする人・・・

d0009105_17175724.jpg
ベランダから撮ってみました。

ワンコの散歩コースにもなっているのですが、もちろん皆さん近寄りません。

気持ちのいいものではないですよね~、洗濯物干していて目が合ってギョッとしたこともあります。
巡回中のおまわりさんに何か聞かれたリ、マンションのおじさんに話しかけられたりししていることもあるのですが、特別何かしているわけでもないのでね。
困ったもんです。

駐輪場から自転車を引き出しているのを見ていられると気持ちが良くないですし、
もちろん自転車に乗って前の道を通るのもいやだなぁと思います。
後ろ側から帰ってきて横を通ると驚いているみたいですけど(~_~;)

昼過ぎに自転車でやってきて、5時頃帰ります。
真冬の寒いときや雨の日、強風の時は欠勤w
小雨の日など、ああ居ないと安心して自転車漕ぎだすと、東屋の椅子に座っていたりして(゚д゚)!

身綺麗にしているから奥さん居るのか、綺麗好きなのか・・・
駅方向へ帰って行くから、環七の向こうの方が景色が良いことを知らないのかも。
  教えてあげようか・・・いや喋りたくないし(◎_◎;)

とにかく、飽きて他へ行って欲しいです。
[PR]

by bumidayat | 2018-04-28 17:29 | Comments(2)

梅が枝餅

懸賞 2018年 04月 18日 懸賞


先月、スーパーの九州もん特集で買ってきた「梅が枝餅」、
冷凍してポチポチ食べてる。

修学旅行で焼き立て食べて感激し、懐かしい♡ 
当時食べたのとは違う店のかも知れないし、焼き立てではないからちょっと物足りないけどね。

ああ九州にもまた行きたいなぁ。

宝くじ当てて、豪華列車で日本中を旅してみたい。




.
d0009105_3291477.jpg

[PR]

by bumidayat | 2018-04-18 03:29 | おいしいもの | Comments(0)

へ~ !

懸賞 2018年 04月 15日 懸賞

かんたん糸通し ♪
http://karapaia.com/archives/52258176.html
[PR]

by bumidayat | 2018-04-15 22:52 | 好きなもの | Comments(2)

4月10日 春の予科練のまち 阿見

懸賞 2018年 04月 15日 懸賞

茨城県公式観光情報サイト 観光いばらき 主催


花より団子! 春の予科練のまち阿見 いちご狩りとお花見・史跡観光ツアー
d0009105_2153254.jpg


とてもゆったりしたツアーで、各地への移動時間が10分程度。
出発、到着、共に余裕がある。

滞在時間、井関農機が一番長いのは何故?
そもそもお堅い一企業の見学って珍しい、と思いながら申し込みました。



【野口いちご園】
d0009105_19224319.jpg
d0009105_19231378.jpg
入り口にはワンコが二匹。とっても幸せそうでしたw
























いちご摘み、初めてでしたが、大きくて甘くおいしかったです。でもそう食べられるものではありませんねw
d0009105_19331995.jpg
d0009105_19333866.jpg



























入り口脇に小さい養蜂箱が。可愛いミツバチがぶんぶん飛んでいました。
d0009105_19383611.jpg





















広い敷地にビニールハウスがいっぱい。道の駅や何軒ものケーキ屋さんにも卸しているそうです。
d0009105_19421583.jpg
















チューリップ
d0009105_19425516.jpg


















いちごは大粒・不揃いと色んなサイズが。どれも収穫し立てでお安い!
みなさん大粒の箱入など買っていましたが、私は不揃いの普通サイズの袋入り♪
d0009105_23503480.jpg














ソファーにはちっちゃくって可愛らしい、ちっぷ君♪d0009105_23513511.jpg
















奥には桜の木が沢山並んでいました。もう花は終わってましたが、
鶏小屋の傍に、しだれ桜が。
d0009105_12452496.jpg
d0009105_12454267.jpg
d0009105_1246342.jpg


























バス2~3分の移動で
【産直センター】

d0009105_445431.jpg
d0009105_442555.jpg


筍がいっぱい。さすが地元で、朝掘り、安い!
     
d0009105_435590.jpg

さらに、昨日掘ったのは半額でめちゃ安(゚д゚)!
d0009105_432364.jpg














でも筍は重いし始末が面倒なので、他にあれこれ買いました。
地元の人も車で続々と来て買ってました。

駐車場わきの竹林

d0009105_423716.jpg














時間に余裕があったので、隣の牛久市の牛久大仏に寄ってくれました。
デカい
d0009105_462460.jpg

テレビで見るよりいいお顔でした。この辺りは芝桜で有名だそうで、周囲が真っピンクでしたw



車窓から完全耐震構造の完成間近の巨大流通センターや阿見アウトレットパークなど眺めながら、
丘の上の
【割烹みとや】

d0009105_0435019.jpg
d0009105_0445145.jpg




























二階の霞ヶ浦が見えるお座敷の椅子席で、筍尽くしのランチ。
これに筍の味噌汁が付きました。ご飯が筍ご飯だったら尚嬉しいけど、なかなかでした。
d0009105_0425526.jpg

天ぷらは、わさび塩で頂きました。

入り口脇に石の山のようなのが築いてあり頂上にお社がありました。
階段の傍の濃厚な香りの藤
d0009105_0432419.jpg












色とりどり芝桜
d0009105_0441258.jpg



またまたバスで10分

【予科練平和祈念館】
             
d0009105_6311249.jpg

リニューアルしてピカピカの建物。某氏デザインでグッドデザイン賞に輝いたとか。

飛行機乗りとしての勉強や訓練の他に、普通の授業も行われ、中には外国の歴史、英語なども。
教科書、ノート、敷地内゜の絵地図などを見ていたら、かなり英語の名称を使っていました。
日本語に置き換えるのが難しいのもあったでしょうが、ほとんどの技術や設備が外来のものだったからかも。
なんとなく陸軍とは違う、自由な誇りのようなものを感じました。

家族に送った筆書きの巻紙の遺書には涙が出てしまいました。19歳よ(;_:)


父の兄の一人は、志願して入隊し、九州から出航すると知らせが来て祖父が慌てて飛んで行ったそうですが間に合わなかったそうです。戦後送られてきた骨壺には石が入っていたそうで、任務も出向先も教えてもらえずでした。19歳くらいではなかったのではと思います。

ゼロ戦の同サイズで復元。内部までそのままだそうです。
d0009105_633290.jpg
d0009105_6334397.jpg




























回天一型実物大模型。
魚雷に乗り込むという狂気の兵器。
d0009105_1240887.jpg


日本の軍部は分不相応な戦いに気づかず(いや気づいていてもやめられず)子供や年寄りまで兵隊に取り、動員し、国民の財産を取り上げて兵器に変え、着るもの食べるものさえ与えず、天皇一家にさえ耐乏生活を強いて、
軍上部はいつも通りに豊かに過ごして机上で指令を出していたわけです。

米国は、スピルバーグの映画「1941」に見るように、国民はいつも通りに暮らして戦地へ行った家族の帰りを待っていたのです。
相手になるわけがありません。

相手になろうがなるまいが、どの国とも決して戦争はしてはいけない。
 負けても勝っても、いいことなんてひとっつも無い。
好戦的な気持ちを持っている人は、指図する立場になって自分や家族は一人も死なないと思っているからでしょう。バカです。



見学中、近くにある自衛隊の隊員らしき人たち、5~6人も見学していました。
黒くて金ボタンの制服に帽子で、みな背が高く素敵に見えます
。一人は一面ガラスから中庭に向い、じっと佇んでいたので、思う所があったのかと勝手にグッときましたw(飽きたのかもw)

中の一人を遠くから分からないように。
d0009105_6363522.jpg














帰るところを見ていたら、どうやら自衛隊の人はフリーパスのようでした。

また、先週行った雨引観音への乗り換え駅・友部駅近くには「筑波海軍航空隊記念館」があるそうです
筑波海軍航空隊記念館
映画「永遠の0」 のロケ地にもなったそうです。
(TVドラマにもなってたんですってね。知りませんでした。
DVD見比べてみようかしら)
筑波海軍航空隊wikiwiki

販売されていた予科練、海軍関連の書籍以外のもの。カレーとかドロップとか。
d0009105_6383223.jpg




【茨城大学農学部】あみ観光ボランティアさんたちと巡りました。
茨城大学農学部の一部
d0009105_9174835.jpg


霞ヶ浦海軍航空隊は、水上機及び陸上機の練習場として、霞ヶ浦があり最適な場所という事で、
大正10年に霞ヶ浦飛行場ができました。英国のピンセル教育団の講習が行われ、大正11年に海軍航空隊3番目として開設されました。
気球飛行機ツェッペリン号も飛来したそうです。

その後、昭和14年から15年に土浦海軍航空隊が開隊されるまで、予科練教育も行われました。

戦後は、私立霞ヶ浦農家大学→県立農家大学→茨城大学農学部となり、戦跡は数多く残っています。学校であった事で戦跡が残りやすかったのではないかと思いました。
その一部を ↓


方位盤と説明文
d0009105_9434719.jpg
d0009105_9442230.jpg




















現在残されている第一士官宿舎階段親柱と説明文
d0009105_9421074.jpg
d0009105_9424959.jpg























有蓋掩体壕(ゆうがいえんたいがいこう・飛行機の防空壕)
空襲から飛行機を守るために飛行場周辺に造られ、
霞ヶ浦海軍航空隊飛行所周辺に21基が造られた有蓋掩体壕で唯一残されたものだそうです。
d0009105_9351370.jpg













内部
d0009105_9371610.jpg











格納庫で働いていた大勢の人のためか大きな地下防空壕 
d0009105_9311597.jpg
古墳みたい・・・





軍艦旗掲揚塔と説明文
d0009105_939253.jpg
d0009105_9401271.jpg






























【井関農機茨城センター】
井関農機
説明するのは井関農機のおじさまで、本業ではないので照れくさそうで可愛かったです(^m^)


井関農機茨城センターは飛行場の中央に位置し、格納庫群のあった場所です。
d0009105_9533561.jpg










6棟の飛行機格納庫(鉄骨赤煉瓦造平屋建)が計画的に配置され、中央の格納庫は修理が可能な工場となっていました。
d0009105_9541360.jpg













入り口のみ縮小し当時そのままで利用している元格納庫の前で説明を聞いているときに、ちょうど扉がガラガラと開き、なんという臨場感(;'∀')
d0009105_1025454.jpg
d0009105_1041992.jpg































 格納庫両サイドには、戦闘指揮所が2か所あり、昔は、地上から管制する高度の技術もなく、誘導員が手旗信号で離着陸を行っていたそうです。

戦闘指揮所-1
d0009105_1012282.jpg









戦闘指揮所-2
d0009105_10105588.jpg
敷地奥にある戦闘指揮所-1と同型なのに、あちらは当時のまま倉庫として。こちらはきれいにして使っているのはなぜ?と聞いたら、照れくさ気に、門に近いですしねとw




明治時代は戦時関係の建物でもやはりある程度の装飾は常識だったのでしょうか、鉄枠のミネラルガラスの窓や入り口の鉄アールデコの装飾が素敵。

戦争遺跡というものがここではほとんどそのまま平和的に利用されているので、建設した方は少しでも安堵しているといいなぁ。

※ 画像は茨城大学内と井関農機内のと混同しているかと思います。ご容赦。


ここでは映画「サクラ花」のロケが行われたそうです。
桜花とは、特攻隊の乗せられた飛行機、飛行機と言えないものかも。
ポスターの出演者を見てあらまっ・・・
だって、お笑い芸人の三瓶、海老名の三平、演歌歌手、主題歌作詞が海老名香葉子、歌が泰葉・・・
どんな映画か検索
サクラ花HP
youtube
自主制作のような形で頑張ったようですが、やはり予算が少ないとなかなか難しいものだと思いました。



敷地内の八重桜の下でお花見。
出来たてのお団子、カステラ、煎餅、お茶のサービス。
d0009105_343364.jpg
         d0009105_3433912.jpg

















だいぶ食べてしまいましたが(^_^;)
   
d0009105_34431.jpg


お土産に井関農機のステンレスの銘々皿というかナッツ皿というか、と説明してくれた方の奥さんとか娘さんが作ったのでしょうか、松ぼっくりに着色したストラップも頂きました(^^)
d0009105_10565143.jpg
ロゴ、ないといいのに。スミマセン(;'∀')


コイン精米小屋?が敷地内にたーくさん並んでいました。見学が終わってから聞いたら、
外に置いているのは設置場所も外だし、一番の売れ筋で、どんどん出荷してしまうからだそうな(´∀`)
シャッター閉めてありましたが、これかな
d0009105_3341682.jpg



巨大なトラクター もありました。タイヤだけでも人の背ほども。3,000万円だそうです(;'∀')
d0009105_329366.jpg
都バスのハイブリッド車の2,000万円に驚いたけとれどもっとですねw










阿見に行って驚いたのは、町全体が戦争に利用された町であったこと。
井関農機に限らず、広大に敷地を持つ大企業のほとんど、個人のお宅の一部に戦争遺跡があるそうです。
d0009105_11302645.jpg
d0009105_1131995.jpg

d0009105_11313945.jpgこの半円は、霞ヶ浦空の貯水池跡

阿見小学校西門。かつての霞ヶ浦海軍航空隊隊門。

この道は、かつての誘導路。当時は幅18m。











行った日は晴天で、いちご狩り、産直センターと長閑な生活感の中に、
何かカラリとした一抹の無常観のようなものを感じました。
二度と戦争なんか起こしたり、巻き込まれたり、鼻突っ込んだりして欲しくないです。

このツアーは茨城県観光協会、阿見町、JR東日本が協賛してやっているようで良心的なお値段で知られざる人気旅行のようでした。
参加者のほとんどがリピーターで、添乗員さんに「お、まただね!」なんて挨拶している人もいました。

説明ボランティアは地元の議員さん(帰宅してから分かった)、県だか市だか町だかの職員さん(多分)、あみ観光ボランティアガイドの女性、加えて井関農機のおじ様。
添乗員さんはなぜか二名。
(日本の場合、初対面でも名乗らないことが多いので誰だか分からないままって事が多い。病院でも最近は看護師は名札を付けているけどドクターは無札。検査を受けてもドクターなのか検査技師だか分からない)

15名募集で参加者10名。全くの赤字ですよねw
茨城県の各地の駅から出発の格安なツアーが色々設定していますが、うちからの交通費と兼ね合わせると、
せいぜい今回の荒川沖駅発、次の駅の土浦までが限界ですので
次はいつ参加できるか・・・





.
[PR]

by bumidayat | 2018-04-15 01:35 | お出かけ | Comments(2)

「常よりも春辺になれば桜川 波の花こそ間なく寄すらめ」紀貫之

懸賞 2018年 04月 09日 懸賞

4/6(金)桜川市の雨引観音、常陸多賀の湯楽の里、ひたちなか市の那珂湊おさかな市場へ行きました。

まず、特急ときわで友部まで約45分。鈍行でも1時間ちょいなのでのんびり行くことも可なのですが、特急券も大した額ではないし後の移動を考えるとね。


友部で水戸線に乗り換え、途中の笠間稲荷で有名な笠間駅周辺では延々と続く桜並木が見事でした。も少し早かったら、すんばらしい画像が撮れたのですが、今年の桜は急ぎ足w
15分で桜川市 岩瀬駅到着。
d0009105_11133042.jpg
d0009105_11134716.jpg
















桜川市は、真壁のひな祭り、謡曲の桜川で有名だそうです。
真壁のひな祭りはニュースなどでよく目にしますが、謡曲「桜川」とな? 検索。
d0009105_045712.jpg



☆ 室町時代に世阿弥元清が桜川を舞台にした能楽作品。
 西暦1438年(永享10年)、岩瀬の櫻川磯部稲村神社の磯部祐行宮司が、関東管領の足利持氏に花見噺「桜児物語(さくらこものがたり)」一巻を献じ、それを当時の将軍足利義教が世阿弥に作らせたと言われる。
 【あらすじは、九州日向国・桜の馬場の桓武天皇五世の孫・平将平の一子・桜児は、7歳にして自ら出羽の人商人にわが身を売り、その身代金と手紙を母に渡してくれと頼み、旅立ちます。
 奥州に下る途中、東国常陸の国・桜川の源、事情を知った磯部寺の恵徳法師に買い取られ、上人の弟子となりました。
 母は人商人から手紙を受け取り読んでみると、「貧しさを悲しむあまり身を売りました、名残惜しいが、母上もこれを縁に御出家下さい」とあります。
 母は嘆き悲しみ、氏神の木花咲耶姫(このはなさくやひめ)に我が子の無事を祈り、その行方を尋ねて旅に出ます。
 それから三年、常陸国・桜川は丁度桜の季節です。
桜児は師僧に伴われ桜川の花の名所にやって来ます。

 里人は、桜川に流れる花を抄って狂う女がいるから、この稚児に見せてやればと薦め、
 呼び出された狂女は、九州からはるばるこの東国まで、我が子を求めててやって来たことを語り、失った子の名は桜児、この川の名も桜川、何か因縁があるのだろうが、なぜ我が子の桜児は咲き出でぬのかと嘆きます。
 更に、桜を信仰するいわれ、我が子の名の由来、桜を詠じた歌などを語り、散る花を抄い上げ興じ狂います。
 僧はこれこそ稚児の母であると悟り、母子を引き合わせます。
二人は嬉し涙にくれ、連れ立って帰国して目出度く父将平の跡を嗣ぎ、常陸、九州、相馬の国司となりました】

浅草の梅若伝説https://www.mokuboji.org/紙芝居で見る梅若伝説/とよく似ているけど、子供は亡くならず、母親も本当には狂わず亡くなりもせずでハッピーエンドですね。



岩瀬駅からのバスは土日のみ。仕方なくタクシー利用。
桜川市 雨引観音桜川市 雨引観音youtube

ここ、見ると感動するくらい美しい
✿画像の雨引観音・楽法寺のレポート
つくづく桜満開の時期に来たかった( ノД`)

1,500年ほど前、用明天皇2年に開かれ、1,300年ほど前、推古天皇病気平癒・聖武天皇安産・嵯峨天皇の雨ごい成功(雨引の名前を賜る)勅願の寺として、また江戸時代には徳川幕府から厚い寄進を受けるなど古くから信仰を集めていたそうです。
 奈良から当時は徒歩ですよね、遠いなぁ。霊験あらたかとの情報、どうやって得たのでしょうか。使者はうんざりしたことでしょうw

今の桜川市は当時から、たくさんの桜の自生する場所としても知られており、徳川光圀公は偕楽園の川添いに雨引山の桜を移植して楽しんだそうな。


お参りならと気を利かせたのか、タクシーが停まったのは、145段の「厄除けの石段」の下でした。
昔からの石を積み上げた急な石段で、これがまた辛い( ノД`)シクシク…
見上げると豪壮な彫刻が施された仁王門がそびえています。
d0009105_18142593.jpg


途中にあった鐘楼?と池の鴨を眺めて休憩して頑張りました、
d0009105_18162757.jpg
d0009105_434482.jpg





























ぜーぜー言いながらやっと登り切った!! と思ったら、さらに階段( ノД`)シクシク…
d0009105_18173638.jpg


両脇の桜に励まされながら何とか・・・
d0009105_18182864.jpg



はーはー言いながらお参りを済ませ、境内をうろうろ。
d0009105_442415.jpg

d0009105_44528.jpg

d0009105_452542.jpg

d0009105_454716.jpg
















































境内の端のほうにあった祠のようなところは不思議な感じ。
あまり手入れされていないようでしたが像や壁画がたくさん。
d0009105_461661.jpg

d0009105_471713.jpg

d0009105_474998.jpg

d0009105_481117.jpg



色んな種類の鳥が境内をのんびりしていました。
孔雀は見事な羽根を見せてくれますが、威嚇しているんでしょうかw
d0009105_43463.jpg


d0009105_4104255.jpg

d0009105_4111665.jpg

d0009105_4115878.jpg

d0009105_4131170.jpg


d0009105_4135024.jpg

d0009105_4142811.jpg

d0009105_414531.jpg

d0009105_4151877.jpg

d0009105_4155240.jpg















































































鳥小屋にも色とりどりのが
d0009105_4163595.jpg

d0009105_4171653.jpg

d0009105_4174080.jpg



















































境内には3,000本の桜が植えられ、今年の開花が早かったので、山とは言え、染井吉野はかなり終りに近かったですが、山桜はまだ清々しい花を見せてくれました。d0009105_49386.jpgd0009105_4102011.jpg
































またあの石段を下りるのかと恐怖に脅えましたが、なんとっ!
本堂のお山の脇からゆるやかな坂があるではないですか!! そしてバス停と駐車場、
広~い駐車場。ここもぐるりと桜です。
d0009105_18103245.jpg















薬膳料理レストランもありました。
三笠
d0009105_1894023.jpg


レストランはテラスでも食事が出来るようです。
d0009105_1811516.jpg















テラス脇のバス停ベンチでタクシーを待つS坊
d0009105_18124120.jpg


ここでランチをしたかったのですが、6月にはアジサイも名物だそうなので次回のお楽しみに。
アジサイ時あじさい時のyoutube


 予定通りに那珂湊まで移動して、おさかな市場へ。
ヤマサ水産
ヤマサ水産

S坊は今回はウニだけのウニ丼
d0009105_18371160.jpg


私も海鮮丼ではなく今回はヤマサ何とか御膳(正確な名前忘れました)
d0009105_18385178.jpg
撮りそこなったので借り物画像です。真ん中のサザエは海鮮茶碗蒸しでした。
盛りだくさんで食べきれず、一部S坊にお願いしました。





そして恒例のアラ煮をお持ち帰り♪
d0009105_1841125.jpg







満腹で駅まで歩きましたが、S坊は前回10月のときより遠く感じると辛そうでした。
やはり骨粗鬆症のせいなんでしょうか、全く弱音を吐かない人でしたのでびっくり。
年とともに「男の見栄」とやらを張らなくなるものなんでしょうかね・・・


那珂湊駅舎にツバメが。今年は季節が駆け足で周っているような。
d0009105_4281757.jpg
















この駅には、猫の駅員さんがいるそうです。でも逢えたことがないの残念
d0009105_43017.jpg


途中の中根駅。駅名板が新しくきれいになり、駅名が装飾古墳 虎塚古墳の出土品の剣などがデザインされてオシャレになっていました。d0009105_426183.jpg















そう言えば、春秋の公開の時期だったんですね!
以前行ったときの日記はこれ
ここ
また見学したいところだけどS坊同伴だから(;´∀`)

勝田駅で乗り換え、日立の手前の常陸多賀へ・・・電車が来ない…来ない…来ない( ノД`)・・・
大風で何かが架線に引っかかったそうで、50分も待ちました(~_~;)


そしてまた、うんざりするほど歩いて、汗まみれで到着したのがここ。
常陸多賀 湯楽の里

健康になろうとして、へとへとになるってどーよ。
送迎バスがないってことは、やはり車で来いということね。

でもね~、これなのよ、これに入ろうと思って\(^O^)/
d0009105_3255894.jpg

湯舟と海面が続いているような開放感♪

室内の浴槽の一つ、ジェットバスは強力で、肩・腰に加え、足の裏にも気泡が当たるの。
足の裏は初めて♪
手根管症候群にもいいかなと、手首にもばっちり当てました。
かなり効いたみたいヾ(*´∀`*)ノ 毎日やったら治っちゃうかも・・・

館内レストランも一面ガラスで海がばっちり !
夕飯は駅近くのおいしいと評判のうなぎ屋さん、と思っていたけど、電車遅延で予定がタイトになったのでここで食べました。
S坊はかつ丼、私は黒豆納豆ねばとろうどん。
うどんがシコシコでおいしかったです。


あたたかくなったらテラス席ってのもあるのね。
d0009105_357403.jpg
大風が丸分かりw















仕事の電話中のS坊。ボケていて丁度いいw
d0009105_3595636.jpg
d0009105_401985.jpg































リクライニングの椅子でゆったりと休んだりして、のんびりして、
隣接している7&H系の大スーパーで買い物し、店前にバス停を発見したのでバスに乗ろう♪
・・・終バスは5時頃でしたwww もう笑うっきゃない( ;∀;)

タクシー呼んで、また特急で帰りました~。
帰宅時間は大幅に遅れ、なんと23時になりました。呆
S坊、翌土曜は出勤日なんです。ごめんね!

d0009105_23583160.jpg

d0009105_23584665.jpg









































また車ではないので、NAVITIMEの時刻表と乗り継ぎ案内で綿密な旅程。
お寺→ランチ→温泉のコースです。
家⇒バス⇒電車⇒タクシー⇒お寺⇒タクシー⇒電車⇒電車⇒徒歩⇒ランチ⇒徒歩⇒電車⇒電車⇒徒歩⇒温泉⇒タクシー⇒電車⇒タクシー⇒家
(こう書くと我ながらウンザリw)

今回は、ランチ後の電車が大風のため架線に何かが引っかかり、50分も待たされ、その後の旅程が大幅に遅れて狂い、タクシー利用が増えました。
早めに帰って来られると思っていたのに残念でしたが、行った先はどれも大満足なでした。

地方への旅は交通機関の本数が少ないので、移動に待ち時間のないよう、旅程を組まなければいけません。
でもアクシデントがあると、一発で頭をひねって考えたコースが無駄に( ノД`)

☆お寺のトイレはドアを開けると便座のフタがむ~んと開きました。話には聞いていたけどW
☆レストランでは立ち上がるとフタがむ~んと閉まりましたww 私は未開人か(;´∀`)


d0009105_483612.png




.
[PR]

by bumidayat | 2018-04-09 00:05 | お出かけ | Comments(0)

4/3 ザ グレイテスト ショーマン & 酔香園

懸賞 2018年 04月 04日 懸賞

映画「ザ・グレイテスト・ショーマン」を見てきた。
d0009105_1473661.jpg

亀有アリオのMOVIXは終わってしまったので西新井アリオの東宝シネマズ。
始まりのシーンと前半部分
サーカスを作った実在の人物の物語。楽しかった♪
主演のヒュー・ジャックマンは何見ても多才だ。
も少し長いと完璧だったかも。結構早く成功してしまうし、駆け足で進んで落ちぶれて、ラストのテントで演ることになって納得させてエンド。

興行師というものは今でも昔でもペテン師的な大ぼら吹きでないと成功は出来ないというのも、ちょっぴり描いていてリアルでもあった。

圧巻のダンスは今風だけど、どことなくインド映画の振り付けを彷彿とさせるw
リズムはAKBと同じようなww
中のひとつ
This is Me

アメリカ映画はどのジャンルでもテーマのほとんどが「家族」と「愛」だ。

今時の映画館はシネコンが多いから、上映期間の後半になるとだんだん客席の少ない小さめのスクリーンに変わるのね。早く行って大きいスクリーンで堪能したほうがいい映画だと思う。
その点は昔の映画館のほうが良かったな。


ランチは西新井へ行ったらお決まりの、パサージオの
酔香園

ここでまたお決まり の、大エビと野菜炒めセット+大根サラダとドリンク色々がフリー
d0009105_1313591.jpg

今回はお一人様一つ限りの、ヒビを入れて五香粉(ウーシャンフェン)で煮た茶色いマーブル模様の玉子が付いていた。しょっぱかったので内緒でお持ち帰り(;'∀')

500円からのランチセットも魅力的なメニューがいっぱいなんだけど、
大エビにつられていつも同じもの食べてる(;´∀`)
この画像は他の支店の借り物なのでエビが小さいなぁ。いつも頬張るほど大きいのよ。

目の楽しみ、口の楽しみを満足させ、シッターに行ったw




.
[PR]

by bumidayat | 2018-04-04 12:27 | 好きなもの | Comments(2)

ブルームーン Blue Moon Diane Shaw

懸賞 2018年 04月 01日 懸賞

白っぽくて大きい満月が輝いていました。
10年ほど前のブルームーンの夜も、昨夜も相変わらずこれ聞いちゃう♪

ダイナ・ショアのブルームーンここで聞いて

ビリー・ホリディのもいいけど、やはりこれが好き♡♡




.
[PR]

by bumidayat | 2018-04-01 02:45 | 好きなもの | Comments(0)

映画 光る眼

懸賞 2018年 04月 01日 懸賞

夜中にジョン・カーペンターの映画 光る眼 を放送するので見てしまいそうです。
これよ
スーパーマン役の故クリストファー・リープが主演したリメイク版なんです。
予告編によると最後が少し違っているような。あれでは怖くない・・・
d0009105_2375696.jpg



私はこの映画を、小学校2年か3年生のときに見ました。
wiki
もう60年近く前ですよねw
d0009105_2363465.jpg

YouTubeモノクロの映画のワンシーン
子供たちはこの映画のほうが怖いです。

イギリス映画で、かなり衝撃を受け、翌日学校で、担任の女性教師に一生懸命、映画の内容を述べ、いかにびっくりしたかを喋ったのですが、
いかんせん子供、それもあまり頭の良くないのが祟り、うまく伝わらなくてモドカシク、情けない思いでした。
先生はニコニコと聞いて下さいましたが、子供でも先生が戸惑い少し困っているのを感じ、
「いい映画を見ましたね」の言葉にうなづきながら、自分にガッカリしたので今だに覚えています。
佐藤文路センセイ、いい先生でした。ありがとうございました(;´∀`)


母は、父方の祖父母との同居で辛かったのでしょう、いつも買い物の帰りに私を連れて好きな洋画を観ていたので、エデンの東とかソドムとゴモラ(聖書にあるお話)などなど小学生時代はかなり見ました。
でも母はなぜSFなんて選んだのでしょう、他に洋画やってなかったのかも(;´∀`)





.
[PR]

by bumidayat | 2018-04-01 02:38 | 好きなもの | Comments(0)